アシスト基幹刷新の取り組み

  • 実装段階
  • DXへの取り組み
2023.04.14

SAP S/4 HANA導入プロジェクトの軌跡。まずは概要です。

SAP S/4 HANA導入プロジェクトの軌跡。まずは概要です。

皆さん、はじめまして。
アシストで営業を担当している東日本営業本部の真下(ましも)と駒形(こまがた)です。
これから私たちがインタビュアーとなってアシストの基幹システム刷新の取り組みついて発信していきます。

はじめに簡単に概要を紹介します。

アシストでは2019年に顧客情報や販売予測を管理する営業支援システムをSaleforceに移行しました。
また、2022年から販売管理と会計のシステムを刷新するためのプロジェクト(社内名称:NEXISプロジェクト)を立ち上げました。

アシストではスクラッチ開発の販売管理(社内名称:AMIS)システムを20年以上に渡り使ってきました。(NEXISプロジェクトはNEXT AMIS検討プロジェクトの略)
また会計システムは会計パッケージのSMILEを使ってきましたが、今回それを統合、再構築します。

これから発信するのはこのNEXISプロジェクトで基幹システムをSAPで刷新するお話しです。

新しいシステムはSAP S/4HANA Cloud, private edition(RISE with SAP S/4HANA Cloud, private edition)を利用し、Fit to Standardの方針で新たに構築していきます。
このブログを通じてアシストでのシステム構築の軌跡を発信していきます。
技術的なことやうまくいったことだけでなく、調整ごと、うまくいかなかったこと、工夫したこと、困ったことなども発信していきたいと考えています。
このブログを見て、「なるほど」、「ウチもそこ困ってます」、「SAPあるあるだわ」などと参考にしていただいたり、共感していただければ嬉しいです。

また気になる点は弊社までお問い合わせください。
それではどうぞお楽しみに!


プロジェクト概要

構築領域 受注、契約、発注、出荷、請求、入金、財務会計、管理会計
利用パッケージ SAP S/4HANA Cloud, private edition(RISE with SAP S/4HANA Cloud, private edition)
関連システム ・フォーキャスト管理(Salesforce)から見積もり情報の連携
・楽楽精算など外部サービスからの会計へのデータ連携
・名刺管理(HotProfile)、会社情報(uSoner)からの顧客情報の連携
・支払いなど銀行システムへの連携
・経営ダッシュボードなど情報系システムへの連携
など
スケジュール概要 2021年9月~2022年9月 業務の棚卸、基本計画策定、As-Is整理、ERP検討選定、SAP実装ベンダー選定
2022年10月~12月 To-Be設計、チームビルディング、SAP環境構築
2023年1月~12月 会計(債権管理除く)の基本設計・業務プロセス定義・プロトタイピング・開発・テスト
2023年5月~ SAPマスタ検討、定義
2023年6月~2024年1月 販売 / 購買管理の基本設計・業務プロセス定義・プロトタイピング・開発・テスト
2024年1月 会計 先行運用開始
2024年1月~8月 債権管理・管理会計開発、会計 / 販売 / 購買管理連携対応
2024年9月 販売 / 購買管理

構成イメージ

構成イメージ


執筆者情報

​真下 悦拡(ましも よしひろ)
東日本営業本部 東日本営業統括部

粘り強い営業に定評あり。同世代のエース。



駒形 美鈴(こまがた みすず)
東日本営業本部 テクノロジー営業統括部

童顔からは想像できないキレキャラ。番犬的存在。


関連している記事

  • 実装段階
  • DXへの取り組み
2024.01.18

SAP S/4HANA導入の道のり ~会計編2~

アシストは基幹システムの刷新に取り組んでおります。SAP導入を決断するに至るまでにどのような経緯、プロセスを経たのでしょうか。基幹システム刷新プロジェクトを率いる岡田、石倉に聞いてみました。

  • 実装段階
  • DXへの取り組み
2023.11.27

SAP S/4HANA導入の道のり ~会計編1~

アシストは基幹システムの刷新に取り組んでおります。SAP導入を決断するに至るまでにどのような経緯、プロセスを経たのでしょうか。基幹システム刷新プロジェクトを率いる岡田、石倉に聞いてみました。

  • 実装段階
  • DXへの取り組み
2023.07.07

アシストが抱える業務面、システム面の課題について ~後編~

第3回では業務プロセス面、システム面でどのような課題を抱えていたのか経営企画本部の林、沖に話を聞きました。それらの課題を解決するために新たなシステムにはどのようなTo-Be像を描いているのか前回に続き両名に話を聞きます。

ページの先頭へ戻る