TOP>サポート>Oracle Java SE有償化に関する情報まとめ>Oracle Java SE有償化による影響 (Oracle製品)

Oracle Java SE有償化による影響 (Oracle製品)

Oracle Java SE有償化によるOracle製品への影響についてまとめたページです。

対象製品

Oracle製品

対象バージョン

すべて

詳細

製品利用上の影響、考慮点

Oracle Database やOracle WebLogic Serverのように内部的にJRE、JDKを利用するOracle製品のサポート契約をお持ちのお客様は、それらOracle製品と組み合わせて利用する場合にはOracle Java SE Supportの契約なしでJRE、JDKをご利用いただけます。

最新の情報は以下Oracle社サポートサイト「My Oracle Supprt」(以下、MOS)のドキュメントをご参照ください。
※MOSへのアクセスは別途ユーザ登録が必要です。

補足事項

特になし



Amsc

※AWSCはアシストサポートセンターの、ご契約ユーザ様専用サイトです。
※AWSCをご利用いただくためには、AID(AWSCへログインするためのログインID)が必要です。
 詳しくは「AWSCの利用方法 」にてご確認ください。

ページの先頭へ戻る