TOP>ローコード開発 - WebPerformer ウェブパフォーマー

ローコード開発 - WebPerformer ウェブパフォーマー

ローコード開発 WebPerformer
ローコード開発ツール WebPerformer

共創型開発が加速する
ローコード開発プラットフォーム

WebPerformerは、導入社数 累計 1,000社以上を誇る
国産ローコード開発プラットフォームです。

近年、ITがビジネスの前提になるにつれ、中核となるシステムには変化に対する迅速かつ柔軟性な対応を要求されており、即成果が求められる状況に対応できる開発手法として、ローコード/ノーコード開発が注目されています。

WebPerformer(ウェブパフォーマー)は、Applicationに必要な設計情報をエディタで表に登録する感覚でHTML5対応のWebアプリケーション(java)を超高速で自動生成するツールです。ITシステム標準化と統制を確保しながら、プログラミングレスでマルチブラウザ対応のWebアプリケーションを楽々開発できます。

MVP(Minimum Viable Product:必要最低限の要素を満たすプロダクト)の開発速度は事業開始までの期間に大きな影響を及ぼし、ここでプログラミングに時間をかけてしまうと致命傷になる恐れがあります。MVPから完成プロフダクトまでプログラミング無しに製造できる開発基盤:WebPerformerならば、アプリの画面は利用者、ロジックはエンジニアなど、作る人使う人企画する人の垣根なくノンプログラミング又はローコードで事業やシステムをデザインしながら共創プロジェクトを前に進められます。

WebPerformerが選ばれる3つの理由

1

ローコード/ノーコード開発

Webアプリケーションをローコード/ノーコードで100%自動生成。Javaの知識もコーディングも不要なので、従来比1/4~1/2程度の時間で高機能なシステムを短期間で構築可能です。

2

操作性と表現力の高いWebアプリ

SPAへの対応とマテリアルデザインに準拠したWebアプリケーションならば、PCやモバイル(スマホ、タブレット)、スマートデバイスなど、実際に使用するデバイスに依存しない統一感のある画面で利用者のUI/UXが向上できます。

3

他製品を圧倒する低コスト

必要なのは、開発者用ライセンスのみ。本番サーバ環境にランタイムプログラムは不要です。アプリケーションを何本製造してもコストはかかりません。

WebPerformer ローコード/ノーコード開発
WebPerformer 操作性と表現力の高いWebアプリ
WebPerformer 他製品を圧倒する低コスト

WebPerformer 4つの特徴

WebPerformer 特徴 AI

AIアシスト

開発定義に関する質問を話し言葉で入力すると、AIが解決策を提案。「順位学習」が組み込まれて高精度化された類似検索が適切に最適解を回答。これによりWebPerformerの定義への反映はもちろん、開発と保守スピードが飛躍的に短縮、向上します。

WebPerformer 特徴 クラウド

オンプレミス版とクラウド版

クラウド版もオンプレミス版も変わらない操作性とわかりやすさで、アプリケーション開発者が望むことをノーコード/ローコードでストレスなく実現できます。

WebPerformer 特徴 均一化

標準化と統制

開発者の技術スキルに左右されることなく、バグや属人性が排除された高品質なWebアプリケーションを簡単に公開できます。また、企業管理下でユーザーと共創しながら画面ファーストでMVPからローンチプロダクトまでを開発できます。

WebPerformer 特徴 API連携

拡張機能

シングルサインオンや外部クラウドWebサービスとのAPI連携(SOAPまたはREST形式)など、容易なデータ連携と拡張を実現できます。また、JavaやJavascript、ストアド・プロシージャも呼び出せます。

スキル委譲の「伴走型」だから、アシストは選ばれています

アシストが提供するものはSIでもシステム開発でもなく、お客様自身がITシステムの内製化を加速できるような「ソフトウェア」と「活用ノウハウ」の提供です。アシストがこれまで支援してきた「ツールによる業務改革」を整理したベストプラクティスで、お客様課題の根本的解決をサポートします。

WebPerformer アシスト

スキルトランスファー

アシストがこれまで支援してきた「ツールによる業務改革」を整理したフレームワークやベストプラクティスで、お客様課題の根本的解決をサポートします。

WebPerformer 共創型

お客様の「したい」を実現

アシストはお客様と同じものを見て、同じことを一緒に考えます。状況の分析、課題抽出、解決策、妥当性検証と解決策の修正まで、一連のシステム内製活動を支援します。

WebPerformer アジャイル

内製化力を強化

アジャイル特化、業種特化型、開発手法特化など、アシストならではの強固なパートナーネットワークにより、お客様の内製化力強化を強力に支援します。

お問い合わせはこちら

WebPerformerを活用したローコード開発 導入事例

私たちもWebPerformerを含む自社ソリューションを積極活用し、営業見積もり支援システムをローコード開発し、運用し続けています。

WebPerformer 導入事例

マルチベンダーのソフトウェアを販売・サポートしているアシストでは、部品ルールが複雑な製品のお客様向け見積作成と確認タスクが営業部門の労働生産性を下げる要因となっていました。そこで、AEDAN for コンフィグレータを用いて、基幹システムのサブシステムとして価格見積支援システムを隙間時間を活用し、期限内の約3ヵ月間で構築。速く正確な見積もりが作成できるだけでなく、見積作成時間を最大78%削減することに成功しました。

(AEDAN for コンフィグレータとは、Web PerformerとProgress Corticonなどの他製品を組み合わせた、変化に強いシステムをローコードで実現する開発ソリューションパッケージです)

この事例を読む

WebPerformer認定者による技術サポート

アシストがWebPerformer「パートナーエクセレントアワード」を受賞

「パートナーエクセレントアワード」受賞

キヤノンITソリューションズが主催するパートナーミーティングにおいて、
WebPerformerの販売活動に多大な貢献をした代理店に送られる「パートナーエクセレントアワード」をアシストが受賞しました。
今回の受賞は2019年から4年連続の受賞となります。

アシストは、WebPerformerの販売のみならず、独自のコンサルティング支援として「WebPerformerリーンキャンバス体験」を開発し、お客様の内製化を後押しするとともに、全国各地域の開発会社様と協力して、WebPerformerを利用した開発を行う体制を整えております。

これからも、WebPerformerを通じて、お客様のデジタル化を推進していきます。

アシストのWebPerformer認定技術者

アシストでは、キヤノンITソリューションズ社が提供する「技術者認定制度 新規ウィンドウで開く」に合格した技術者がお客様をご支援します。

WebPerformer Basic V2.5 認定技術者数 8名(2021年12月1日現在)
アシスト導入社数 22社(2021年11月1日現在)

テクニカルセールス

複数のローコード開発製品取り扱いがある担当が導入に向けたサポートをします。

中尾 有揮
テクニカルセールス
中尾 有揮
大手SIerにてシステム開発、運用管理業務に従事後アシスト入社。システム運用、セキュリティ、仮想化など10以上の製品のプロダクトグループマネージャ、事業開発マネージャを経て、現在ローコード開発ツールのテクニカルセールスに従事。中国語での打ち合わせにも対応可能。

開発言語経験:アセンブラ、PL/I、VB.NET、PHP、JavScript、HTML
立山 あき
テクニカルセールス
立山 あき
アシスト入社後、テストツールのプリセールスとしてテストプロジェクト支援や新規ビジネス企画開発担当を経験。
現在はローコード開発製品のプリセールスに従事。様々な生産性向上ツールに携わった経験を活かし、開発生産性に課題をお持ちのお客様に最適な解決ソリューションをご提案する活動を実施中。英語での打ち合わせにも対応可能。

担当製品:WebPerformer、Corticon、DataDirect、DataRobot

テクニカルサポート

開発経験が豊富なエンジニアが、WebPerformerの機能、使用方法をアドバイスします。

木谷 真克
テクニカルサポート
木谷 真克
アシスト入社前は、ソフトウェアハウスにて、スクラッチ開発業務に従事(主に制御系プログラムの開発)。アシスト入社後は、前職での開発経験を活かし、担当製品の技術的なサポートを担当。

開発言語経験:C、VC++, Java
担当製品:WebPerformer、Corticon、DataDirect、DataRobot
谷 列樹
テクニカルサポート
谷 列樹
ソフトウェアハウス、フリーランス、IT雑誌執筆を経験後にアシストに入社。多種多様な言語、OSに精通。開発の最新トレンドにも敏感。

開発言語経験:C、Java、VB、C#、PHP、Python、JavaScript
担当製品:WebPerformer、Corticon、DataDirect、DataRobot

WebPerformerをもっと詳しく!資料ダウンロード

4つの比較ポイントがわかる!ローコード開発ツールの選び方

ローコード開発ツールには様々なタイプがあり、機能や価格優先で選択してしまうと自社に合わない仕組みとなりかねません。
せっかくツールを導入したのに、「当初の投資計画を上回るコストがかかってしまった・・」「とりあえずスモールスタートしてみたけど、本格運用してみたら自社の要件とマッチせず適用用途が広がらなかった・・」という事態が発生しないためにも、以下の資料ではそれぞれのタイプのローコード開発環境と体制について、整理していきます。

PDFのダウンロードはこちら

時代を飛び越えるリーンソフトウェア開発ガイド

DX時代に求められるアプリケーション開発手法としてリーンソフトウェア開発を推奨する理由と、MVP製造までの道筋を解いたガイド資料です。

PDFのダウンロードはこちら

【ウェビナー】
アイデアを素早く形にするノーコード/ローコード開発のススメ

2021年5月21日に、キヤノンITソリューションズ様に協賛いただき、 DXへの取り組みを加速するために、変革のアイデアを素早くシステム化する開発方法をご提案するオンラインセミナーを開催しました。

当日の動画と、各セッション資料(PDF)をご用意しましたので、ぜひご覧ください。

動画の視聴とPDFのダウンロードはこちら

コラム

世界イチわかりやすい!WebPerformer講座

本記事では、ローコードやWebPerformer について、わかりやすく解説します。

WebPerformer講座を読む

ローコード開発のススメ!
ローコード開発ツールやリーンキャンバスについてわかりやすく解説

近年、少ないIT人材リソースで効率よくシステム開発を進める手法として、ローコード開発が注目されています。この記事では、ローコード開発ツール「WebPerformer」と、新たなビジネスモデルを考える際に有効なフレームワーク「リーンキャンバス」について解説します。

ローコード開発のススメ!を読む

WebPerformerのご相談・お問い合わせ

ウェブでのお問い合わせはこちら

このようなご相談やご質問をお持ちの方は、是非お気軽にお問い合わせください。

● WebPerformerの検討を進めるなかで、質問や疑問をオンラインで直接個別に聞いてみたい
● WebPerformerの機能や使い方について、自社向けに説明してほしい
● WebPerformerの導入前に、ローコード開発の特長について詳しく知りたい
● ローコード開発ツールを使って本当に今の課題が解決するのかを相談したい

ウェブでのお問い合わせはこちら

お打ち合わせをご希望の方はこちら

自社の課題についてアシストの技術者と直接会話して相談したいなど、お打ち合わせをご希望の場合は、オンライン個別相談会へのご参加をお待ちしています。
オンライン個別相談会は1社様ごとの開催となりますため、他のご参加者を気にせずにご質問いただける相談会形式となります。

オンライン個別相談会のお申し込みはこちら
ページの先頭へ戻る