TOP>製品/サービス>課題から探す>バッチ処理のパフォーマンス改善

バッチ処理のパフォーマンス改善

バッチ処理パフォーマンス劣化の原因は様々

データ量の増加、仕様変更へのシステム改修や継ぎ足し開発による処理の非効率化など、様々な原因で発生するバッチ処理パフォーマンスの劣化。システム全体を安定的に稼働するには、バッチ処理時間を想定時間内で終わらせることは重要な要素です。想定時間内にバッチ処理が終了しなければ、システム利用時間の遅延や必要データの配信遅延など、ビジネスに与える影響も小さくありません。

バッチ処理パフォーマンス劣化の原因

パフォーマンス劣化への対応も様々

バッチ処理パフォーマンスの改善手段として、ハードウェアスペックの増強や、処理の効率化を図る再開発が挙げられます。しかし、ハードウェア増強では根本的な解決にはつながりませんし、コストも発生します。また、スクラッチによる処理全体の最適化アプローチは、多大な工数が必要となってしまいます。結果としてパフォーマンス改善につながらないケースもみられます。

ハードウェアスペックの増強

再開発


バッチ処理高速化ユーティリティで最適化するというアプローチ

バッチ処理のなかで特にボトルネックとなっている部分、例えばデータベースにおける大量データのマージ処理や、PL/SQLなどの手続き型言語による対象データ全件のカーソル処理、それらの処理をバッチ処理高速化ユーティリティで最適化することにより、システム全体のスループットを大きく向上できます。さらに、GUIによって開発/保守ができ、処理の流れも視覚的に把握できるため、メンテナンスビリティが向上しま す。

バッチ処理高速化ソリューション


活用事例

エーザイ株式会社

バッチ処理高速化で、ビジネスニーズによって増加一途のデータ量にも安定して処理可能な環境を実現。

関連製品/サービス

Syncsort DMExpress

Syncsort DMExpressは、高性能なデータ統合(ETL)処理、バッチ処理を簡単に開発できる「最も賢い超高速ETLツール」です。他のETLツールにはない独自の自動チューニング機構「スマートETLオプティマイザ」が、効率性・高速性・信頼性を備えた高品質・高性能の処理を誰でも簡単に開発することを可能にします。

  • 高速バッチ処理をチューニングレスで実現
  • 高度なスキルセット不要!GUIで簡単開発
  • ミッションクリティカルなシステムでも安心の実績

詳細へ

Syncsort DMExpressに関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る