TOP>製品/サービス>課題から探す>インシデント対応のスピード向上/生産性向上

インシデント対応のスピード向上/生産性向上

インシデント対応は、更なる高速/効率化が可能

インシデント対応が遅くなる理由

システム運用管理の高度化に伴い、オペレーション業務が増加し作業負荷が高まっています。インシデント対応時に必要となる作業は多岐に渡るため、作業手順の確認やオペレーションにかかる時間が増えてきています。

  • インシデント登録作業に時間がかかる。
  • 各システムからのログファイル収集に時間がかかる。
  • 作業手順の確認とオペレーションに時間がかかる。

インシデント対応に時間がかかる


インシデント対応に関わる業務の自動化

サービスデスク製品であるHPE Service Manager等に、ランブック自動化(RBA)製品のHPE Operations Orchestration(HPEOO)を組み合わせることで、サービスデスクやインシデント対応等の対応スピード向上、生産性向上を図ることが可能です。

自動化されたオペレーション業務を、HPSMのナレッジ検索と紐付けて管理しておくことで、インシデント発生時の各作業を自動化することが可能です。さらに、オペレーション作業中に障害等発生した場合は、その障害をインシデントとして自動登録もできます。

インシデント対応に関わる業務の自動化


自動化ソリューション「HPOO」ご紹介資料、無料プレゼント中!

アシストでは、ランブックオートメーションツール「HPOO」の詳細情報が知りたい方向けに、資料を無料でご提供しています。製品概要やシステム構成、ライセンスの考え方などが網羅的に学べる「HPOO紹介資料」や、運用業務を自動化した場合のフローについて解説する「運用フローと解説資料」、運用業務を今すぐ確実に自動化するための「自動化のコツ・事例紹介資料」など、多数公開しています。
貴社のご検討状況に合わせてお気軽にお申し込みください。


関連セミナー好評受付中!

1.製品紹介セミナー

運用自動化を具体的に検討されている方だけでなく、現行の運用業務に漠然と課題を感じている方にもお奨めのセミナーです。
AIやRPAなど様々な自動化技術が巷を騒がせる中、改めて、RBA(RunBookAutomation)の優位性についてシステム運用業界の世情を交えながらご紹介します。国内シェアNo.1のRBAツール「HPE Operations Orchestration」の機能詳細、活用例、導入事例のほか、アシスト直伝のノウハウなどまとめて情報収集いただける機会です。

2.アシスト運用フォーラム2017

本セミナーでは、昨今注目されている「IT投資テーマ」や「時事キーワード」 の中から旬なテーマ5つを選定し、そのソリューションを一挙にご紹介します。インシデント管理に関するセッションもございます。
さらに基調講演では、株式会社アイ・ティ・アールの取締役/シニア・アナリスト、舘野氏をお招きして「働き方改革」に向けて、企業のIT担当者が重視すべき施策や考え方について指南いただきます。IT運用に携わる責任者やご担当者にとって、今後のIT投資の方向性を整理/検討する場としてご活用いただければ幸いです。


IT運用の自動化ならアシストにご相談ください。

IT運用自動化に関するご相談、資料請求、お見積りなどご要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。お客様のご要望に応じて、専任のスタッフが対応致します。





関連製品/サービス

HPE Operations Orchestration

HPE Operations Orchestrationは、運用担当者のオペレーションを自動化する製品です。8,000を超えるテンプレートと使いやすいGUIで容易に自動化フローを作成することができます。

  • 既存の8,000を超える各種テンプレートで容易に自動化
  • 定型業務の自動化により運用負荷を軽減し生産性を向上
  • ヒューマンエラーによる運用品質ダウンを抑止

詳細へ

HPE Service Manager

HPE Service Managerは、運用管理のプロセスを体系化し、各プロセスの情報を一元化、共有することで、正確性、効率性、確実性、信頼性のあるITサービスの提供を支援するソフトウェアです。

  • 利用者に負担を掛けないシンプルな操作性
  • 自社に最適な環境に簡単にカスタマイズ
  • 全世界で選ばれるつづける信頼性

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る