TOP>事例>情報サービス>製造現場からのリアルタイムな情報収集、迅速な製品トレーサビリティ手段を確立

製造現場からのリアルタイムな情報収集、迅速な製品トレーサビリティ手段を確立

豊田ハイシステム株式会社

導入製品/サービス…
DataSpider Servista  

豊田ハイシステム株式会社

製造業において、生産現場の「見える化」は大きなテーマです。よりリアルタイムかつ詳細に、ライン全体あるいは工場全体の状況を見通すことができれば、生産ラインでのトラブルが生じた際の対応を迅速・的確に行うことができるなど、生産管理や生産技術の上で大いにプラスとなります。豊田ハイシステムでは、DataSpider Servista(以下、DataSpider)を活用し、そうした生産現場の「見える化」の推進に取り組んでいます。

豊田ハイシステム株式会社 ロゴ

導入のPOINT


1. 生産現場の「見える化」により、迅速かつ的確なトラブル対応を実現
2. Javaでのスクラッチ開発と比べ、製造・テスト工程を約1/2の工数で実現
3. 集約された過去情報が瞬時に検索、迅速な製品トレーサビリティ手段を確立

課題

  • 現場での異常発生時の処置に遅れが発生し、迅速な情報共有が求められていた
  • 生産ラインの停止が、納品計画/生産/労務管理に影響を与えていた
  • 生産実績情報が集約されておらず、過去データの情報収集に多くの工数がかかっていた

対策

  • 現場情報の見える化、情報の登録方法の統一化、瞬時なデータ検索の実現を目指し、統合データベースを構築
  • DataSpiderにより各システム間連携を可能にし、生産実績情報を自動的に一元管理
  • 実環境に耐えうる高頻度なデータ収集/更新のパフォーマンスを検証

効果

  • 製造/テスト工程がJavaでのスクラッチ開発の工数と比較して、約1/2の工数で実現
  • 生産ラインの「見える化」で異常発生時の対応を高度化し、従業員のワークスタイルにも好影響
  • 迅速な製品トレーサビリティを拡大し、製品のシリアル番号から各工場の各工程まで遡ることが可能な情報基盤を構築

システム概要イメージ


豊田ハイシステム様 DataSpider Servista事例 システム概要イメージ

業種:システム開発
適用範囲:「生産管理」、「工程管理」、「保全管理」、「労務管理」

事例詳細は、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

会社名 豊田ハイシステム株式会社
概要 豊田自動織機からシステム開発チームが分社・独立して1991年に設立。製造業を中心にシステム開発を手掛ける他、パッケージ・ソリューションやクラウド・ソリューション、組込みソフト開発などを展開。
本社 愛知県刈谷市大手町2-15 センターヒルOTE21
設立 平成3年2月8日
資本金 1億円
従業員数 312名(平成27年11月現在)
URL http://www.ths.co.jp/
取材日 2015年9月

関連製品/サービス

DataSpider Servista

DataSpider Servista(以下、DataSpider)は、異なるシステムのデータやアプリケーションをノンプログラミングで「つくらずにつなぐ」データ連携(EAI)ツールです。アイコンを使用した簡単開発、充実した運用管理機能で連携処理の自動化を実現。DataSpiderなら、開発生産性の向上と運用コストの低減を図れます。

  • ノンプログラミングによるデータ連携開発を実現
  • 豊富なアダプタでExcelからクラウドまで幅広く連携可能
  • 顧客満足度実績No.1 EAIソフトウェア

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る