TOP>製品/サービス>課題から探す>GUI操作を含むオペレーション業務の自動化

GUI操作を含むオペレーション業務の自動化

GUI操作の自動化をあきらめていませんか?

ランブック自動化(RBA)ツールを利用することでCUIによるオペレーション業務は自動化することができますが、GUI操作が必要な場合には人手を介す必要がありました。例えば、受発注システムなどのGUIシステムにログインしてデータ入力するようなケースです。そのため、自動化による効果(作業ミス防止や工数削減)が限定的になってしまうという課題があります。

  • GUI操作の作業工数が減らない。
  • GUI操作における作業ミスが減らない。
  • オペレーションに度々GUI操作をはさむため、業務全体を自動化できない。

GUI操作を含むオペレーションを自動化できない

GUI操作を含む定型業務を自動化します

機能テストツールHPE Unified Functional Testing (HPEUFT)と、ランブック自動化(RBA)ツール HPE Operations Orchestration (HPEOO)を組み合わせることで、GUI操作を含む定型業務全体を自動化することが可能です。

HPEUFTは、機能テストツールとして利用されていますが、データ登録ツールとしても利用可能であり、GUI画面から入力する操作を代行します。マスターデータの移行やメンテナンスで多数の実績があり、HPEOOと組み合わせることで、様々な業務ステップにも対応可能となります。

GUIの受発注システム操作を含む、受発注処理オペレーション全体を自動化する例。オペレーション全体をHPOOで自動化し、GUI操作の部分のみUFTを活用して自動化する。

【お役立ち資料】テストツール 『HPE Unified Functional Testing』とは?



機能テストでよくお伺いする課題や、HPUFTをご利用いただくメリット、概要と特徴、適用フェーズ、自動化の判断、応用的な使い方、価格例、ERPへのデータ登録処理の自動化、活用頂くための充実した支援内容、実績・導入事例などをご紹介した資料です。


【セミナー情報】運用業務にまつわる課題を一挙に解決!

運用自動化を具体的に検討されている方だけでなく、現行の運用業務に漠然と課題を感じている方にもお奨めのセミナーです。
AIやRPAなど様々な自動化技術が巷を騒がせる中、改めて、RBA(RunBookAutomation)の優位性についてシステム運用業界の世情を交えながらご紹介します。国内シェアNo.1のRBAツール「HPE Operations Orchestration」の機能詳細、活用例、導入事例のほか、アシスト直伝のノウハウなどまとめて情報収集いただける機会です。
ぜひご参加ください!


IT運用の自動化ならアシストにご相談ください

運用オペレーション自動化に関するご相談、資料請求、お見積りなどご要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。お客様のご要望に応じて、専任のスタッフが対応致します。

関連製品/サービス

HPE Operations Orchestration

HPE Operations Orchestrationは、運用担当者のオペレーションを自動化する製品です。8,000を超えるテンプレートと使いやすいGUIで容易に自動化フローを作成することができます。

  • 既存の8,000を超える各種テンプレートで容易に自動化
  • 定型業務の自動化により運用負荷を軽減し生産性を向上
  • ヒューマンエラーによる運用品質ダウンを抑止

詳細へ

HPE Unified Functional Testing

HPE Unified Functional Testingは、GUIおよびAPI(GUIレス)アプリケーションの両方の機能テストを実現するツールです。※HP QuickTest ProfessionalとHP Service Testが統合されました。

  • 回帰テストの効率化とテスト量の確保
  • エビデンス取得も自動化
  • 定期的なデータ登録作業の完全自動化

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る