TOP>製品/サービス>課題から探す>ビッグデータ・プラットフォームに簡単に接続したい

ビッグデータ・プラットフォームに簡単に接続したい

あらゆるビッグデータ・プラットフォームに簡単に接続!
「DataDirect BIGDATAドライバ群」

ビッグデータ向けプラットフォームの出現により、これまでのデータストアでは扱えなかった規模のデータを処理できるようになりました。

ただ、このようなプラットフォームへアクセスするためには、それぞれのプラットフォームが提供する独自の手法が必要になるため、これまでに慣れ親しんだ技術が使えず、新たな技術習得がネックとなっていました。

DataDirectのBIGDATAドライバ群は、HadoopやSPARKなどのプラットフォームへのリアルタイムなアクセスを実現できます。

特別な技術習得を必要とせずに、これらのプラットフォームにダイレクトに接続し、共通の標準的なSQLアクセスで、プラットフォーム上のデータを自由に参照・更新できるようになります。

ビッグデータ・プラットフォームとBIツールやDIツールのSQL接続はProgress DataDirectが担う


Apache Sqoopで一括ダウンロード!

Hadoopコミュニティでは、企業内のあらゆるデータをHadoopに集約する「Data Lake」という考えが広がっています。Apache Sqoopはリレーショナル・データベース上のデータをHadoopへ転送するためのコマンドライン・ツールです。Sqoopを利用し各リレーショナル・データベースからデータをHadoopへ集める場合、通常は標準のJDBC/ODBCドライバでアクセスします。このODBC/JDBCドライバの部分をDataDirectに置き換えることが可能です。DataDirectによって、高速でセキュア、かつ高い信頼性のあるデータのやり取りが可能になります。

Progress DataDirectとSqoopの組み合わせで高速・セキュア・信頼性の高いデータ転送を實現


高速
データをHadoopに転送する際に発生する大量のトラフィックをネットワーク転送最適化し、高速なデータ転送を可能にします。

セキュア
SSLによるネットワーク暗号化とKerberos認証によるセキュアなデータ転送を行います。

信頼性
DataDirectはODBC/JDBC規格策定メンバーによって開発された高い信頼性のあるドライバで、Fortune 100社のうち96社に採用されているほか、世界中のあらゆる業種の4,500社以上で利用されています。

Progress DataDirectの3つの特徴

各種マーケティングサービスにも接続可能

リレーショナル・データベース以外のマーケティングサービスにも接続が可能です。
DataDirect BIGDATAドライバ群で、マーケティングデータも簡単に取り込めるようになります。

DataDirect BIGDATAドライバ群の評価版をダウンロード

評価版をダウンロードすると、DataDirect BIGDATAドライバ群を15日間無料でご利用いただけます。
評価版でアクセスできるビッグデータ向けプラットフォームは、下記のとおりです。

・Amazon EMR Hive
・Amazon Redshift
・Apache Cassandra
・Apache Hadoop Hive
・Cloudera CDH Hive
・MapR Hive
・MongoDB
・Pivotal Greenplum
・Pivotal HAWQ
・Pivotal HD Hive
・SAP HANA
・SAP Sybase IQ
・Spark SQL
・Teradata

接続できるデータソースの一覧、およびダウンロードの詳細については、こちら をご覧ください。


お気軽にお問い合わせください


情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る