TOP>製品/サービス>課題から探す>クラウドとオンプレミスのデータ連携

クラウドとオンプレミスのデータ連携

クラウドとのシステム連携は敷居が高い

業務システムのクラウド化が進めば、クラウドとオンプレミス間のデータ連携、あるいはクラウド間でのデータ連携が必要不可欠になります。

しかし、クラウドサービス内のシステムはオンプレミスと同じ感覚では扱えないため、システム連携のためのプログラミング開発は敷居が高くなってしまうという課題があります。

クラウドとのシステム連携の課題


データ連携ツールなら、クラウドでも簡単にデータ連携が可能

データ連携ツールを利用することで、クラウド上のシステムであることを意識せずに、他システムとデータ連携が可能となります。AWS(Amazon Web Service)やWindows Azure、Google Appsなど、クラウド上に置いたシステムと、オンプレミスの既存システム間で簡単にシステム連携できます。具体的には、クラウド上のシステムに対して、オンプレミスのシステムが持つデータを活用し更新を実施したり、逆のパターンとしてオンプレミスのシステムに対して、クラウド上のシステムが持つデータを活用し更新を実施したり可能です。
また、データの更新の他にもクラウドサービスの起動や停止の制御が可能であったり、ファイルのアップロード、ダウンロードなども実施可能です。GUIで簡単に処理を作成できるため、ノンプログラミングですぐに実装可能です。

データ連携ツールでのクラウドデータ連携


データ連携ツールのご提案

様々なデータソースおよびシステム間でのデータ連携を、ノンプログラミング、低コストで実現できます。

アシストは様々なデータ連携ツールを取り扱っておりますので、お客様の要件に合った最適なデータ連携ソリューションをご提案します。

活用事例

第一法規株式会社

基幹系システムからクラウドサービスまで、日常業務を支えるデータ連携基盤により業務効率を大幅に向上

株式会社全農ビジネスサポート

クラウドを活用した会計システムでの財務会計と管理会計のデータ連携

関連製品/サービス

DataSpider Servista

DataSpider Servista(以下、DataSpider)は、異なるシステムのデータやアプリケーションをノンプログラミングで「つくらずにつなぐ」データ連携(EAI)ツールです。アイコンを使用した簡単開発、充実した運用管理機能で連携処理の自動化を実現。DataSpiderなら、開発生産性の向上と運用コストの低減を図れます。

  • ノンプログラミングによるデータ連携開発を実現
  • 豊富なアダプタでExcelからクラウドまで幅広く連携可能
  • 顧客満足度実績No.1 EAIソフトウェア

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る