TOP>製品/サービス>課題から探す>データマネタイズによる競争力強化とは

データマネタイズによる競争力強化とは

2018年9月に経済産業省が発表した『DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~』により、データを活用して自社の競争力を強化する取り組みが広がっています。

また、DXの推進にともなって、データを自社の経営資源として新たな「収益化(マネタイズ)」に取り組む企業も増えています。

そこで本記事では、これまでにアシストがご支援したお客様の先進的な事例をもとに、データ活用から収益化につなげていくヒントをご紹介していきます。

データマネタイズとは

マネタイズとは、広くは「収益化」を指す単語です。

本記事では、社内外のデータを経営資源として活用することで、事業として収益化を実現しているケースをデータマネタイズと呼んでいます。

「データを使って収益化する」というと、情報銀行をイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。

情報銀行については多くの解説ページがあるため詳細な説明は割愛しますが、概要としては購買履歴やヘルスケアデータなどの個人情報を、個人が特定できないようにマスキングした上で銀行(※)に預け、それを事業者が利用すると個人情報の持ち主に利子が支払われる(※)という仕組みです。

  • 「銀行」や「利子の支払い」は簡略化したイメージをお伝えするための表現のため、正確ではありません。詳細は下記をご覧ください。
    https://nippon-platform.co.jp/consortium/

本記事では、

●オープンデータを顧客向けの価値のある情報コンテンツに昇華させて新たなビジネスモデルを作り上げたケース

●IoTデータの活用によって既存の自社サービスの付加価値を上げてデータマネタイズを実現したケース

の2つの事例をご紹介します。

データマネタイズ事例(1) 社内外のデータを活用して新たなサービスを創出

トヨタテクニカルディベロップメント株式会社

知的財産(IP、以下:知財)情報を扱う企業としては世界でも有数の規模で事業展開されており、トヨタグループならびに関連会社の知財戦略を支援しているトヨタテクニカルディベロップメント様のお取り組み事例です。

トヨタテクニカルディベロップメント様では、主に車輛に関する特許情報を世界中から収集・解析し、技術分類ごとのトレンドや各メーカーの注力分野等に関するデータを取りまとめ、企業の開発部門に対して情報提供を行っています。

特許に関するデータは、特許庁をはじめ各国の行政機関からオープンデータで公開されており、これらのデータの活用には高い付加価値とビジネスニーズが期待されていますが、

一方で、オープンデータはフォーマットが多岐にわたる上、更新頻度の高いビッグデータという特性から、ビジネスで活用できる情報へ変換するには、膨大な加工・編集をタイムリーに行わなければなりません。

そこでトヨタテクニカルディベロップメント様は、既存の特許データに加えて、毎月20万行ずつ増えていくといわれる特許データをスピーディに加工してデータベース化できれば、顧客向けの新たなサービスを提供できると考え、2018年4月に「swimy 」のリリースを開始しました。

この新しいビジネスモデルを支えるデータ基盤として採用されたのがPaxata です。

大量の特許データを機械学習で精査するために、データ準備とデータ整理をPaxataで実施。オープンデータを価値ある情報コンテンツに昇華させ、収益化(マネタイズ)に成功しています。

データマネタイズ事例(2)IoTデータの活用で既存サービスの付加価値を向上

イカリ消毒株式会社

イカリ消毒株式会社(以下、イカリ消毒)様は、1959年の設立以来、「美しい街づくり」の理念の下、全国100ヵ所以上の営業拠点から安心/安全な環境を創造する様々な取り組みを続けられています。

食品をはじめ、高度な衛生環境を求めるあらゆる企業/団体向けの防虫/防鼠、防菌といった総合衛生事業において、イカリ消毒様は業界トップクラスの実績を誇っています。

イカリ消毒様では業界初の仕組みとして、IoTを活用して有害生物をリアルタイムに監視し、24時間体制で一元管理する次世代型のオンライン環境衛生システム「CXシステム 」を提供しています。このサービスでは、顧客に対して即時性とデータの長期保存性を両立した情報活用を提供してきました。

IoTデータのさらなる活用と、CXシステムのサービス品質向上を目指すなかで、ポータルサイトを全面的にリニューアルすることを決定、しかしスクラッチ開発では長い開発期間を要することから、アジャイル型で開発効率の高いWebFOCUS でポータルサイトを内製することを選択されました。

これにより、新CXシステムではこれまで以上に優れた直感的な操作性と視認性を提供。顧客向けサービスの品質向上を競争力に、さらなるユーザー数の拡大を目指しています。

このように、イカリ消毒様では自社が保有するIoTデータを利便性の高い情報コンテンツに変換して顧客に提供することで、データマネタイズを実現されています。

まとめ

ビッグデータは、様々な業界で売上増、コスト削減、業務効率化などを目的に活用されていますが、その多くは社内での利活用に留まっています。

『DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~』の中でも、新たなデジタル技術を活用してどのようにビジネスを変革していくか、具体的な方向性を模索している段階の企業が多いことが明らかにされています。

本記事では、自社の強みとデータを組み合わせることで、新たなビジネスモデルの創造、自社のサービス強化を実現されたお客様を紹介しましたが、データマネタイズにおいては戦略とそれにマッチした仕組み作りが不可欠です。

アシストでは、創業以来培ってきたデータ活用のノウハウを活かしたデータのマネタイズや、オープンデータやセンサーデータ等、これまで活用しきれていなかったデータを価値のある情報に変換し、収益化を目指すお客様のご支援が可能です。データの活用に取り組まれる際は、ぜひアシストにご相談ください!

関連製品/サービス

Paxata

データ分析にかかる全作業のうち、80%がデータ準備に費やされていると言われています。Paxata(パクサタ)が提供するデータ・プレパレーションは、HadoopやSparkの最新技術を取り入れた分散コンピューティング、機械学習、インメモリ技術をベースとした革新的なテクノロジーですばやくデータを準備し、企業のデータ活用を支援します。ビッグデータやIoT、クラウドなど先進分野でのビジネスチャレンジに求められるデータ準備をまったく新しい考え方で実現します。

  • 今注目のデータ・プレパレーション・プラットフォーム
  • 分析や可視化に必要なデータをすばやく準備
  • Hadoop上のビッグデータ活用に最適なソリューション

詳細へ

WebFOCUS

WebFOCUSは、社内外のユーザに情報を届け、情報活用を定着させるBIプラットフォームです。現場のビジネスユーザから経営者、顧客やパートナーまで、あらゆる人がいつでも、どこでも、必要な情報をリアルタイムに活用できる“オペレーショナルBI”をベースコンセプトに、ユーザが“使いやすい”情報活用環境を実現します。

  • 全社での情報活用を可能にする「オペレーショナルBI」
  • 社内外問わず誰もが簡単に使える操作性
  • さまざまな業種/業態での事例を公開中

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る