TOP>サポート>Oracle Java SE有償化に関する情報まとめ>Oracle Java SE有償化による影響 (秘文)

Oracle Java SE有償化による影響 (秘文)

Oracle Java SE有償化による秘文への影響についてまとめたページです。

対象製品

秘文AE MailGuard

対象バージョン

未定

詳細

秘文関連製品の同梱Javaモジュールに関しましては、Oracle Javaの有償化に伴い、今後は Oracle JDK(有償版)のバンドルはせず、無償でセキュリティパッチを入手できる他のJavaを採用していくという方針が、メーカの日立ソリューションズ社より報告されております。

対応版は2019年3月末リリースを予定しておりますので、大変恐れ入りますが、今しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。

補足事項

特になし



Amsc

※AWSCはアシストサポートセンターの、ご契約ユーザ様専用サイトです。
※AWSCをご利用いただくためには、AID(AWSCへログインするためのログインID)が必要です。
 詳しくは「AWSCの利用方法 」にてご確認ください。

ページの先頭へ戻る