TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>ディシジョンオートメーション>AEDAN>パック>RPA:定型業務の効率化を推進 AEDAN自動化パック

AEDAN

RPA:定型業務の効率化を推進 AEDAN自動化パック

画像1

AEDAN自動化パックは、定型で反復的な業務を完全自動化し、働き方改革を後押しします。

「働き方改革」があらゆる業種の企業に求められています。少子化で人材確保が難しくなった現在、従業員の残業を削減しながら企業全体の業務量を維持していくには、ITを駆使した業務効率の向上が欠かせません。こうした背景からRPA(Robotics Process Automation)ツールに注目が集まっています。しかし、RPAツールを適用出来る業務は意外と限られており、導入したものの業務効率があまり変わらなかったという声が多いのが現状です。
AEDAN自動化パックは定型で反復的な業務を丸ごと自動化し、思い描く「働き方改革」の実現を後押しします。

「働き方改革」に向けた業務効率の向上を難しくしている課題

RPAツールを導入しただけでは「働き方改革」は実現しません。RPAツールには得意な業務と不得意な業務があるからです。
業務効率の向上には、不得意分野を補うツールを併用して自動化できる業務を広げる必要があります。

RPAツールは万能ではありません。

属人化の要因である「現場の判断」を平準化し、判断を下すタスクまでロボット化することで実現する業務の完全自動化

画像2

このように、人の高度な判断を含む定型作業について、人間の介在無しにRPAで業務を完結できるようになります。
これで、より一層ホワイトカラー業務の自動化促進が可能になります。

真のRPAを実現する5つの機能

AEDAN自動化パック=ROBOWARE+DataSpider+Corticonでできること

ソフトウェアロボット:ROBOWARE、EAI:DataSpider、推論型AI:Corticonにより、デスクトップ上でマウスやキーボードをロボが操作するだけでなく、データを収集、整理し、次のアクションまでの業務プロセス全体を完全自動化します。

画像8


キーボード操作
画面のキーボードによる入力ボックスに、自動的に文字列の入力を
行います。


マウス操作
表示されている画面の文字を画面位置(座標)を気にしないで、
特定した文字列を探して自動でクリックします。


画面表示認識
表示されている文字を認識して、処理を可能にします。



データ統合
画面からデータを収集するだけでなく、既存データベースなどからデータを
収集、統合し、リスト化します。


判断
認知した情報を、ひとの知能通りに判断し、次の処理を決めます。




一連の業務タスクを完全自動化する、AEDAN自動化パック

真のRPAを実現するには、担当者の手作業、データ統合、判断まで自動化することが必要です。

RPA:自動化パック

Corticon Roboware

ROBOWARE、DataSpider、Corticonを活用したAEDAN業務自動化パックによるRPAは、ホワイトカラーの定型な手作業と知的判断を可能な限り自動化します。
リアルRPAを活用した定型業務の自動化を促進することで、該当業務は完全自動化され、業務の高度化と品質の向上を実現し、社内業務プロセス全体を次のステージに推し進めることができます。

AEDAN自動化パック パンフレット

以下のリンクより、AEDAN自動化パックのパンフレットをダウンロード頂けます。

AEDAN自動化パックは、RPAツールだけでは実現できない作業を補充し、定型業務を完全自動化して「働き方改革」を後押しするソリューションです

POCのご案内

ソフトウェアロボットや人工知能を活用したRPAをご検討する際は、実現性確認などの事前検証が必要です。アシストでは、 ROBOWAREとCorticonを活用したお客様業務のあるべき姿の策定を補助し、適切なIT投資判断を支援します。

技術的なツールの裏付けを保有するスペシャリストが、RPA導入プロジェクトの目的明確化や適用箇所の抽出とその実装テストなど、確実なプロジェクト遂行につながる納得の投資判断を行っていただけます。



ページの先頭へ戻る