TOP>製品/サービス>課題から探す>ActiveDirectoryと各システムのユーザID統合

ActiveDirectoryと各システムのユーザID統合

複数システムのユーザID多重管理に負荷がかかっていませんか?

よくある課題

複数のシステムで管理されているユーザID。
個別管理では、アプリケーション毎の登録/修正に時間をとられたりミスが発生したりしがちです。また、それぞれのアプリケーション使用方法の習得や、アプリケーションの変更や追加の際の処理も煩雑な作業です。

  • 管理担当者は各システム固有のインターフェースの習得が必要
  • 多重入力により時間と工数がかかる
  • 多重入力により不正データが登録されるリスクが発生する

複数システムのユーザID多重管理

Active DirectoryでユーザIDを一元管理しましょう

アプリケーションごとに管理しているユーザIDを、WindowsサーバのActive Directoryで一元管理することで、業務の効率化を図れます。

データ連携ツールであるDataSpiderを活用することで、複数システム間でのユーザIDの同期を簡単に実現することが可能です。

Active DirectoryでユーザIDを一元管理

Active Directoryアダプタで簡単連携

DataSpiderでは、LDAPの接続種別を用いて、Active Directoryへのエントリ検索/追加/更新削除、エントリリネーム/パスワード変更、エントリ無効化/有効化の操作が可能です。

  • Active Directoryへのユーザ登録/修正/削除を実行
  • Active Directoryのユーザ情報を各システムに反映
  • SSLを利用したセキュアな通信

わかりやすいGUIインターフェースでActive Directoryとの自動同期も

Active Directoryと各システムとの同期もノンプログラミングでグラフィカルなインターフェースで実現。
複数システムのユーザID管理工数を大幅に減らすことができます。

  • インターフェースの統一
  • Active Directoryと各システムとの同期処理の自動化
  • データ精度の向上

関連資料

DataSpider ActiveDirectoryアダプタのご紹介資料

DataSpiderのActiveDirectoryアダプタのご紹介資料です。
ActiveDirectoryアダプタでは、ActiveDirectoryの各種アカウント操作をDataSpiderから実行することが可能です。
資料では、主な特長のご紹介から、各種処理の設定イメージ、適用パターンをご確認いただけます。


データ連携ツールのご提案

様々なデータソースおよびシステム間でのデータ連携を、ノンプログラミング、低コストで実現できます。

アシストは様々なデータ連携ツールを取り扱っておりますので、お客様の要件に合った最適なデータ連携ソリューションをご提案します。

関連製品/サービス

DataSpider Servista

DataSpider Servista(以下、DataSpider)は、異なるシステムのデータやアプリケーションをノンプログラミングで「つくらずにつなぐ」データ連携(EAI)ツールです。アイコンを使用した簡単開発、充実した運用管理機能で連携処理の自動化を実現。DataSpiderなら、開発生産性の向上と運用コストの低減を図れます。

  • ノンプログラミングによるデータ連携開発を実現
  • 豊富なアダプタでExcelからクラウドまで幅広く連携可能
  • 顧客満足度実績No.1 EAIソフトウェア

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る