TOP>SAPシステムソリューション

SAPシステムソリューション

のまわりソリューション for SAPシステム

のまわりソリューション for SAPシステムとは


SAPをお使いのお客様のために、アシストがお役に立てること。



アシストでは、世界各国から開発生産性を向上させるツール、開発・運用品質を向上させるツールを調査・検証し、日本国内に提案をして参りました。それらツール群はSAPとのインターフェースを持つものが多く、この度、それらを取りまとめ、再検証し「のまわりソリューション for SAPシステム」としてSAPプロジェクトに関わる皆様にご提供します。

のまわりソリューション for SAPシステムでは、SAPの実環境を自社に構築し、各取扱製品の技術担当者がSAPでの稼働検証を日々行っています。検証結果を基に、弊社技術者がお客様に対して、より速く、より良い提案・ご助言ができるよう努めています。

また、安心してお任せいただけるよう、アシストはSAP PartnerEdgeプログラム(※)において、Service Authorization-SAP HANAパートナーに認定されました。

のまわりソリューション for SAPシステム

  • SAP PartnerEdge プログラムは、パートナー企業とSAPを結ぶグローバル共通の包括的なプログラムです。アシストでは、本パートナーシップにより、SAP関連製品の検証環境を充実させ、顧客企業向けのサービス、ソリューションの開発を拡充していく予定です。

SAPプロジェクトの成功の鍵


SAPシステムを新規に導入、またはSAP S/4HANAへ移行するには、数多くの検討項目があります。全てのフェーズ、検討項目において、いかに標準化、自動化に取り組むことができるかが、短納期かつ低コストでプロジェクトを遂行する鍵となります。


企画・要件定義フェーズ 実装フェーズ 運用・サービスフェーズ


アシストは、「企画・要件定義」「実装」「運用・サービス」の3フェーズに大きく分けて、各フェーズでお客様の環境に適したソリューションをご提案します。

お気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。


企画・要件定義フェーズ


1-1 移行アセスメント 1-2 検証環境の構築

1-1.移行アセスメント


移行検討時には次のような課題をよくお聞きします。

  • 移行にあたりスコープ定義、必要なリソースやコストを正確に把握するために時間を要する
  • 正確な情報を得るために膨大なSAPNoteを追跡する必要がある
  • 各社各様のアセスメント方式のため、複数の分析内容について単純な比較を行うことが難しい

解決するためには

ツールを活用したスピーディな影響分析

SAPバージョンアップの影響度を迅速に調査

SAPシステムの利用状況や移行に伴う影響分析を自動解析し、プロジェクトの期間短縮、リスク低減、コスト削減の実現に寄与します。


1-2.検証環境の構築


検証環境を構築する際に次のような課題をよくお聞きします。

  • 本番環境からテスト環境にデータの複製を作ること自体に時間がかかる
  • 繰り返しテストのたびにデータの初期化が必要だが時間がかかる

解決するためには

簡単にテストデータ環境を構築

テストデータ準備に着目した工数削減ソリューション

移行時には、本当に実現可能かを機能検証する環境(サンドボックス)を構築する場合があります。SAP環境に合わせたデータを簡単に準備できるソリューションです。


実装フェーズ


2-1 データ移行 2-2 アドオン削減・生産性向上 2-3 テスト効率・QCD向上

2-1.データ移行

SAPと周辺システムとのデータ連携


SAPと周辺システムとのデータ連携では、次のような課題をよくお聞きします。

  • SAP側のI/FであるABAPと連携先のシステムのI/Fの双方の知識を習得する必要がある
  • プロトコル変換等、アドオンでの実装が必須ではない部分にABAPerリソースを割きたくない
  • システム間のデータ項目マッピング設定や、エラー発生時の対応を共通化したい

解決するためには

複雑なデータ処理をノンプログラミングで実現

多種多様なデータ連携を実現するには

SAPはもちろんのこと、それ以外にも50を超える多種多様なアダプタを利用でき、様々なプロトコル/アプリケーションへの連携を実現できます。マッピング設定やエラーハンドリングもすべてGUIで定義でき、データ連携基盤としても利用できます。


2-2.アドオン削減・生産性向上

生産性向上


アドオン開発の削減や生産性向上は、どんな業界においても大きな課題の一つです。

  • ERP6.0からS/4HANAへのコンバージョン時における現行アドオンの見直し
  • アドオン開発しない新規構築を検討したいが、日本または会社独自の商習慣や規則などに対応するため、アドオン開発は避けられない

解決するためには

高生産性ツールを活用したアドオン開発の外出し

開発期間の削減、メンテナンス効率を向上

アドオン開発の代わりにビジネスルールエンジンを用いて、SAP本体に手を加えずに外出し開発することにより、複雑な業務ルールの可視化とアドオン開発の削減に寄与します。


可視化


SAPにより全てのデータがリアルタイムでつながることで、様々な経営判断、意思決定をスピーディに行うためのデータの可視化が重要になってきます。可視化のニーズは見る人の立場や役割により様々に変化するため、可視化機能自体にもスピードが求められています。

多くのお客様から、SAPの周辺システムのデータも含めて横断的に可視化したい、というご要望をお聞きします。

解決するためには

エンタープライズBIツールによるSAPを含めた全社可視化基盤の構築

セルフサービス分析とレポーティング

経営者/管理者向けのダッシュボードから、現場担当者向けの業務帳票まで、SAPデータ、非SAPデータを問わず全てのデータを横串にした可視化基盤を、GUIにより短期間で構築することで、開発、メンテナンス効率を格段に向上することができます。


この他、複雑な外部システムとのインターフェース開発には、100%GUI開発可能なデータ連携ツール「DataSpider Servista 」を活用することでABAP開発者に頼ること連携部分開発を行うことが可能です。

お気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。



2-3.テスト効率・QCD向上

テストデータ準備


国内、海外様々な拠点で大規模に利用されるSAP S/4HANAシステムは、稼働前に十分なテストを行い、品質を担保する必要があります。

  • 本番環境からテスト環境にデータの複製を作ること自体に時間がかかる
  • 海外ロールアウト、バージョンアップなどの度に繰り返しテストをする必要があるが、要員確保が難しい
  • 繰り返しテスト毎にデータの初期化が必要だが時間がかかる

解決するためには

データベース仮想化技術により、即座に大量の本番データを複製

テストデータの準備工数を90%削減し、ストレージも3分の1に

テスト実施者がセルフサービスで、いつでも任意の時点のテストデータの作成ができ、かつテスト前のバックアップとテスト後のデータのリセットもマウス操作のみで実施できるため、テストの品質と効率を大幅に向上させることができます。


機能テスト


機能テストを実施する際には、次のような課題をよくお聞きします。

  • QCD向上のため、限られた期間でできるだけ多くのテストを実施する必要がある
  • テスト実施時のエビデンスの取得に多大な負荷と時間が発生する
  • 海外拠点等へのロールアウト時においても機能テストに構築時と同様の期間と工数を要する
  • SAP S/4HANA導入後は、定期的なアップデートに対応していく必要がある

解決するためには

アドオン開発やバージョンアップ、パッチ適用などあらゆる回帰テストを自動化

限られた時間・リソースで品質を保証

Fiori、SAP GUIいずれにも対応し、多彩なテスト補助機能を有し、短期間で効率的な試験が可能です。ワールドワイドで900社以上、国内でも20年以上の実績を持つ機能テストの自動化ツールです。


性能テスト


性能テストを実施する際には、次のような課題をお聞きします。

  • サイジングは十分に行っているが、受け入れ時には実運用を想定した確認をしておきたい
  • HANAの性能がどこまで活かせるか
  • Fioriの利用は初めてのため、サーバ負荷はどの程度か把握したい
  • 想定外の事象が発生した場合の性能を測りたい

解決するためには

最小限のリソースで実環境に即した性能テストを実現

ノンコーディングで性能テスト用のスクリプトが開発可能

Fiori、SAP GUIいずれにも対応しています。S/4HANAの新機能であるFiori導入の際にユーザー側の受入テストにおいて、サイジング通りの性能が担保できているかの負荷テストを人手をかけずに自動化することができます。


お気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。



運用・サービスフェーズ


3-1 データ活用 3-2 運用効率標準化 3-3 ロールアウト

3-1.データ活用

データ探索


SAPのデータ活用では次のような課題をよくお聞きします。

  • SAP含めデータソースが多岐に渡り、データの集約が必要
  • アウトプットに長時間要する
  • 網羅的な検索、分析を実施したい
  • 自部門のみで分析基盤を構築・運用したい

解決するためには

SAPを含む複数のデータソースを高度に分析

データ活用を強化するプラットフォーム

連想技術により、あらゆるデータを集約、統合。シームレスにデータ探索を行う事ができます。分析データの準備から画面開発までノンプログラミングにて対応。利用部門自身での作成が可能です。

3-2.運用効率標準化

ジョブ実行管理


SAPと周辺システムとのジョブ実行管理では、次のような課題をよくお聞きします。

  • 複数SAPシステムや周辺システム(Windows/UNIX)との連携処理を容易に実現したい
  • ジョブを分岐させたり、並列処理を待ち合わせるフローで実行したい
  • 業務が異常終了した際に、リカバリ処理(別プログラムの実行)やメール通知を自動で実行したい
  • アプリケーションエラーやファイル更新などのイベント発生をトリガーに処理を実行させたい

解決するためには

複数のSAPシステムや周辺システムの処理連携を一元管理

業務を自動化/効率化し、コスト削減と高信頼な業務システムを実現

複数SAPシステムや周辺システムの処理連携を、統一したインターフェースで一元管理・制御できます。ジョブの待ち合わせ、リカバリ処理、イベントトリガーなど、多彩な機能で複雑なスケジュール制御もできます。SAPを含め、10,000ジョブ/日以上の処理性能を求められる大規模ジョブでの運用実績など数多くあります。


運用オペレーション自動化


運用フェーズでは、次のような課題をよくお聞きします。

  • 組織変更時にSAPシステムにユーザーを登録したり、権限の変更作業を大量に実施する必要がある
  • マスターの操作や四半期処理、年次処理など稀な操作の際、処理手順を忘れて誤操作が頻繁に発生する
  • ユーザーのパスワードロック時の解除等、ヘルプデスク部門の負荷が高い

解決するためには

運用オペレーション自動化の統合プラットフォーム

手作業を簡単に自動化し、自動化の定義や実行結果を統合的に管理

SAPに対する操作がテンプレートとして準備され、ノンコーディングで自動化したい処理の作成、展開できます。管理画面からの実行だけでなく、URLのクリックによる実行やAPI連携、コマンド実行なども可能なため、運用に合わせた柔軟な自動化を実現します。


操作ナビゲート


運用フェーズにおいては、新たなシステムがスムーズに本番稼働することが何より重要ですが、利用ユーザーからは以下のような課題をよくお聞きします。

  • 伝票作成に必要な値をどこに入力すべきか迷う
  • 業務担当者がSAP標準の言葉を理解できないケースが多い
  • SAP教育を受講しても利用方法を把握しきれない

解決するためには

SAP GUI /Fioriにビルトインされた操作ガイドシステム

操作マニュアルと集合研修からセルフ操作ガイドへ

画面の操作方法を操作ガイドとしてステップバイステップで指示してくれる仕組みが「テックタッチ」です。操作ガイドは、プログラミング不要でシステムの画面上で簡単に作成できます。利用ユーザとヘルプデスクの対応工数を大幅に削減することが可能です。


3-3.ロールアウト


グローバルの多拠点に順次展開(ロールアウト)する場合、先行する拠点の開発環境または検証環境のSAPで、パラメータやシナリオ、設計文書などをテンプレートとしてまとめ、そのノウハウを移送することになります。受け取ったSAPでは開発環境でテンプレートをインポートし構築します。ロールアウト時には、次のような課題をよくお聞きします。

  • ロールアウト時のデータ移行に手間がかかる
  • 元となる拠点でも様々な改修やテストは進行しているため、任意の静止点でデータの整合性をとるのが難しい
  • データの移行作業は、拠点数分で複数回、繰り返し行うには多くの工数が必要

解決するためには

簡単にテストデータ環境を構築

テストデータ準備に着目した工数削減ソリューション

移行時には、本当に実現可能かを機能検証する環境(サンドボックス)を構築する場合があります。SAP環境に合わせたデータを簡単に準備できるソリューションです。



この他、同じパラメータ設定、同じマスタで同一テストを繰り返し実施する場合には「UFT One 」や「LoadRunner 」を利用することで、作業効率をアップすることができます。
お気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。


アシストの課題別ソリューション


アシストの課題別ソリューション一覧に戻る場合は以下の画像をクリックしてください。

お問い合わせ


ページの先頭へ戻る