TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>デスクトップ仮想化/アプリケーション仮想化>Ericom>製品情報>Ericom Connect

Ericom

Ericom Connect

Ericom Connect

Ericom Connectは、世界で初めてグリッドアーキテクチャをコネクションブローカー(管理サーバ)に採用し、10万ユーザ規模のクライアント仮想化環境もシンプルな構成で実現する革新的なアクセスソリューションです。
エンタープライズレベルのスケーラビリティと高い管理性を求める企業、デスクトップやアプリケーションをサービス提供するクラウドプロバイダー、限られたITリソースでマルチデバイス環境に業務アプリケーションを提供したい企業にとって最適です。


Ericom Connectとは

世界初! 常識を打ち破る最先端テクノロジーで「10万同時アクセス」を実現

従来のクライアント仮想化製品は、「限定的なスケーラビリティ、複雑な運用管理、導入期間の長期化」といった課題を克服できずにいました。しかしEricom Connectはこの常識を打ち破ります。

Ericom社は、競合他社や自社の従来製品が採用していた標準的なアーキテクチャを一新して、グリッドアーキテクチャをベースとした、全く新しい製品「Ericom Connect」を開発。コネクションブローカー1台で10万アクセスの処理を実現しました。これまでの「低価格」、「シンプルな構成」といった特長に加えて、従来製品の100倍にあたる「処理性能」や「拡張性」、さらには高い「運用性」が加わったことで、数十万人規模の大企業、グローバル企業やサービスプロバイダーまで利用対象を拡大。あらゆる企業がクライアント仮想化ソリューションとして採用できるようになったのです。


構築・運用の負荷を大きく軽減

Ericom Connectは構築から運用に関わる設定はすべて、専用のWeb管理コンソール上で行います。管理者はどんな規模で使っていても最小限の工数で、効率的な運用を実現します。

また、ユーザやシステムの利用状況は、SQL Serverにログデータとして蓄積されており、Web管理コンソールから利用できる豊富な定型レポートを使ってシステム管理やトラブルシュートに役立てられます。さらに、ユーザのセッションをシミュレーションする機能が新たに加わり、ユーザの接続上のトラブルの際には、事象の再現と原因分析をWeb管理コンソール上から即座に実施することが可能となりました。

システムの基本構成は以下の通りです。


architecture

システムの中核となるConnectサーバが、ユーザセッションのコントロールを行います。ユーザが利用するデバイスに最も適したアクセス方法を提供するとともに、管理者が予め定義したポリシーに基づいて、適切なアプリケーションやデスクトップをユーザへ配信します。

仮想化製品の多くは、ユーザ数が増えるほどシステムが煩雑化します。しかし、Ericom Connectは上記のシンプルな構成を変えずに利用規模を拡張していくことができます。Connectサーバを冗長化する際も、専用のロードバランサも不要です。


Ericom Connect特長

特長1:低コスト

reasonable

Ericom Connectのライセンスには2つのエディションがあります。
ほとんどのユーザニーズを充足できるProfessional Editionの価格は、同等の機能を有する他社製品と比べて3分の1程度に抑えられています。
また、コネクションブローカーの高い処理性能と、他社製品よりも3割程度も少ないサーバ数でシステムを構成できることから、ハードウェアコストと運用コストを抑えることができます。

特長2:シンプルな構成・運用

symple


Ericom Connectは独自の高速処理性能を備えたグリッドアーキテクチャを採用し、性能に優れたコネクションブローカーを開発した結果、シンプルでコンパクトなシステム構成を実現しました。
そのため、どのような利用規模であっても短時間で導入でき、Web管理コンソールを使って効率的な運用が行えます。

特長3:無限のスケーラビリティ

scalability

1台のコネクションブローカーが処理できるユーザ数が数千以上になるとシステムは複雑化し、運用負荷もコストも高くなるというのがこれまでのクライアント仮想化ソリューションでした。
Ericom Connectのコネクションブローカーは、1台で10万ユーザのアクセスを処理します。さらに2台以上で構成すれば、冗長性を確保しながら、シンプルな構成を維持しつつ無限に処理能力を拡張していくことが可能です。

特長4:あらゆるデバイスですぐに使える

ユーザデバイスにHTML5対応のブラウザさえあれば、専用クライアントを一切インストールせずに、アプリケーションやデスクトップを利用できます。Mac、Linux、Chromebook、タブレットデバイス等、あらゆるデバイスから即座に利用できるため、ワークスタイルの変革、在宅勤務、BCP対策、BYOD等で効果を発揮します。
利用するデバイスならではの拡張機能が必要であれば、Ericom Connect専用のクライアントモジュールをインストールすることも可能です。

特長5:マルチテナント対応

multi-tenant


クラウド事業者や企業グループで利用する際に、1つのクライアント仮想化インフラを、テナントの共通インフラとして利用することが可能です。
Ericom Connectの処理性能の高さを活かし、少ないサーバ台数で構成されたシステムでも多くのテナントにサービス提供が可能となり、大きなコスト削減と管理性の向上を実現します。


Ericom Connect製品エディション

Ericom Connectは、お客様のご要件に合わせて導入いただけるよう、2つのエディションで構成されています。

  • Ericom Connect Enterprise Edition(上位エディション)
     Ericom Connectのすべての機能が利用可能です。
  • Ericom Connect Professional Edition(下位エディション)
     一般的に利用される機能が利用できますが、一部の機能に制限がかかっています。


Ericom Connectの導入を検討されているお客様向けに、「Ericom製品概要資料」を無料でご提供しています。
Ericom Connectを含む全製品の特長や活用例についてご紹介するだけでなく、ホームページで公開していない情報も満載ですので、是非ご利用ください。

⇒ 「Ericom製品概要資料」の詳細を見る



Ericom Connect製品情報

機能比較表

Ericom製品のエディション別機能比較表はこちら

システム要件

Ericom製品のシステム要件はこちら

価格

Ericom製品の価格情報はこちら

FAQ

Ericom製品のFAQ(よくあるご質問)はこちら

概要

Ericom製品の概要や関連コンテンツはこちら

製品情報

Ericom製品の特長や全製品ラインナップはこちら

事例

Ericom製品の国内/海外導入事例はこちら

パートナー一覧

Ericom製品の国内販売パートナー一覧はこちら


Ericom Connect関連コンテンツ

1.対談コラム

2.セミナー開催報告


Ericom製品のダウンロードサービス、セミナー情報、問い合わせについて

Ericomダウンロード

Ericom製品の詳細が分かる資料や、製品を30日間試せる評価版を無料でご提供しています。
お申し込みはこちら

Ericomセミナー

Ericom製品の概要やメリット、活用法をご紹介する無料セミナーを定期開催しています。
セミナー開催日程はこちら

Ericomお問い合わせ

Ericom製品に関するご質問やご相談、お見積依頼などはこちらから。
お客様のご要望に応じて、専任のスタッフが対応させていただきます。




Ericom中途社員募集

募集要項のほか、仮想化ビジネス責任者挨拶や先輩中途社員インタビューをご覧いただけます。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る