TOP>サポート>Oracle Java SE有償化に関する情報まとめ>Oracle Java SE有償化による影響 (DataSpider Servista、Thunderbus)

Oracle Java SE有償化による影響 (DataSpider Servista、Thunderbus)

Oracle Java SE有償化によるDataSpider Servista、Thunderbusへの影響についてまとめたページです。

対象製品

DataSpider Servista、Thunderbus

対象バージョン

「詳細」をご参照ください。

詳細

Oracle JDK 8 の公式アップデート終了後のDataSpider Servista ならびに Thunderbus製品の対応については 、各JDK提供ベンダーの動向を鑑み、現在見直しを行っております。

お客様へはご迷惑をおかけいたしますが、各製品の対応の詳細については決定までしばらくお待ちくださいますよう、
よろしくお願い申し上げます。

現在Oracle JDK 8に対応している製品のサポートは、公式アップデート終了後も継続いたします。

長期サポート(Long Term Support:LTS)が提供されたディストリビューション(Amazon CorrettoやAdoptOpenJDKなど)のいずれかのOpenJDKを採用する方針は変更を行わない予定です。

メーカであるセゾン情報システムズ社から、新たな更新情報が発表されましたら弊社サイトでも公開をしてまいります。

補足事項

順次情報の更新がありましたらご連絡いたします。



Amsc

※AWSCはアシストサポートセンターの、ご契約ユーザ様専用サイトです。
※AWSCをご利用いただくためには、AID(AWSCへログインするためのログインID)が必要です。
 詳しくは「AWSCの利用方法 」にてご確認ください。

ページの先頭へ戻る