TOP>サポート>その他のサポートサービス>サポートウォッチサービス>

Oracle Databaseトラブル調査テクニック研修

Oracle Databaseトラブル調査テクニック

「Oracle Databaseトラブル調査テクニック研修」では、アシストのサポートセンター・エンジニアがOracle Databaseのトラブル調査テクニックを伝授いたします。20万件以上蓄積されたお問い合わせ事例から選りすぐった調査テクニックを習得いただけます。

3つのポイント

受講対象

  • アシストとOracle Databaseの保守契約をされているお客様
  • Oracle Databaseの運用管理に携わる方
  • トラブル発生時の対応方法にお悩みの方

研修概要

開催日程 2016年 12月5日(月)
日数 1日間
時間 10:00~17:00
会場 東京(市ヶ谷)
価格(研修チケット枚数) 43,200円/お一人様
解決スピードアップキャンペーン中
 通常アシストの研修チケット8枚/お一人様のところ4枚/お一人様でご受講いただけます。
定員 10名

研修内容

第1章:障害調査のアプローチ
トラブル対応にあたってまず把握しておくべき項目、出力されるログ・ファイルについて

第2章:event
eventによる診断機能の解説、eventの設定方法について

第3章:systemstate dump
診断情報systemstate dumpの解説、取得方法について

第4章:情報取得ツール
Oracle Databaseに用意されている調査用情報取得ツールについて

第5章:ケーススタディ
トラブル(エラー、ハング)発生時の調査方法のハンズオン

お申し込み方法

下記ダウンロードボタンより専用の申込用紙をダウンロードし、FAXにて弊社まで送付ください。
(本研修はアシストとOracle Databaseの保守契約をされているお客様を対象としております。)

ページの先頭へ戻る