TOP>サポート>Oracle Java SE有償化に関する情報まとめ>Oracle Java SE有償化による影響 (Ericom Connect)

Oracle Java SE有償化による影響 (Ericom Connect)

Oracle Java SE有償化によるEricom Connectへの影響についてまとめたページです。

対象製品

Ericom Connect

対象バージョン

Ver 7.x ~ 全てのバージョン

詳細

Ericom Connect では、各バージョン毎に同梱されているJavaのバージョンのみ利用がサポートされます。当情報の作成時点(2018年12月14日)時点でリリースされているEricom Connect に含まれているJava SEは、そのままご利用いただけます。次期バージョン以降にもJava SEが含まれる予定で、同様にそのままご利用いただけます。

Oracle Java SEの有償化に関連して、製品利用上の影響やサポート保守料金への影響は特にございません。

補足事項

特になし



Amsc

※AWSCはアシストサポートセンターの、ご契約ユーザ様専用サイトです。
※AWSCをご利用いただくためには、AID(AWSCへログインするためのログインID)が必要です。
 詳しくは「AWSCの利用方法 」にてご確認ください。

ページの先頭へ戻る