TOP>製品/サービス>課題から探す>ChromebookでWindowsを使う

ChromebookでWindowsを使う

Ericom AccessNowでChrombookからWindowsを利用

◎関連ニュース


Chromebookの業務利用における課題

Chromebookを導入する企業や教育機関が増えている

Chromebookは、必要な操作はすべてChromeブラウザ上で行うため、メモリ/CPU/HDDは通常のPCほど高性能なスペックが必要ありません。「安価」「高い利便性」「強靭なセキュリティ」といったメリットがChromebookの業務利用を促進しています。
海外では、ITリソースや予算が限られている教育機関での導入実績も増えています。


しかし、ChromebookではWindowsアプリケーションが利用できない

Chromebookには「Chrome OS」が搭載されているため、Windowsアプリケーションがインストールできません。Chromebookを業務端末として利用するには、基幹システムやMicrosoft OfficeなどのWindowsアプリケーションや、IEでしか動作しないWebアプリケーションをChrome OS上で動かす必要があります。

しかし、これらのアプリケーションをChromebook対応させるのは、以下の観点から容易ではありません。


●基幹系システムの移行
 基幹システムの多くは、WindowsOSをベースに動作します。簡単にWeb化できるものもありますが、
 自社開発やパッケージ製品をカスタマイズしている場合は、Webへの移行が難しく、場合によっては
 アプリケーションの改修が必要です。膨大な時間とコストをかけてWeb化したとしても、機能の互換性や
 使い勝手が維持できるとは限りません。

●Microsoft OfficeとWeb版オフィスツールとの互換性
 Office 365やGoogle Appsなど、ブラウザベースのオフィスツールはMicrosoft Officeと完全な互換性が
 ありません。WordやExcel、PowerPointの閲覧や編集は可能でも、表示やフォントが崩れたり、Excelの
 マクロ機能が使えないといった事象が発生します。契約文書や提案書を顧客とやりとりする際にこうした
 事象が発生すると、業務に大きな影響を及ぼすため、ブラウザベースのオフィスツールはMicrosoft Officeの
 代替にならない恐れがあります。

●IE限定Webアプリケーションの移行
 IEでしか動作しないWebアプリケーションは、Chromebook(Chromeブラウザ)では利用できません。
 メーカーサポートが終了した古いIEを使っている場合は、いずれにせよアプリケーション延命の仕組みが
 必要です。セキュリティリスクを軽減するために、アプリケーションをインターネットから遮断するなどの
 対応が考えられます。
 ※関連コラム「サポートが終了するIEを仮想化で延命


こうした理由から、Chromebookは未だメインPCとしては利用されずに、外出用のセカンドPC、貸し出しPC、機能を限定したキオスク端末やデジタル・サイネージとしての使われ方が主流となっています。

PC以外の様々なデバイスを活用していくことが求められる今の時代において、基幹システムがWindows以外のプラットフォームで利用できないことは、大きな足かせとなっているのです。


Ericom AccessNowなら、Chromebook上でWindowsが利用できる

Windowsアプリケーションを簡単、低コストにWeb化

Ericom AccessNow (以下、AccessNow)なら、Windowsベースの業務アプリケーションを「簡単」「低コスト」にWeb化できます。
ChromeやFirefoxなどHTML5対応ブラウザと連携することで、アプリケーションが稼働する仮想デスクトップ(VDI)、ターミナルサーバ(RDS/TS)、物理マシンへアクセスできます(※)

仕組みはとてもシンプルで、AccessNowモジュールをアクセス先にインストールするだけです。Chromebookへのモジュールインストール(設定)は一切不要で、Chromeブラウザさえあればすぐにアクセスできます。

  • 対象アプリケーションが、ターミナルサービスのマルチセッションに対応していない場合は改修が必要です。


  図1.アプリケーション配信イメージ



Chromebookとサーバ間の通信は、Windows RDP(リモートデスクトッププロトコル)の画面転送技術が使われます。AccessNowモジュールが、RDPをHTML5へ変換し、サーバ側で実行されたアプリケーションの実行画面だけをChromebookへ転送します。端末側にはキャッシュすら残らないため、情報漏洩リスクを低減します。

AccessNowなら、アプリケーションを改修することなく、簡単にマルチデバイス対応できるため、管理者の運用管理負荷を減らしながらBYODをも実現します。

以下の効果も期待できます

  • ChromebookをメインPCとして利用
    Chromebook上で、あらゆる業務アプリケーションを動かせるため、インターネット利用に限定したセカンドPCとしてではなく、業務で利用するメインPCとして利用できます。端末コストはWindows PCよりも安価なため、導入コストも削減します。

  • Chromebookをシンクライアントとして利用
    Chromebookを、仮想環境へアクセスする専用端末(シンクライアント)として利用できます。Chrome管理コンソールを活用すれば、細かなセキュリティ制御が可能。特定のWi-Fiへのアクセスのみ許可したり、ホワイトリストで接続先を管理したり、ローカルドライブへのデータ保存やUSBメモリの使用を禁止するなど、シンクライアントとしての利用に適したセキュリティ設定を施すことができます。民間企業に限らず、教育機関でも安全にご利用いただけます。

AccessNowの特長

1.安価な導入コスト

AccessNowのライセンス費用は、1ユーザあたり12,360円(税別)~です。一般的なクライアント仮想化ソリューションと比較すると、約3分の1程度の価格です。

製品名 1ユーザ単価 保守単価
Ericom AccessNow 同時ユーザ(10~99) ¥22,320 ¥4,018
Ericom AccessNow 同時ユーザ(100~499) ¥20,040 ¥3,607
Ericom AccessNow 同時ユーザ(500~999) ¥18,360 ¥3,305
Ericom AccessNow 同時ユーザ(1,000~2,499) ¥16,920 ¥3,046
Ericom AccessNow 同時ユーザ(2,500~4,999) ¥16,080 ¥2,894
Ericom AccessNow 同時ユーザ(5,000~) ¥15,600 ¥2,808
Ericom AccessNow 指定ユーザ(10~99) ¥12,360 ¥2,225
Ericom AccessNow 指定ユーザ(100~499) ¥11,160 ¥2,009
Ericom AccessNow 指定ユーザ(500~999) ¥10,080 ¥1,814
Ericom AccessNow 指定ユーザ(1,000~2,499) ¥9,360 ¥1,685
Ericom AccessNow 指定ユーザ(2,500~4,999) ¥8,880 ¥1,598
Ericom AccessNow 指定ユーザ(5,000~) ¥8,640 ¥1,555

  • 同時ユーザライセンスとは、AccessNowの機能を同時に利用するユーザ数に対するライセンスです。
  • 指定ユーザライセンスとは、AccessNowの機能を利用する全ユーザ数に対するライセンスです。
  • 新規/追加ともに10ユーザ以上、1ユーザ単位の販売となります。(例:8ユーザの購入は不可、11ユーザの購入は可能)
  • 保守単価は1ユーザあたりの1年間分の価格です。月単位のご購入はできません。

2.優れたユーザビリティ

AccessNowは、「ローカル印刷、クリップボード、ファイル転送、Ctrl+C等のコンビネーションキー、タブレット利用時のタッチジェスチャの機能」などを有しており、ローカルでアプリケーションを利用する時と変わらない使い勝手を実現します。

3.低帯域でも高速レスポンス

AccessNowは、Ericom社が独自に開発したRDPアクセラレーターの仕組みを実装しており、低帯域ネットワークでも快適な画面表示を実現します。モバイルデバイスのアクセス環境でも、十分なパフォーマンスを発揮します。

4.教育機関や企業の採用実績が多数

AccessNowは、ChromebookからのWindows利用において数多くの採用実績があります。

  • The Perse School(大学)
    Chromebookを30台導入。授業でのIT活用、セキュリティの向上、ヘルプデスクの負荷軽減を実現
  • Jackson School地区(K-12)
    Chromebookを700台導入。既存仮想化ソリューションからの置き換えにより、ITコストの40%削減と管理負荷軽減を実現
  • Bradford CentralSchool(K-12)
    Chromebookを125台導入、Windowsアプリケーション資産はそのまま活用しつつ、BYODを実現
  • Hapeville Charter School(K-12)
    Chromebookを200台導入。AccessNowを導入し、1,200名の生徒のIT利用可能率が400%向上
  • Quality Distribution(物流)
    3000人の従業員に対して、Google AppsとAccessNowを導入し、BYODを実現。一部でChromebookを利用

AccessNowの体験デモサイト

HTML5対応ブラウザから、Windows用アプリケーションやデスクトップ環境が利用できるデモサイトです。
Chromeだけでなく、あらゆるHTML5対応ブラウザからご利用いただけます。

  • デモサイト側の制限で一部アプリケーションが英語GUIになっていますが、AccessNowは日本語環境でも稼働します。




以上、「あらゆるアプリケーションを簡単にWeb化し、Chromebook上でWindowsOSを動かす方法」について
ご紹介しました。

ChromebookとEricom AccessNowを併用すれば、お客様の既存資産を改修することなくBYOD化が実現できます。
管理者の運用負荷を気にする必要が無い、費用対効果の高いソリューションです。是非、ご活用ください。



本ページに関するお問い合わせや、「ChromebookのWindows利用」に関するご相談、Ericom AccessNowの製品説明デモンストレーションなどご希望の方は、お気軽にご相談ください。


Ericom AccessNowについて詳しく知りたい方へ

Ericom accessnow


製品情報はこちら

AccessNowのシステム構成やデモンストレーション動画、関連コラムなどご紹介しています。

ericom accessnow資料のダウンロード


資料ダウンロードはこちら

下記資料を一括でダウンロードいただけます。
 ・AccessNow事例集(大規模導入事例)
 ・AccessNow紹介資料(特長、機能、導入構成、事例など)

ericom accessnow評価版のダウンロード

無料評価版ダウンロードはこちら

 ・インストールしてから「30日間」すべての機能が利用可能
 ・最大同時アクセス数は「50ユーザ」

30日間経過後は評価版ライセンスキーが無効になります。購入したライセンスをアクティベーションすると、同じ環境を継続してご利用いただけます。

お見積り/お問い合わせ


お問い合わせはこちら

Ericom製品全般に関するご相談、製品説明のご要望など、お気軽にお問い合わせください。




Ericom中途社員募集

募集要項のほか、仮想化ビジネス責任者挨拶や先輩中途社員インタビューをご覧いただけます。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る