TOP>サポート>Oracle Java SE有償化に関する情報まとめ>Oracle Java SE有償化による影響 (Unified Functional Testing)

Oracle Java SE有償化による影響 (Unified Functional Testing)

Oracle Java SE有償化によるUnified Functional Testingへの影響についてまとめたページです。

対象製品

Unified Functional Testing

対象バージョン

すべて

詳細

Unified Functional Testingでは製品に内包されているJavaのみサポートされており、明示的にバージョンを変更することはできません。それ以外に利用方法や注意点などはございません。

有償化に伴う保守費用の変更もなくご利用いただけます。

今後上記情報に変更があれば、本ページおよびマイクロフォーカス製品技術情報配信メルマガ(保守ユーザ様向け)にてアナウンスさせていただきます。

補足事項

特になし



Amsc

※AWSCはアシストサポートセンターの、ご契約ユーザ様専用サイトです。
※AWSCをご利用いただくためには、AID(AWSCへログインするためのログインID)が必要です。
 詳しくは「AWSCの利用方法 」にてご確認ください。

ページの先頭へ戻る