TOP>サポート>Oracle Java SE有償化に関する情報まとめ>Oracle Java SE有償化による影響 (DataSpider Servista、Thunderbus)

Oracle Java SE有償化による影響 (DataSpider Servista、Thunderbus)

Oracle Java SE有償化によるDataSpider Servista、Thunderbusへの影響についてまとめたページです。

対象製品

DataSpider Servista、Thunderbus

対象バージョン

「詳細」をご参照ください。

詳細

Oracle JDK 8 の公式アップデート終了後のDataSpider Servista ならびに Thunderbus製品について、以下のように対応が実施されました。

■DataSpider Servista
DataSpider Servistaにつきましては2021年4月6日(火)にリリースされましたバージョン4.3から以下のJREが同梱されております。
 
【対象バージョン】 バージョン 4.3
【同梱JDK】 AdoptOpenJDK 1.8.0_265

■Thunderbus
ThunderbusにつきましてはDataSpider Servista同様に、長期サポート(Long Term Support:LTS)が提供されたディストリビューション(AdoptOpenJDKなど)のOpenJDKを採用する方針です。

メーカであるセゾン情報システムズ社によるThunderbusにおける新たな更新情報が発表されましたら、弊社サイトでも公開をしてまいります。

補足事項

順次情報の更新がありましたらご連絡いたします。



Amsc

※AWSCはアシストサポートセンターの、ご契約ユーザ様専用サイトです。
※AWSCをご利用いただくためには、AID(AWSCへログインするためのログインID)が必要です。
 詳しくは「AWSCの利用方法 」にてご確認ください。

ページの先頭へ戻る