TOP>製品/サービス>課題から探す>Salesforceにリアルタイムにアクセスしてデータを活用したい

Salesforceにリアルタイムにアクセスしてデータを活用したい

セールスフォースと他システム(DB/BI)のダイレクトなデータアクセスを実現し、複数システム間のデータ統合分析を実現する「DataDirect for Salesforce」

Salesforceは、CRMとしての導入だけでなく、ビジネスアプリケーションの開発環境としても導入される範囲が拡大しており、プラットフォーム上には企業データが急速に蓄積され始めています。

Salesforceを導入された企業では、このデータをOffice製品に取り込んだり、様々な社内の分析ツール(SugarCRM,Microsoft Dynamics CRM)を用いて、他データソース(DB2,SQL Server,Oracle,MySQL,MongoDB等)とデータ結合分析を実施することが、ビジネスの意思決定においても重要な課題となっています。
しかし、Salesforceとのデータのアクセスには、APIを使った本格的なプログラム開発を伴うことが多く、BIツールやDWH製品にデータ連携機能が付属している場合を除いては、大きなコストがかかるケースが多くあります。

Progress DataDirect for Salesforceは、ドライバとして導入するだけで、 Salesforce APIのプログラミングを必要とせずに、SalesforceにSQL(SOQLではありません)でダイレクトにアクセス。
Salesforce上のデータを自由に参照・更新できるようになります。

DataDirectは、SQL92に準拠した標準的で柔軟なクエリでSalesforce上のデータを直接SQLで参照し、Salesforceのデータをリレーショナル・データベースのように参照することができるため、プログラマやエンドユーザに新たな学習を必要としません。
また、比較的小規模なプロジェクトから開発を開始することも可能です。

例:
SalesForce.comのデータとSQL Server(またはOracle等のリレーショナルデータベース)のデータを抽象化し、QlikViewやTIBCO、MicroStrategyで分析する。

DatDirect for SalesForceの体験版は、こちらよりダウンロードが可能です。

(ODBC版、JDBC版がございます。必要に応じて適切な体験版をダウンロードください。)

従来のSalesforceのデータ活用と、Progress DataDirectを利用した場合の比較


DataDirect for Salesforceの特徴

Salesforceを社内アプリケーションに組み込み

DataDirectは、Salesforce ウェブサービスAPIに準拠したリクエストを、SQLにて実行を可能にします。
このことから、企業の社内アプリケーション に短時間、低いコストで簡単に組み込むことができます。
SalesforceのバルクAPIにも対応し一度のリクエストで多くのデータを操作できます。

DataDirectは、低レイテンシー*のリアルタイムでセキュアなデータアクセスを実現します。

* Salesforceにデータを要求しデータの転送が開始されるまでの待ち時間が短く、レスポンス良くデータを扱うことができます。DatDirectは、データキャッシュやフェッチサイズのチューニングなどパフォーマンスを向上するオプションパラメータを備えています。

データベースのセキュリティを確保

高速で柔軟なアクセス

DataDirectは、SalesforceならびにForce.comアプリケーションへの高速で柔軟なデータアクセスを実現します。

DataDirectを利用することで、Salesforceにあるデータをあたかもオンプレミスにあるかのように操作できるため、既存のノウハウを生かすことによってSalesforceへのデータアクセスの開発手法の中で、最も開発コストを抑えることができます。

開発コストの低減

ご活用イメージ

DataDirectを利用すると、SQLを介してSalesforceへのリアルタイムアクセスを簡単に実現。Salesforce CRMのデータを様々なBIツールで分析したり、Force.comで作成したアプリケーションや、データベースに対して自社のシステムから直接接続できるようになります。

これまでは、Salesforceが用意するAPIを利用して、DIツールや自社開発されたプログラムからアクセスし、中間データベースを作成していたため、リアルタイムのビジネス状況を分析することは叶いませんでした。DataDirectでは、Salesforceをデータベースのように扱うことができるため、リアルタイムなビジネスデータとして活用することが可能になります。

高いパフォーマンスを発揮し、API開発も必要としないため、導入、展開、保守を含めた総コストも削減できます。

関連資料

Progress DataDirect for Salesforceドライバ資料

DataDirectのSalesforceドライバをご紹介した資料です。サポートプラットフォームの情報や接続設定の記載がありますので、特別な開発を必要とせず、SQLによるSalesforceへの接続を手軽に実現されたい方必読の資料です。


DataDirect Salesforceドライバの評価版をダウンロード

評価版をダウンロードすると、DataDirect Salesforceドライバを15日間無料でご利用いただけます。

評価版でアクセスできるデータソースは、Salesforce.comやForce.comのほか、Oracle DatabaseやMicrosoft SQL Server、Amazon RedshiftやMongoDBなど主要なデータソースへのドライバもすべてご利用が可能です。

接続できるデータソースの一覧、およびダウンロードの詳細については、こちら をご覧ください。


お気軽にお問い合わせください


情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る