TOP>製品/サービス>課題から探す>最適なタイプを自己診断!テレワークセキュリティ対策の3つの解決策

最適なタイプを自己診断!テレワークセキュリティ対策の3つの解決策

コロナ禍で急遽テレワークを導入したり、拡大したことによる課題はありませんか。「テレワーク環境の使い勝手が悪く生産性が下がっている」「他社と同じサイバー攻撃被害に合うのではないか」「対策するにもコストや既存システムとの兼ね合いがある」といった課題は、どの組織でも共通しているのではないでしょうか。アシストは、十分な利便性とセキュリティを担保しつつ、コストを抑えた用途別のテレワークソリューションをご提案します。最適なタイプは、簡単なフローチャートで確認してみましょう。

よくあるテレワークの課題

利便性課題

  • 導入したテレワークシステムは「使いにくい」と不評
  • Web会議の音が切れる、VPN接続が不安定
  • 直接インターネットを利用したほうが早いため、VPNを使ってくれない

セキュリティ課題

  • マルウェア対策はパターンマッチングのみ
  • 端末、VPNサーバなどの脆弱性が攻撃されるリスク
  • 端末紛失による情報漏洩リスク
  • VPN接続で社内ネットワークの全リソースが露出されるリスク
  • RDP接続時の情報漏洩リスク

コスト課題

  • VPN、回線、セキュリティ機器は簡単には増強できない
  • テレワーク用にモバイル端末を配布したいが、BYODをずるずると継続している

これらの課題を解決する最適解は、環境や用途によって異なります。
以下の簡単なフローチャートで、目的や用途に最適なソリューションを確認いただけます。


1.テレワーク安全、快適ソリューション

社給のモバイル端末とVPNという一般的なテレワーク構成をベースにしつつ、セキュリティ強化とユーザーの利便性の面を補強したい方向けのソリューション。社給端末の強固なマルウェア対策、情報漏洩対策、そして、インターネット環境を社内と同等に安全に利用できる疑似閉域網化で一般ユーザーにとって安全で快適なテレワークを実現します。


  • BlackBerry Protect(旧:CylancePROTECT)

2.BYODテレワークソリューション

テレワーク用のモバイル端末を用意できないため、BYOD端末からアクセスさせたい場合や、業務委託先にもリモートアクセス環境を提供したい場合に最適なシンクライアントのソリューションです。多要素認証を追加して認証強化して不正アクセスを防止しつつ、ユーザーグループごとに許可されたアプリケーションのみのアクセスを提供します。BYOD端末利用時であっても情報漏えいにつながる恐れのあるファイル転送や、コピー&ペーストの制御など、テレワーク環境に必要なセキュリティを妥協することなく実現します。


3.セキュア・ワークスペース・ソリューション

大量の個人情報を扱う業務を行う、特権ユーザーによるリモートからのシステム保守など、厳重なアクセスセキュリティとデータの持ち出し制御を必要とする場合のソリューションです。画面転送、多要素認証、アプリケーション単位のアクセス制御を提供し、さらには作業内容を動画ログに残して監査証跡として利用できます。まるで物理ルームのように堅牢なワークスペースを提供します。



テレワークソリューションについて詳しく知りたい方は、ご相談ください。

関連製品/サービス

Ericom

Ericomは、どこでも・どんなデバイスからでもWindowsデスクトップやアプリケーションへのセキュアなアクセスを可能にします。高価なVDIの代替、多様な端末からの業務アプリケーション利用、ISVによるWindowsアプリケーションのサービス提供、VPNを使わずにブラウザから社内の業務環境にアクセスしてテレワークといった用途に利用できます。

  • 次世代のコネクションブローカー
  • 業界初のHTML5対応、ブラウザだけでデスクトップ接続
  • プロトコル製品のみの購入も可能

詳細へ

秘文

情報漏洩リスクから企業を守るセキュリティ・ソフトウェア。情報を暗号化し、不正利用を防止する紛失・盗難対策をはじめ、各種デバイスやメール添付ファイル、Webアップロード、マルウェアなどからの情報持ち出しや流出を制御します。

  • 実績豊富なセキュリティ対策 (暗号化/持ち出し制御)
  • PC、メール、Webからスマートデバイスまで幅広く対応
  • 1ライセンスから購入可能なライセンス体系

詳細へ

Tenable

オンプレミスからクラウド、IoTにまで広がる企業のIT資産全てを可視化。膨大な数の脆弱性に対し、高度な優先順位付けを行うことで、リスク管理の負荷を大幅に削減します。

  • 適切に優先度を絞る、独自のスコアリングシステム
  • 多くの脆弱性と、幅広い環境に対応
  • 他社と比較できる、客観的評価オプションを搭載

詳細へ

iDoperation / iDoperation SC

特権ID管理ソリューション「iDoperation(アイディーオペレーション)」は、国内No.1※のシェアを誇る国産製品です。特権ID管理に必要な機能を1つのパッケージで実現し、お客様のセキュリティ・ガバナンス対応を強力に支援します。 ※出典:富士キメラ総研「2014-2020 ネットワーク セキュリティビジネス調査総覧」(2013 年度~ 2019年度)

  • 特権IDの把握と管理
  • 特権IDの利用と制御
  • 特権IDの点検

詳細へ

お問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご質問やご相談の内容をお知らせください。オンラインでのお打ち合わせも承ります。

セキュリティに関するその他の課題

ページの先頭へ戻る