TOP>製品/サービス>課題から探す>RPA+AI連携(IPA)で、業務をシームレスに自動化・高度化したい

RPA+AI連携(IPA)で、業務をシームレスに自動化・高度化したい

画像1

日本の人口は遂に減少局面に突入し、今現在から未来にかけて人材の確保と維持がますます難しくなると言われています。RPA(RPAとは ?)の登場で開花した業務自動化/効率化に対する意識の高まりの中、大企業のみならず中小企業や政府自治体に至るまでこの取り組みは加速し、そのメリットを享受しながら運用を続けています。しかし、そのブームがひと段落した現在、RPAを採用した多くの企業、それも現場が現在感じていることは、

「RPAで自動化できる現場の業務や領域は、実際にはそれ程多くはなかった」

というものです。
ご存知の通り、RPAですんなり自動化できる「パソコン上のタスク」は例外がなく、チェック・確認をそれ程重要視しない繰り返しのルーチン作業(例えばデータのダウンロードやシステム入力など)が中心で、RPAのみで生産性が向上するようなジョブは期待ほどそう多くはない。と言えます。

一連の業務フローを振り返れば、RPAで自動化した範囲は超局所的と言わざるを得ません。

このような背景下、先進的な企業ではRPAにAIを組み合わせ、RPAのみでは実現しえなかった高度な業務エキスパートの判断を伴う作業(分類やチェック)を自動化し、プロセス全体を高度化するIPAの事例 が既に出始めています。

RPA+AIでプロセス全体を自動化する


AEDANは、RPAとAIを組み合わせ、少々高度なプロセスをも組織レベルで高度化してゆく「エンタープライズRPA 」実現のためのソリューションです。

アシスト

RPA+AI=「AEDAN」4つの機能

ネコの手も、業務エキスパートのノウハウも必要でしょうか?
どちらもRPA+AI=IPAソリューション「AEDAN」で解決できます。

ソフトウェアロボットがデスクトップ上でマウスやキーボードを人が操作するのと同様に、画面を操作します。
また、豊富な知識とノウハウが必要な業務は、エキスパートのかわりにAIが代行します。

また、ロボットに知恵を授け、RPAでは実現できなかった高度なプロセスを自動化します。

画像8


キーボード操作
パソコン画面のキーボードによる入力ボックスに、自動的に文字列の入力を
行います。


マウス操作
表示されている画面の文字を画面位置(座標)を気にしないで、
特定した文字列を探して自動でクリックします。


画面表示認識
表示されている文字を認識して、処理を可能にします。



チェック・判断
認知した情報を、ひとと同様に必要なルールブックや定義済み知識を参照し、自動でチェック、分類、データ加工などの判断処理を可能にします。

よくある事務作業へのIPA適用イメージ

RPA間、RPA-人間のタスクの繋ぎを、AIとデータ連携ツールで自動化する
・分類
・フラグ立て
・整形加工
・チェック
・処理結果の返信文章自動生成
・メール送信
・後続タスクの自動起動

RPAにAIがスキルを与え、より高度な業務を自動化する

RPAに複雑なことを実行させるために、AIで知恵を授けます。
・IT言語でなく、ビジネス語彙で定義。IT担当でなくてもできます。
・業務エキスパートの知識をそのままGUIで「宣言」。知識の探索も自身のAIで自動です。

(注:複雑な処理はRPAで実装すべきではありません。デメリットの方が多く、今後様々な問題の種となります。)

このように、人の高度な判断を含む意思決定をAIで自動化し、人の介在を最小化できます。
RPAとAIを組み合わせたAEDANソリューションならば、該当業務の更なる高度化と品質の向上を実現します。




動画で解説! RPA+AI による事務業務の自動化

サンプル:ちらし同梱依頼業務の自動化

日々繰り返すルーチン事務の自動化を、AEDANがどのように実現するかをご覧下さい。


POCのご案内

ソフトウェアロボットや人工知能を活用した業務自動化をご検討なさる際は、実現性確認などの事前実証実験(POC)が必要です。アシストでは、 RPAツールとルールベースAIを活用したお客様業務のあるべき姿の策定を補助し、適切なIT投資判断を支援します。

技術的なツールの裏付けを保有するスペシャリストが、業務自動化プロジェクトの目的明確化や適用箇所の抽出とその実装テストなど、確実なプロジェクト遂行につながる納得の投資判断を行っていただけます。

特定業務に特化した機械学習型AIはこちら をご覧ください

3分でわかる資料のダウンロード

RPAとAIの適合業務の見分け方、何故AIを連携させるのか?などを解説した資料とAEDANソリューションのパンフレットです。

1,AEDAN自動化パック パンフレット

2,業務自動化の最適解を導出する4段階分類法とは?

3,RPAツールだけでは不十分?業務自動化のあるべき姿とは?

以下は株式会社イーセクターのサイトよりダウンロードが可能です。

4,RPA導入のために知っておきたい豆知識

5,AI搭載を見据えたRPAの実装方法とは?

6,RPA概説 総集編

その他資料は こちら よりご覧ください。



関連製品/サービス

Progress Corticon

人工知能(AI)研究から派生した、ひと(エキスパート)の知能を擬似的に実現させるシステムです。

  • 100%コーディングレス
  • 1クリックでルールの論理性を自動検証
  • DeTIアルゴリズムによる優れたパフォーマンス

詳細へ

AEDAN

ルールベースAIを中核に据えた、業務自動化のためのフレームワークとソリューションです。

  • 業務の自動化に即活用できるビジネスプラットフォーム
  • 業務の見直し無しに即時に適合
  • 企業のデジタルトランスフォーメーションを強力に後押し

詳細へ

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る