TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>デスクトップ仮想化/アプリケーション仮想化>Ericom>製品情報>システム要件

Ericom

システム要件

このページでは、下記6つのEricom製品のシステム要件をご紹介しています。


Ericom Shield

Ericom Shieldのシステム要件については、現在公開しておりません。
誠に恐れ入りますが、こちら からお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

Ericom Shieldの導入を検討されているお客様向けに、『Ericom Shield紹介資料』を無料でご提供しています。インターネット分離の必要性から、Web無害化ソリューション選定の観点、Ericom Shieldの仕組み、特徴、利用イメージまで詳しく記載しています。是非ご活用ください。

⇒ 『Ericom Shield紹介資料』の詳細を見る



ダブルブラウザ・ソリューション

  • 最新バージョンのシステム要件です。

ダブルブラウザ・ソリューションの導入を検討されているお客様向けに、『ダブルブラウザ・ソリューション紹介資料』を無料でご提供しています。ソリューションの概要から、導入コストを大幅に削減するLinux対応版の詳細、システム構成、導入事例まで詳しく記載しています。是非ご活用ください。

⇒ 『ダブルブラウザ・ソリューション紹介資料』の詳細を見る



Ericom Connect

  • 最新バージョンのシステム要件です。

◎PowerTerm WebConnect から Ericom Connect へアップグレードするお客様へ
移行する際の考慮事項をまとめております。

◎システム構成/価格資料
Ericom Connectの導入を検討されているお客様向けに、『Ericomシステム構成/価格資料』を無料でご提供しています。お問い合わせの多い3つの導入規模別に、必要なライセンス数や価格、サーバ構成、推奨スペックについてまとめています。他製品との比較検討をされる場合などにご活用ください。

⇒ 『Ericomシステム構成/価格資料』の詳細を見る



Ericom AccessNow

  • 最新バージョンのシステム要件です。

Ericom AccessNowの導入を検討されているお客様向けに、『Ericom AccessNow紹介資料』を無料でご提供しています。
AccessNowが他製品より優位な5つの特長(優れたパフォーマンス、シンプルな構成、印刷機能、使い勝手の良さ、低コスト)や、大手ISV、文教、金融、物流企業でのお客様事例をご紹介しています。他製品との比較検討をされる場合などにご活用ください。

⇒ 『Ericom AccessNow紹介資料』の詳細を見る


Ericom Blaze

  • 最新バージョンのシステム要件です。

Ericom PowerTerm WebConnect

  • 最新バージョンのシステム要件です。

(1)エディションごとの対応環境

RemoteView DeskView
対応する
クライアントデバイス
Windows, Mac, Linuxからのアクセス ※1 ※1
iPad, iPhone, Androidからのアクセス
HTML5対応ブラウザからのアクセス
Chromebookからのアクセス
シンクライアントからのアクセス(Windows Embedded、Linuxベース)
対応する
通信プロトコル
RDP
WebSockets
Blaze
PCoIP
セキュアアクセス Ericom Secure Gateway
(SSL-VPNソフトウェア)の利用
コネクションブローカー機能 コネクションブローカー機能
PowerTerm WebConnectの
冗長化
クラスタ構成(Active-Active) ×
フェイルオーバー構成
(Active-Standby)
コネクションブローカーへのアクセス VMware View × ×
Citrix XenApp/XenDesktop × ×
Windows RD接続ブローカー × ×
PowerTerm WebConnect
対応するデスクトップ配信方式 サーバ共有デスクトップ
(Windows RDS/TSベース)
×
VDI
ブレードPC(PCoIP対応)
物理PC、物理サーバ ×
対応するアプリケーション配信方式 アプリケーション公開
(Windows RDS/TSベース)
×
アプリケーション仮想化
(Microsoft App-V for RDS)
×
  • *1 RemoteViewとDeskViewでのMacからのアクセスは、AccessNowの利用に限定してサポートされます。

(2)PowerTerm WebConnect サーバ

PowerTerm WebConnectサーバ ・Windows Server 2008、2008 R2、2012 R2※2
 ※Windows Server 2012はサポート対象外

(3)クライアント

Windows ・Application Portal (AccessNow)
 IE11、Chrome、Firefox ※Chrome、Firefoxは最新バージョンをサポート

・Application Portal (Blaze)
 IE11、Firefox ※Firefoxは最新バージョンをサポート(要Javaプラグインを最新)

・Application Zone (Blaze)
 IE11、Firefox ※Firefoxは最新バージョンをサポート(要Javaプラグインを最新)

・AccessPortal (AccessNow)
 IE11、Chrome、Firefox

・AccessPad
 Windows7、8.1、10(32、64ビット版あり)

PTWCにおいて、Windows 10がサポート対象となるのはApplication Zone, Application Portal,AccessPad,AccessPortalを利用したクライアントでのアクセスのみであり、VDIのOSとしての利用はサポートされていません
iOSデバイス・スマートフォン ・Application Portal (AccessNow)
 Safari
  ※Bluetoothキーボード入力は未サポート

・Application Zone (Blaze)
 サポートしていません

・AccessToGo
 iOS 9以上 ※iOS10対応はver7.6.1より
  ※Bluetoothキーボード入力をサポート
Androidデバイス・スマートフォン ・Application Portal (AccessNow)
 Chrome

・Application Zone (Blaze)
 サポートしていません

・AccessToGo
 Android 5.x , 6.x ※7.xは未サポート(今後のバージョンで予定)
 ver7.6.0とAccess Server 3.2では問題があるため、Access Server 3.4以上にバージョンアップしてご利用ください
タッチインターフェイスを
搭載したWindows PC
・Application Portal (AccessNowse接続)、Application Zone (Blaze接続) ともに、
 ソフトウェアキーボードでの入力は未サポート。
 ただし、物理キーボードでの入力はサポートします。
macOS ・Application Portal (AccessNow)
 Safari ※Safari10以上サポート(macOS 10.10以上に搭載されているSafari)

・Application Zone
 サポートしていません

・AccessPortal (AccessNow)
 Safari ※Safari10以上サポート(macOS 10.10以上に搭載されているSafari)

・AccessPad
 サポートしていません
Linux ・Application Portal (AccessNow)
 サポートしていません ※AccessNowがLinuxのFirefoxの日本語入力に対応していません

・Application Zone
 Ubuntu 12.04LTS、14.04LTS ※64 ビット版のUbuntuを使用する場合、OS側で32ビットアプリを稼働できる状態にしてください (AccessPadが32ビットアプリのため)

・AccessPortal (AccessNow)
 サポートしていません ※AccessNowがLinuxのFirefoxの日本語入力に対応していません

・AccessPad
 Ubuntu 12.04LTS、14.04LTS ※64 ビット版のUbuntuを使用する場合、OS側で32ビットアプリを稼働できる状態にしてください (AccessPadが32ビットアプリのため)
ChromeOS ・AccessPortal(AccessNow):Chrome
  ※Chromeは最新バージョンのみをサポート
  ※Chromebook/Boxは日本で販売されている機種のみサポート
  ※ChromeBoxのキーボードは製品同梱の専用キーボードのみサポート
  ※Chromebookタッチインターフェースを利用したソフトウェア
   キーボード入力は未サポート

(4)配信ホスト

対応ハイパーバイザ
(配信する仮想デスクトップの仮想化ホストとして)
・VMware vCenter 4.0、5.0、5.1、5.5※3 vSphere 4.0、5.0、5.1、5.5※3
・VMware ESX 4.0、ESXi 4.0、5.0、5.1、5.5※3
・Microsoft SCVMM 2008 R2
・Microsoft SCVMM 2012 R2※3
・Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-V
・Microsoft Windows Server 2012 R2 Hyper-V
・Parallels Virtuozzo Containers 4.5、4.6
・XenServer 5.5
・Xen Community(libvirt 0.4.0.1)、KVM(libvirt 0.4.0.1)
デスクトップOS ・Windows 7、8.1※1
SBC
(アプリケーション公開、サーバ共有デスクトップ)
・Windows 2008、2008 R2、2012 R2※2
PcoIPホスト
  • *1 Windows 8およびWindows 10はサポート対象外です。
  • *2 Windows Server 2012はサポート対象外です。
  • *3 PTWC 6.0でのみの対応となります。(導入・評価の際は必ず事前に弊社までご相談ください)


Ericom製品についてさらに詳しく知りたい方へ、資料プレゼント中!

Ericom製品をご検討されているお客様向けに、関連資料を無料でご提供しています。
Ericom製品の概要・機能・構成・事例など網羅的に紹介された資料をはじめ、3つの導入規模別にまとめた価格/システム構成資料。4つのテーマ(課題)をEricomでどのように解決するのか解説した資料、Ericom製品を基盤とした標的型攻撃対策「ダブルブラウザ」の紹介資料など、多数ご用意しています。
貴社の検討状況に応じて、お気軽にお申し込みください。


Ericom製品のダウンロードサービス、セミナー情報、問い合わせについて

Ericomダウンロード

Ericom製品の詳細が分かる資料や、製品を30日間試せる評価版を無料でご提供しています。
お申し込みはこちら

Ericomセミナー

Ericom製品の概要やメリット、活用法をご紹介する無料セミナーを定期開催しています。
セミナー開催日程はこちら

Ericomお問い合わせ

Ericom製品に関するご質問やご相談、お見積依頼などはこちらから。
お客様のご要望に応じて、専任のスタッフが対応させていただきます。


Ericom製品関連情報

概要

Ericom製品の概要や関連コンテンツはこちら

製品情報

Ericom製品の特長や全製品ラインナップはこちら

価格

Ericom製品の価格情報はこちら

機能比較表

Ericom製品のエディション別機能比較表はこちら

サポートポリシー

Ericom製品のサポートポリシーはこちら

活用例

Ericom製品の活用例はこちら

事例

Ericom製品の国内/海外導入事例はこちら

パートナー一覧

Ericom製品の国内販売パートナー一覧はこちら




Ericom中途社員募集

募集要項のほか、仮想化ビジネス責任者挨拶や先輩中途社員インタビューをご覧いただけます。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る