TOP>製品/サービス>課題から探す>Oracle DatabaseのPL/SQLパフォーマンス改善

Oracle DatabaseのPL/SQLパフォーマンス改善

Oracle Databaseバッチ処理の課題

Oracle DatabaseのPL/SQLで実装したバッチ処理に、以下のような課題はありませんか?

  • ミッションクリティカルなバッチ処理が規定時間内に終了しない
  • PL/SQLのメンテナンス、およびチューニングの難易度が高い
  • PL/SQLのパフォーマンスを確保するためのOracle Databaseライセンスおよび保守費用が高額

バッチ処理がOracle Databaseのライセンス費用を増大させるケース

Oracle Database Enterprise Editionを利用する場合でも、SELECTなどのSQLはパラレル化できますが、PL/SQLに記述されたプログラム処理はパラレル化できません。そのため、バッチ処理の中のデータ抽出(SELECT)時間よりも、データ加工と更新時間の割合が多い場合、PL/SQLではバッチ処理時間を短縮することが難しくなります。

この問題に対し、バッチ対象となるデータ範囲を分割し、PL/SQLプログラムを並行実行させることで、擬似的なパラレル処理を行う方法があります。ただ、PL/SQLはOracle Databaseインスタンス上で動作するため、この方法でバッチ処理時間を短縮する場合には、Oracle Databaseで利用するCPUコアをバッチ処理に合わせて用意する必要があり、Oracle Databaseのライセンスコストが発生します。

DBオフロードという選択肢

Oracle DatabaseのPL/SQLで実装されたバッチ処理を、以下の図のようにバッチ処理用のサーバーに外出し(DBオフロード)することで、Oracle Databaseのキャパシティおよび費用を最適化すると同時に、高い処理パフォーマンスを実現するアプローチです。

DBオフロードの効果


DBオフロードのメリット

バッチ処理高速化ソフトによって処理性能を担保できるため、Oracle Databaseキャパシティをオンライン処理に必要なレベルに設計し、Oracle Databaseのライセンスおよび保守費用を削減できます。

コスト削減

安価なIAサーバでもサーバリソースを効率的に活用して高速処理を実現できます。例えば、データ件数80万件の処理でJavaとPL/SQLで65分かかっていたバッチ処理を10分で終える処理パフォーマンスを発揮した事例もあります。

バッチ処理性能

GUIで簡単に処理を作成することが可能です。また、作成した後も処理内容をビジュアル的に把握することができるので、メンテナンス性が向上します。

メンテナンスビリティの向上


DBオフロードの成功事例

DBオフロードの成功事例。大量データの処理時間を1/4以下に短縮。

株式会社メディセオでは、PL/SQLによる大量データのバッチ処理を、DBオフロードすることで超高速化を実現しました。


DBオフロードをご検討いただけるお客様へ

適用効果アセスメント(無料)

検討適用領域の現行処理や処理要件を確認させていただき、適用効果についてアセスメントいたします。


総合検証プログラム(無料)

検証に必要な正規ライセンスを1ヶ月間無料でご提供いたします。検証期間は、技術者をアサインし、サンプル処理の作成や検証作業など、検証を支援させていただきます。


Oracle Databaseに関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る