TOP>サポート>Oracle Java SE有償化に関する情報まとめ>Oracle Java SE有償化による影響 (Vertica)

Oracle Java SE有償化による影響 (Vertica)

Oracle Java SE有償化によるVerticaへの影響についてまとめたページです。

対象製品

Vertica Management Console(Verticaに付属するGUIの管理ツール)
※Vertica DatabaseはJavaを含みません。

対象バージョン

Management Console 9.2未満のバージョンすべて

詳細

製品利用上の影響、考慮点
すでに出荷されているManagement Consoleを引続き使用するにあたっては影響はありません。ライセンスの変更は遡及的ではないため、新しいリリースにのみ影響します。


サポート保守料金への影響有無
影響はありません。

メーカーからの案内内容(リンク等)
公式な文面等での発表はありません。

補足事項

Management Console 9.2から、従来のOracle JavaからOpenJDKに置き換えて実装されます。また、Management Console 9.2未満で、フルサポート対象のバージョン(8.1、9.0、9.1)については、順次バックポートされる予定です。



Amsc

※AWSCはアシストサポートセンターの、ご契約ユーザ様専用サイトです。
※AWSCをご利用いただくためには、AID(AWSCへログインするためのログインID)が必要です。
 詳しくは「AWSCの利用方法 」にてご確認ください。

ページの先頭へ戻る