TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>デスクトップ仮想化/アプリケーション仮想化>Ericom>製品情報>システム要件

Ericom

システム要件

このページでは、下記5つのEricom製品のシステム要件をご紹介しています。


Ericom Connect

(1)サーバ要件

Connect サーバ Windows Server 2016※1、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2008 R2
リソース
 ▼SQL Serverが同一サーバにインストールされる場合の推奨値
  -CPU : 8 Core 以上
  -メモリ : 16 GB 以上
  -HDD : 80 GB 以上
 ▼SQL Serverが別サーバにインストールされる場合、もしくはSQL Server同居での
   最小の必要要件
  -CPU : 4 Core 以上
  -メモリ : 8 GB 以上
  -HDD : 80 GB 以上
Ericom Connect Server の導入には.NET Framework 4.5.2 の事前導入が必要となります。
リモートデスクトップサーバ ・Windows Server 2008 R2
・Windows Server 2012 R2
・Windows Server 2016※2
 ※Windows標準のリモートデスクトップサービスを有効にする必要があります。
・Windows 7、8.1、10
 ※各OSでリモートアクセスを許可する必要があります。
Ericom Connect RemoteAgent の導入には.NET Framework 4.5.2 の事前導入が必要となります。
SQL Server SQL Server 2012 または、SQL Express 2012以上※3
 ※システム情報を格納するために必要です。
 ※Connectサーバと同じホスト上に存在する必要はありません。
その他 Microsoft Active Directory
DNS(ドメインネームサービス)
  • *1Windows Server 2016は、version7.6.1までは未サポート。
  • *2Windows Server 2016は、version7.6よりサポート。Windows Server 2008 はEricom Connect 7.6 以上では利用時に問題があるため現状サポートしていません。
  • *3SQL Server 2016は、version7.6よりサポート。

(2)クライアント要件

サポートされるOS ・Microsoft Windows 7、8.1、10
・Microsoft Windows Server 2008R2、2012R2、2016
・Apple macOS 10.10以上
・Apple iOS 9.x、10.x
・Google Android 5.x、6.x、7.x
  ※Android7.xは モバイルクライアント(AccessToGo, Ericom Blaze Client,
   Ericom WebConnect Mobile Client, Ericom Connect Mobile Client) 
   8.1.2 以上でのみサポートされます。
・Google ChromeOS
(詳細はアクセス方法別のサポートOSをご確認ください)
アクセス方法別のサポートOS
[Windows]
 - AccessPortal (AccessNow):Internet Explorer (以下IEと略) 11、
  Microsoft Edge、Chrome、FireFox
  ※Internet ExplorerはMicrosoft社のサポートポリシーに則り、各OSで
   Microsoft社がサポート対象とするバージョンのみをEricom Connect の
   サポートブラウザとする。Microsoft EdgeはWindowsUpdateを実行した
   最新版Windowsで稼働する最新版のEdgeのみをサポート
   ※Chrome、FireFoxは最新バージョンのみをサポート

 - AccessPad (Blaze):Windows7、8.1、10(32、64 ビット版あり)
  Windows Embedded Standard 7
  Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 R2
  Windows Server 2016
EricomRDPの利用時には.NET Framework 4.5.2 の事前導入が必要となります。

[macOS]
- AccessPortal (AccessNow):Safari
 ※Safari 9 以上サポート(macOS 10.10 以上に搭載されているSafari)
 - AccessPad (Blaze):サポートしていません

[Linux]
 - AccessPortal (AccessNow):サポートしていません
 - AccessPad (Blaze):サポートしていません

[iOSタブレット・スマートフォン]
 - AccessToGo : iOS 9.xもしくは10.x
 ※iOS 10.xはAccessToGo 7.6.101 以上でサポート
  英語配列のBluetoothキーボードをサポート
 - AccessPortal (AccessNow):Safari
 ※Safari 9 以上サポート(iOS 9 以上に搭載されているSafari)Bluetoothキーボードは
  未サポート

[Androidタブレット・スマートフォン]
 - AccessToGo : Android 5.x , 6.x , 7.x
 ※Android7.xは モバイルクライアント(AccessToGo, Ericom Blaze
  Client, Ericom WebConnect Mobile Client, Ericom Connect Mobile
  Client)8.1.2 以上でのみサポートされます。
  Bluetoothキーボードは未サポート  
 - AccessPortal (AccessNow):Chrome
 ※Chromeは最新バージョンのみをサポート、Bluetoothキーボードは未サポート

[Windowsでタッチインターフェースを有するデバイス]
タッチインターフェースの機能を有するデバイスにおいてソフトウェアキーボードでの
入力はサポートされません。ただし、デバイスに元々付属の物理的なキーボード、また
は、USB等で接続した物理キーボードを利用する場合において、タッチ機能をOS上で
無効化して利用いただくことで物理キーボードでの入力はサポート可能です。
タッチ機能を無効化せずとも問題なく利用できる端末もございますが、製品動作
サポートの観点ではタッチ機能の無効化状態での利用を動作サポート可とさせて
いただいております。

[Chromebook/Box]
- AccessPortal (AccessNow):Chrome
 ※Chromeは最新バージョンのみをサポート
 ※Chromebook/Boxは日本で販売されている機種のみサポート
 ※ChromeBoxのキーボードは製品同梱の専用キーボードのみサポート
 ※Chromebookのタッチインターフェースはサポートしていません。

Ericom Connectの導入を検討されているお客様向けに、「価格/システム構成資料」を無料でご提供しています。お問い合わせの多い3つの導入規模別に、必要なライセンス数や価格、サーバ構成、推奨スペックについてまとめています。他製品との比較検討をされる場合などにご活用ください。

⇒ 「Ericom価格/システム構成資料」の詳細を見る



Ericom PowerTerm WebConnect

(1)製品/エディションごとの対応環境

RemoteView DeskView Ericom Blaze Ericom AccessNow
対応する
クライアントデバイス
Windows, Mac, Linuxからのアクセス ※1 ※1
iPad, iPhone, Androidからのアクセス
HTML5対応ブラウザからのアクセス ×
Chromebookからのアクセス ×
シンクライアントからのアクセス(Windows Embedded、Linuxベース)
対応する
通信プロトコル
RDP ※2
WebSockets ×
Blaze ×
PCoIP × ×
セキュアアクセス Ericom Secure Gateway
(SSL-VPNソフトウェア)の利用
コネクションブローカー機能 コネクションブローカー機能 × ×
PowerTerm WebConnectの
冗長化
クラスタ構成(Active-Active) × × ×
フェイルオーバー構成
(Active-Standby)
× ×
コネクションブローカーへのアクセス VMware View × × ※3
Citrix XenApp/XenDesktop × × × ※4
Windows RD接続ブローカー × × ×
PowerTerm WebConnect
対応するデスクトップ配信方式 サーバ共有デスクトップ
(Windows RDS/TSベース)
×
VDI
ブレードPC(PCoIP対応) × ×
物理PC、物理サーバ ×
対応するアプリケーション配信方式 アプリケーション公開
(Windows RDS/TSベース)
×
アプリケーション仮想化
(Microsoft App-V for RDS)
×
  • *1 RemoteViewとDeskViewでのMacからのアクセスは、AccessNowの利用に限定してサポートされます。
  • *2 RDPをWebSocketsに変換して通信します。
  • *3 Ericom AccessNow for VMware Viewで対応します。
  • *4 Ericom AccessNow for Citrix(ベータ版)

(2)サーバ要件

PowerTerm WebConnectサーバ ・Windows Server 2008、2008 R2、2012 R2※3
 ※Windows Server 2012はサポート対象外
Ericom Accessサーバ※1 ・Windows Server 2008、2008 R2、2012 R2※4
・Windows 7、8.1※2、Windows10※5

(3)クライアント要件

Windows ・Application Portal (AccessNow)
 IE11、Chrome、Firefox ※Chrome、Firefoxは最新バージョンをサポート

・Application Portal (Blaze)
 IE11、Firefox ※Firefoxは最新バージョンをサポート(要Javaプラグインを最新)

・Application Zone (Blaze)
 IE11、Firefox ※Firefoxは最新バージョンをサポート(要Javaプラグインを最新)

・AccessPortal (AccessNow)
 IE11、Chrome、Firefox

・AccessPad
 Windows7、8.1、10(32、64ビット版あり)

PTWCにおいて、Windows 10がサポート対象となるのはApplication Zone, Application Portal,AccessPad,AccessPortalを利用したクライアントでのアクセスのみであり、VDIのOSとしての利用はサポートされていません
iOSデバイス・スマートフォン ・Application Portal (AccessNow)
 Safari
  ※Bluetoothキーボード入力は未サポート

・Application Zone (Blaze)
 サポートしていません

・AccessToGo
 iOS 9以上 ※iOS10対応はver7.6.1より
  ※Bluetoothキーボード入力をサポート
Androidデバイス・スマートフォン ・Application Portal (AccessNow)
 Chrome

・Application Zone (Blaze)
 サポートしていません

・AccessToGo
 Android 5.x , 6.x ※7.xは未サポート(今後のバージョンで予定)
 ver7.6.0とAccess Server 3.2では問題があるため、Access Server 3.4以上にバージョンアップしてご利用ください
タッチインターフェイスを
搭載したWindows PC
・Application Portal (AccessNowse接続)、Application Zone (Blaze接続) ともに、
 ソフトウェアキーボードでの入力は未サポート。
 ただし、物理キーボードでの入力はサポートします。
macOS ・Application Portal (AccessNow)
 Safari ※Safari10以上サポート(macOS 10.10以上に搭載されているSafari)

・Application Zone
 サポートしていません

・AccessPortal (AccessNow)
 Safari ※Safari10以上サポート(macOS 10.10以上に搭載されているSafari)

・AccessPad
 サポートしていません
Linux ・Application Portal (AccessNow)
 サポートしていません ※AccessNowがLinuxのFirefoxの日本語入力に対応していません

・Application Zone
 Ubuntu 12.04LTS、14.04LTS ※64 ビット版のUbuntuを使用する場合、OS側で32ビットアプリを稼働できる状態にしてください (AccessPadが32ビットアプリのため)

・AccessPortal (AccessNow)
 サポートしていません ※AccessNowがLinuxのFirefoxの日本語入力に対応していません

・AccessPad
 Ubuntu 12.04LTS、14.04LTS ※64 ビット版のUbuntuを使用する場合、OS側で32ビットアプリを稼働できる状態にしてください (AccessPadが32ビットアプリのため)
ChromeOS ・AccessPortal(AccessNow):Chrome
  ※Chromeは最新バージョンのみをサポート
  ※Chromebook/Boxは日本で販売されている機種のみサポート
  ※ChromeBoxのキーボードは製品同梱の専用キーボードのみサポート
  ※Chromebookタッチインターフェースを利用したソフトウェア
   キーボード入力は未サポート

(4)配信ホスト

対応ハイパーバイザ
(配信する仮想デスクトップの仮想化ホストとして)
・VMware vCenter 4.0、5.0、5.1、5.5※4 vSphere 4.0、5.0、5.1、5.5※4
・VMware ESX 4.0、ESXi 4.0、5.0、5.1、5.5※4
・Microsoft SCVMM 2008 R2
・Microsoft SCVMM 2012 R2※4
・Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-V
・Microsoft Windows Server 2012 R2 Hyper-V
・Parallels Virtuozzo Containers 4.5、4.6
・XenServer 5.5
・Xen Community(libvirt 0.4.0.1)、KVM(libvirt 0.4.0.1)
デスクトップOS ・Windows 7、8.1※2
SBC
(アプリケーション公開、サーバ共有デスクトップ)
・Windows 2008、2008 R2、2012 R2※3
PcoIPホスト
  • *1 Ericom BlazeのRDPアクセラレーション機能を利用する場合は、SSE2 対応のCPUが必要です。
  • *2 Windows 8およびWindows 10はサポート対象外です。
  • *3 Windows Server 2012はサポート対象外です。
  • *4 PTWC 6.0でのみの対応となります。(導入・評価の際は必ず事前に弊社までご相談ください)


Ericom PowerTerm WebConnectの導入を検討されているお客様向けに、「価格/システム構成資料」を無料でご提供しています。お問い合わせの多い3つの導入規模別に、必要なライセンス数や価格、サーバ構成、推奨スペックについてまとめています。他製品との比較検討をされる場合などにご活用ください。

⇒ 「Ericom価格/システム構成資料」の詳細を見る



Ericom AccessNow

(1)サーバ要件

Ericom Access Server※1 ・Windows Server 2008、2008 R2(SP1含む)、2012 R2※3、2016
・Windows 7、8.1※2 、10
Ericom AccessNow Web Component※6 ・Windows Server 2008、2008 R2 (SP1 含む)、2012 R2※3、2016

(2)クライアント要件

Ericom AccessNow
(HTML5クライアント)※4
▼Microsoft Windows 7、8.1、10
 Microsoft Windows Server 2008R2、2012R2、2016

  ・対応ブラウザ
   GoogleChrome 7
   
Firefox 7 
   Microsoft Internet Explorer 11 5
   Microsoft Edge(Windows10のみ) 5

▼Apple macOS 10.10以上、Apple iOS

  ・対応ブラウザ
   Safari 7
  
▼Google Android、Google ChromeOS

 ・対応ブラウザ
   GoogleChrome 7
  • *1Ericom Access Server ではSSE2 対応のCPU が必要になります。
  • *2Windows 8はサポート対象外です。
  • *3Windows Server 2012はサポート対象外です。
  • *4各ブラウザは最新のバージョンを利用することを推奨します。Windowsでタッチインターフェイスが有効な端末での利用は未サポート、Chromebookタッチインターフェースを利用したソフトウェアキーボード入力は未サポート、また、UbuntuにおいてのAccessNowの利用も未サポートです。
  • *5 Internet ExplorerはMicrosoft社のサポートポリシーに則り、各OSで Microsoft社がサポート対象とするバージョンのみをEricom AccessNowの サポートブラウザとします。 Microsoft EdgeはWindowsUpdateを実行した最新版Windowsで 稼働する最新版のEdgeのみをサポートします。
  • *6 AccessNow Web Componentは必要に応じてご利用いただくコンポーネントになります。Windowsのみの対応となります。(32bit と64bit共にサポート)
  • *7GoogleChrome、FireFox、Safariは、最新バージョンと1つ前のバージョンのみサポートします。

Ericom Blaze

(1)サーバ要件

Ericom Access Server※1 ・Windows Server 2008、2008 R2(SP1含む)、2012 R2※3、2016
・Windows 7、8.1※2、10

(2)クライアント要件

PC用クライアント

Ericom Blazeクライアント※1 ・Windows 7、8.1※2、10
・Windows Server 2008、2008 R2 (SP1 含む)、2012 R2※3、2016
・Windows Embedded Standard 7
・Ubuntu 14.04 64bit※4
・macOS 10.10以降※4

モバイル用クライアント

Ericom AccessToGo
Ericom Ericom Blaze Mobile Client
・iOS 9.x および 10.X※5
・Android 5.x、6.x、7.x※6
  • *1 Ericom BlazeのRDPアクセラレーション機能を利用する場合はSSE2 対応のCPUが必要です。
  • *2 Windows 8はサポート対象外です。
  • *3Windows Server 2012はサポート対象外です。
  • *4Linux 対応のBlaze クライアントはUbuntu14.04 64bit 版のみサポートとなります。macOS 対応のBlazeクライアントのバージョンは、version3.1が最新です。また、Blaze環境におけるmacOSサポートはBlaze単体のみでの利用に限定し、PTWCとの連携については未サポートです。
  • *5OS 10.x の対応バージョンはAccessToGo およびEricom Blaze Mobile Client version7.6.1 以降のみとなります。
  • *6Android 7.x はAccessToGo およびEricom Blaze Mobile Client 8.1.2 以降での対応となります。

ダブルブラウザ・ソリューション

Connectサーバ Windows Server 2012 R2 または Windos Server 2008 R2※1
リソース
 ▼SQL Serverが同一サーバにインストールされる場合の推奨値
  -CPU : 8 Core 以上
  -メモリ : 16 GB 以上
  -HDD : 80 GB 以上
 ▼SQL Serverが別サーバにインストールされる場合、もしくはSQL Server同居での
   最小の必要要件
  -CPU : 4 Core 以上
  -メモリ : 8 GB 以上
  -HDD : 80 GB 以上
データベース(SQL Server 2012 または、SQL Express 2012以上)※2
  ※システム情報を格納するために必要です。
  ※Connectサーバと同じホスト上に存在する必要はありません。
Microsoft Active Directory
DNS(ドメインネームサービス)
IVEXダブルブラウザLinux ・CentOS 7.2 / 7.3 (64bit) Linuxカーネル 4.4
・Redhat Enterprise Linux 7.2 / 7.3※4

CPU:16Core以上、RAM:64GB以上、HDD:100GB以上(同時100ユーザ程度)※3
連携キット
(クライアントモジュール)
Windows 7、8.1、10
Windows Server 2008 R2、2012 R2
NetFramework3.5 以上、または.NetFramework4.0以上
URL自動判別オプション※5
(KOTOMINE 1.3以上の場合)
・Windows 7、8.1、10
・Microsoft Internet Explorer 11 ※6 / Google Chrome / Firefox
  • *1Windows Server 2016は、version7.6.1までは未サポートです。2017年リリース予定のバージョンでの対応が予定されています。
  • *2SQL Server 2016は、version7.6以上でのみサポートします。
  • *3動画・音声再生ユーザが多い場合のスペックは、別途お問い合わせください。
  • *4Redhat Enterprise Linuxで稼働させる場合は、当該OS上にKVMを導入し、ゲストOSとしてCentOS7.2(カーネル4.4)が仮想アプライアンスとして稼働します。仮想化されたRed Hat Enterprise Linux上へのインストールは推奨されません。
  • *5Linuxダブルブラウザではご利用いただけません。Windowsのダブルブラウザで、Connectを利用する構成のみサポートしています。
  • *6Microsoft Edgeは未サポートです。


ダブルブラウザ・ソリューションの導入を検討されているお客様向けに、「ダブルブラウザ・ソリューション紹介資料」を無料でご提供しています。ソリューションの概要から、導入コストを大幅に削減するLinux対応版の詳細、システム構成、導入事例まで詳しく記載しています。是非ご活用ください。

⇒ 「ダブルブラウザ・ソリューション紹介資料」の詳細を見る



Ericom製品についてさらに詳しく知りたい方へ、資料プレゼント中!

Ericom製品をご検討されているお客様向けに、関連資料を無料でご提供しています。
Ericom製品の概要・機能・構成・事例など網羅的に紹介された資料をはじめ、3つの導入規模別にまとめた価格/システム構成資料。4つのテーマ(課題)をEricomでどのように解決するのか解説した資料、Ericom製品を基盤とした標的型攻撃対策「ダブルブラウザ」の紹介資料など、多数ご用意しています。
貴社の検討状況に応じて、お気軽にお申し込みください。


Ericom製品のダウンロードサービス、セミナー情報、問い合わせについて

Ericomダウンロード

Ericom製品の詳細が分かる資料や、製品を30日間試せる評価版を無料でご提供しています。
お申し込みはこちら

Ericomセミナー

Ericom製品の概要やメリット、活用法をご紹介する無料セミナーを定期開催しています。
セミナー開催日程はこちら

Ericomお問い合わせ

Ericom製品に関するご質問やご相談、お見積依頼などはこちらから。
お客様のご要望に応じて、専任のスタッフが対応させていただきます。


Ericom製品関連情報

概要

Ericom製品の概要や関連コンテンツはこちら

製品情報

Ericom製品の特長や全製品ラインナップはこちら

機能比較表

Ericom製品のエディション別機能比較表はこちら

価格

Ericom製品の価格情報はこちら

事例

Ericom製品の国内/海外導入事例はこちら

パートナー一覧

Ericom製品の国内販売パートナー一覧はこちら




Ericom中途社員募集

募集要項のほか、仮想化ビジネス責任者挨拶や先輩中途社員インタビューをご覧いただけます。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る