ITセキュリティ女子のブログ

  • サイバー攻撃
  • エンドポイントセキュリティ
2019.02.13

仮想セキュリティルームの5つの情報漏えい対策

個人情報や機密情報を仮想デスクトップ環境でのみ取り扱う「仮想セキュリティルーム」は、既存システムに大幅な変更を加えずに導入可能です。物理的なセキュリティルームと比較しながら、そのセキュリティの高さを確認してみましょう。

  • エンドポイントセキュリティ
2019.02.11

図説!AWSの安心運用に「特権ID管理」が効く理由

AWS、Azure、Googleなど、クラウドインフラを利用する企業が増えています。そこで今回はクラウドサービスの中でもシェアの高いAWSに注目し、安心してAWSを運用する秘策「特権ID管理」について、わかりやすく図を使って解説します!

  • エンドポイントセキュリティ
2019.01.17

お手軽データ交換機能に要注意!Windows 10の「近距離共有」に潜むリスク

今、多くの企業で展開中のWindows10。近くにいるユーザー同士で気軽にデータ交換ができてしまう「近距離共有」の使い方と、そこに潜むセキュリティリスクについてご紹介します。

  • サイバー攻撃
  • エンドポイントセキュリティ
2019.01.16

VDI方式のテレワークなら安全?4つのセキュリティリスクとは

VDI(仮想デスクトップ)方式のテレワークは、セキュリティが高いといわれていますが、実は注意するべきセキュリティリスクがあります。しっかりとチェックをして対策しましょう。

  • サイバー攻撃
  • エンドポイントセキュリティ
2018.12.03

長谷川、病院の情報セキュリティ対策を学ぶってよ。

多くの病院が情報漏えい対策などセキュリティ対策に実施しているネットワーク分離。その欠点である「利便性の低下」を解消する方法について、先輩に詳しく教えてもらいました!

  • エンドポイントセキュリティ
2018.11.29

【情シスに聞いた】アシストのWindows 10大型アップデート(FU)対応事例(1) ~方針とフロー編~

2020年1月のWindows 7サポート切れを視野に、アシストでもWindows 10展開に取り組んでいます。そこで多くのお客様で話題となるWindows 10の大型アップデート(FU)の対応方針について、情報システム部に聞いてみました。

  • ログ分析/ログ管理
2018.11.13

【開発者に聞いた】AIをログ分析に取り入れるための課題

企業のログ分析基盤を提供する開発メーカー様から、AI適用に関する現在進行中の苦労話と期待感を伺いました。汎用パッケージ化するには、AIならではの困難な課題があるようです。

  • サイバー攻撃
  • エンドポイントセキュリティ
2018.11.12

[翻訳版]ポリモーフィック型マルウェアとは?その特徴と対処方法

ポリモーフィック型マルウェアとは、実行するたびにコードを変更することで、従来の検知型セキュリティソリューションなどの検出を回避する、感染力の非常に強いマルウェアです。その感染メカニズムから、対処方法までを詳しくご紹介します。

  • ID管理
2018.10.15

クラウドと業務自動化で、特権ID管理が変わる?

特権ID管理はセキュリティ対策上、重要視されています。クラウド環境の普及や業務自動化といったIT環境の変化の中で、それぞれの特権IDのリスクをおさらいしながら、これからの特権ID管理のベストな形をご紹介します。

  • エンドポイントセキュリティ
2018.09.07

AIがマルウェア対策に相性バツグンな理由と製品検討時に気をつけたいこと

マルウェア検知に効果大のAI、機械学習。その相性はバツグンと言えます。今回は改めてその理由とともに、市場の製品を選ぶときに抑えておきたいポイントをお話します!

  1. 1
  2. 2

NEXT

プロフィール


長谷川まり
セキュリティ製品を担当。お客様からの信頼も厚い、お姉さん的存在。


長谷川ひとは
クライアント仮想化製品を担当。勉強熱心で、分からないことはすぐ聞いてしまう。

ページの先頭へ戻る