TOP>製品/サービス>課題から探す>IoTにおけるデータ連携

IoTにおけるデータ連携

収集したIoTデータを他クラウドやオンプレミスとつなぐ

世の中の様々な“モノ”をネットワークと接続させるIoT。ネットワークに接続されたセンサーやモバイル、製造機器などのビッグデータはクラウドに集約され、活用されます。

その際、クラウドに収集されたデータとサービス/システムをつなぐ手段が必要です。

 ・他クラウドサービス(機械学習サービス、グループウェアサービスなど)
 ・クラウド上の自社システム
 ・オンプレミスの自社システム

DataSpider Servistaは、IoTプラットフォームであるクラウドと様々なサービス、システムを簡単かつスピーディに連携することができます。

収集したIoTデータを他クラウドやオンプレミスとつなぐ


IoTにおけるデータ連携の課題

連携処理を開発する際、クラウドから提供/公開されているAPIを駆使して個別開発することも可能です。そんなとき、以下のような課題に直面するケースがございます。

課題

  • APIの制約や制限、癖を理解できない
  • 連携処理の個別開発によるサイロ化が発生
  • データの整合性、品質が担保出来ない

データ連携ツールによる課題解決

DataSpider Servistaは、統一されたインターフェイスでシステム間で異なるデータフォーマットをユーザの思いのままに変換し、連携することが出来ます。

IoTでは様々なデータ構造を扱うこととなるため、IoTデータをクラウド/オンプレミスの各システムで必要なフォーマットに変えて連携することで、既存データとIoTデータの活用を担います。

課題解決

  • 搭載されたアダプタにより、APIの制約や制限、癖を吸収
  • 連携インターフェイスの一元管理でサイロ化を回避
  • 運用の自動化により、データの整合性、処理品質を担保

汎用性の高い連携の仕組みを整え、IoTデータを有効活用してください!

データ連携ツールによるIoTの課題解決


お気軽にお問い合わせください


活用事例

豊田ハイシステム株式会社

製造現場からのリアルタイムな情報収集、迅速な製品トレーサビリティ手段を確立

関連製品/サービス

DataSpider Servista

DataSpider Servista(以下、DataSpider)は、異なるシステムのデータやアプリケーションをノンプログラミングで「つくらずにつなぐ」データ連携(EAI)ツールです。アイコンを使用した簡単開発、充実した運用管理機能で連携処理の自動化を実現。DataSpiderなら、開発生産性の向上と運用コストの低減を図れます。

  • ノンプログラミングによるデータ連携開発を実現
  • 豊富なアダプタでExcelからクラウドまで幅広く連携可能
  • 顧客満足度実績No.1 EAIソフトウェア

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る