TOP>製品/サービス>課題から探す>レガシーマイグレーションでの処理性能の維持

レガシーマイグレーションでの処理性能の維持

レガシーマイグレーションの課題は処理性能

メインフレームやオフコン、高スペックのUNIX環境から、システムのダウンサイジングを検討する際に潜在的な懸念点となるのが、「バッチ処理の性能」です。レガシー環境で維持しているクラスの高速処理をダウンサイジング後も維持しなければ、業務処理効率の低下につながってしまいます。

さらに、移行時におけるバッチ処理プログラムのスクラッチ開発では、採用するプログラミング言語のスキルに加えて、処理性能を担保するための設計スキル、チューニングスキルも必要になります。マイグレーション対象のバッチ処理プログラムの本数に応じた開発期間も必要になります。

よくある課題

性能劣化

オープン環境でもレガシー環境クラスの処理性能を実現したい。

開発工数

既存のバッチ処理プログラムをスクラッチ開発で移行する工数を確保できない。

チューニングスキル

処理性能を向上させるためのチューニングスキルが不足している。

バッチ処理高速化ユーティリティで解決できます!

短時間で、高性能な処理を開発可能

レガシーマイグレーション時には、バッチ処理高速化ユーティリティを採用することで、これらの課題を解決しつつ、より高い性能を得ることができます。

解決策


以下の活用事例では処理性能、開発生産性という観点から、バッチ処理高速化ユーティリティDMExpressの活用事例をご紹介します。

活用事例

小島プレス工業株式会社

バッチ処理プログラムのオープン移行で生じたパフォーマンスと開発生産性問題。導入前に比べ、処理性能は6倍以上、開発生産性は5倍以上に!

関連製品/サービス

Syncsort DMExpress

Syncsort DMExpressは、高性能なデータ統合(ETL)処理、バッチ処理を簡単に開発できる「最も賢い超高速ETLツール」です。他のETLツールにはない独自の自動チューニング機構「スマートETLオプティマイザ」が、効率性・高速性・信頼性を備えた高品質・高性能の処理を誰でも簡単に開発することを可能にします。

  • 高速バッチ処理をチューニングレスで実現
  • 高度なスキルセット不要!GUIで簡単開発
  • ミッションクリティカルなシステムでも安心の実績

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る