TOP>製品/サービス>課題から探す>BYODのセキュリティと管理性

BYODのセキュリティと管理性

byod

BYODの課題は、過剰なセキュリティ対策と管理の負荷

日本国内において、BYODを導入している企業は少数派ですが、シャドーIT対策、社員の生産性向上、デバイスや通信コストの削減といった目的から、導入を検討している企業は増加傾向にあります。

会社貸与PC以外のデバイスを業務端末として利用する場合、重要データが私物デバイスに残らないような仕組みが必要です。業務アプリケーションやデータはセキュアな環境で利用させる必要があるため、一般的にはMDMやMAMツールといったデバイス/アプリケーション管理ツールや端末認証の仕組みが導入されるケースが多いです。

これらのツールを利用すれば、業務アプリケーションやクラウドサービスの利用、会社データの閲覧は可能です。しかし、自社開発のWindowsアプリケーションやオフィスアプリケーションを使った文書作成/編集といった細かな作業は、操作できるデバイスが限られるため、会社貸与PCを手放すことができないケースがあります。やむを得ず複数のデバイスを使い続けることになれば、結果的に生産性の低下を引き起こし、管理コストの増加も懸念されます

BYODを実現することで得られるメリットは多くありますが、過剰なセキュリティ対策と管理負荷が課題として挙げられます。

BYODの課題を、クライアント仮想化製品「Ericom」で解決

BYODを実現するなら、クライアント仮想化製品「Ericom 」が効果的です。Ericomは、Chromebook、Mac、タブレットなどあらゆるデバイスから業務環境(仮想アプリケーションや仮想デスクトップ)へセキュアにアクセスさせるソリューションです。
ユーザは、ロケーションに影響されることなく、手元のデバイスをBYOD端末として利用することができます。


EricomのBYODソリューション


クライアントデバイスからのアクセス方法は2通り

Ericom製品は、2種類のアクセス方法を提供します。いずれも画面転送方式が採用されており、クライアントデバイス側にデータを残しません。あらゆるデバイスを業務端末として使うことができるため、生産性を向上しながらデバイス購入費・通信費を抑えることができます。



●Webブラウザ経由でアクセス

該当製品 : Eicom AccessNow
対応環境 : あらゆるOSやデバイス

SafariやChrome、IEといったHTML5対応ブラウザから業務環境へアクセスします。ユーザデバイス側に必要なのはHTML対応ブラウザのみ。クライアントモジュールのインストールや設定は一切不要です。マルチデバイス対応が求められるBYOD環境においては最適なアプローチです。


●スマートデバイス専用のアプリケーション経由でアクセス

該当製品 : Ericom AccessToGo
対応環境 : iOS、Android

iOS、Android向けに最適化されたインターフェースで、RDP(リモートデスクトッププロトコル)を最適化しながらセキュアアクセスを実現します。マルチタッチ対応やタッチパッドなど、Windowsデスクトップを操作しやすいツールを備えており、マウスやキーボードがないデバイスからでも快適に利用できます。


Ericomを採用するメリット

  • ロケーションにかかわらずBYOD端末から仮想環境へアクセスします。
  • HTML5対応ブラウザさえあれば、クライアントデバイス側へのモジュールインストールや設定は不要です。
  • SSL-VPNを利用するため、セキュアなアクセス環境を提供します。
  • 他製品よりも安価なライセンス体系のため、導入コストを大幅に削減します。



以上、「BYODのセキュリティと管理性」について説明しました。

クライアント仮想化ソリューション「Ericom 」が提供する2種類のアクセス方法を使い分ければ、自宅や外出先から、あらゆるBYOD端末を使って業務環境へアクセスできます。
クライアント仮想化技術により、ユーザのアクセス環境は管理者が予め定義したセキュリティポリシーによって制御されます。また、画面転送技術により、デバイス側には一切データを残さないため、MDMやMDAツールを使ってデバイスやアプリケーションを厳重に管理する必要はありません。

BYODを実現するなら、セキュリティを維持しつつ、管理運用負荷を軽減する「Ericom」を是非ご検討ください。


本ページに関するお問い合わせや、「クライアント仮想化を利用したBYOD」に関する詳細説明やデモンストレーション、お見積りなど、お気軽にご相談ください。


関連資料のダウンロードはこちら

高等教育機関におけるBYODの成功

安価で使い勝手のよいスマートフォン、タブレット、ノートPC等のモバイルデバイスの利用拡大が、高校や大学におけるBYODの導入を促進しています。
しかし、同時に少人数で学内のITを支えるIT担当者にとっては大きな課題となっています。

この資料では、教育機関がこれらの課題を解決し、BYODの利点を享受する方法を紹介します。また、資料の最後にBYODを導入した大学の事例も紹介します。


Ericom製品について詳しく知りたい方へ

Ericomは、第3のクライアント仮想化製品として、2012年6月に発売を開始しました。アシストは国内総代理店として170社の導入実績を有します。2015年8月3日に、新製品「Ericom Connect」をリリースしました。

connect

製品の詳細情報はこちら

Ericom Connectパンフレットのダウンロード

パンフレットのダウンロードはこちら

セミナー

セミナーのお申し込みはこちら

お見積り/お問い合わせ

詳細説明やデモンストレーションなど、
お気軽にご相談ください




Ericom中途社員募集

募集要項のほか、仮想化ビジネス責任者挨拶や先輩中途社員インタビューをご覧いただけます。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る