TOP>製品/サービス>課題から探す>GUI操作を含むオペレーション業務の自動化

GUI操作を含むオペレーション業務の自動化

GUI操作の自動化をあきらめていませんか?

ランブック自動化(RBA)ツールを利用することでCUIによるオペレーション業務は自動化することができますが、GUI操作が必要な場合には人手を介す必要がありました。例えば、受発注システムなどのGUIシステムにログインしてデータ入力するようなケースです。そのため、自動化による効果(作業ミス防止や工数削減)が限定的になってしまうという課題があります。

  • GUI操作の作業工数が減らない。
  • GUI操作における作業ミスが減らない。
  • オペレーションに度々GUI操作をはさむため、業務全体を自動化できない。

GUI操作を含むオペレーションを自動化できない

GUI操作を含む定型業務を自動化します

機能テストツール Unified Functional Testingと、ランブック自動化(RBA)ツール Operations Orchestrationを組み合わせることで、GUI操作を含む定型業務全体を自動化することが可能です。

Unified Functional Testingは、機能テストツールとして利用されていますが、データ登録ツールとしても利用可能であり、GUI画面から入力する操作を代行します。マスターデータの移行やメンテナンスで多数の実績があり、Operations Orchestrationと組み合わせることで、様々な業務ステップにも対応可能となります。

GUIの受発注システム操作を含む、受発注処理オペレーション全体を自動化する例。オペレーション全体をOperations Orchestrationで自動化し、GUI操作の部分のみUFTを活用して自動化する。

自動化ソリューション「Operations Orchestration」の詳細資料、無料プレゼント中!

アシストでは、ランブックオートメーションツール「Operations Orchestration」の詳細情報が知りたい方向けに、資料を無料でご提供しています。製品概要やシステム構成、ライセンスの考え方などが網羅的に学べる「Operations Orchestration紹介資料」や、運用業務を自動化した場合のフローについて解説する「運用フローと解説資料」、運用業務を今すぐ確実に自動化するための「自動化のコツ・事例紹介資料」など、多数公開しています。
貴社のご検討状況に合わせてお気軽にお申し込みください。


「Unified Functional Testing」の紹介資料、無料プレゼント中!




人手不足や業務増加により、ツールでできることはツールに任せたい、というニーズが本格化しています。本資料は、Unified Functional Testingを使った大量データ登録の流れや効果が1枚でわかります。
<この資料でわかること>
・自動化による「4つの効果」
・工数の削減が「具体的な数字」でわかるお客様事例
・製品概要やライセンス価格


IT運用の自動化ならアシストにご相談ください

運用オペレーション自動化に関するご相談、資料請求、お見積りなどご要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。お客様のご要望に応じて、専任のスタッフが対応致します。

関連製品/サービス

Operations Orchestration

Operations Orchestrationは、運用担当者のオペレーションを自動化する製品です。8,000を超えるテンプレートと使いやすいGUIで容易に自動化フローを作成することができます。

  • 既存の8,000を超える各種テンプレートで容易に自動化
  • 定型業務の自動化により運用負荷を軽減し生産性を向上
  • ヒューマンエラーによる運用品質ダウンを抑止

詳細へ

Unified Functional Testing

Unified Functional Testingは、GUIおよびAPI(GUIレス)アプリケーションの両方の機能テストを実現するツールです。

  • 回帰テストの効率化とテスト量の確保
  • エビデンス取得も自動化
  • 定期的なデータ登録作業の完全自動化

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る