TOP>サポート>お知らせ>Internet Explorer 11 サポート終了に関する影響 (WebFOCUS)

Internet Explorer 11 サポート終了に関する影響(WebFOCUS)

Internet Explorer 11 サポート終了に関するWebFOCUSへの影響についてまとめたページです。

対象製品

WebFOCUS

対象バージョン

全てのバージョン

製品利用上の影響、考慮点

1.IEは2021年4月以降にリリースされる全てのバージョン、メンテナンスリリース(8.2.01、8.2.06含む)で動作保証対象外となります。
8.2.07:全てのバージョンで動作保証対象外
8.2.06:8.2.06.28の後にリリースされたバージョンより動作保証対象外
8.2.01:8.2.01M GEN384の後にリリースされたバージョンより動作保証対象外

2.IEが動作保証対象外となっているバージョンでは、IEが該当バージョンでサポートされているブラウザと同等の動作をすることを前提としてお問い合わせを受け付けます。IEでのみ発生する問題はサポートできません。IE固有の問題かの切り分けは、貴社にて実施いただくことを前提とします。

3.IEが動作保証対象内となっている8.2.06.28、8.2.01M GEN384までのバージョンに関してのIE11のサポートは、ナレッジベースのサポートとなり修正モジュールの提供はできません。

4. すべてのバージョンにおいてMicrosoft EdgeのIEモードはサポートされておりません。

サポート保守料金への影響有無

ありません。

メーカーからの案内内容(リンク等)

ありません。

影響ある場合の対応策

IE11以外のサポートブラウザ(Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge)をご利用ください。

※注意※
Edge ブラウザはレガシー版とChromium版があり、それぞれWebFOCUSの対応バージョンが異なります。
 - レガシー版 :8.1.05 GEN254以上でサポート
 - Chromium版:8.2.06.18以上でサポート

補足事項



Amsc

※AWSCはアシストサポートセンターの、ご契約ユーザ様専用サイトです。
※AWSCをご利用いただくためには、AID(AWSCへログインするためのログインID)が必要です。
 詳しくは「AWSCの利用方法 」にてご確認ください。

ページの先頭へ戻る