Qlik Trainingブログ

データ準備を含む記事一覧

  • データ準備
2021.07.29

Date#とDateの違い

皆さんはデータを分析する時、必ずと言っていいほど日付データを扱われると思います。 その際に取り込んだ日付データが日付として扱えなかったことはありませんか?

  • データ準備
2021.06.30

Where句で必要なデータだけ取り込みます!

アプリに全てのデータを取り込む必要はないな…という時ありませんか? そんな時はWhere句で条件を指定して必要なデータだけ取り込みましょう!

  • データ準備
2021.06.15

Concatenate(連結)で分析しやすいデータに加工する!

JOINに引き続き、データ準備のテクニックをご紹介します。 今回はJOINと同じように複数テーブルを1つにまとめ、 分析しやすいデータに加工できる「Concatenate」(連結)についてです。

  • データ準備
2021.06.02

ビジネスロジックで洞察を活用しよう

「ビジネス ロジック」という機能はご存知ですか? ビジネスロジックは、拡張知能へデータモデル内のデータ項目の関係性や使用方法などを理解させるための設定機能で、準備タブのメニューにあります。

  • データ準備
2021.05.24

データマネージャーで簡単「デピボット」

予実管理では、ピボットテーブル形式の予算情報の取り込みが不可欠です。横方向のデータを縦軸に変換するピボット解除、「デピボット」を画面操作(GUI)で簡単に行う方法を紹介します。

  • データ準備
2021.05.12

JOIN(データの結合)で分析しやすいデータに加工する!~

データをアプリに取り込む中で、似たデータやテーブルが増え、データ構造や管理が複雑になった...という経験はないでしょうか。今回はGUIでの加工では物足りず、スクリプトオンリーで開発している方向けに、データ ロード エディタで結合する方法をご紹介します。

  • データ準備
2021.04.08

Excel ピボットテーブル データの取り込み

Qlik SenseにExcelで作成したピボットテーブルのデータを取り込みたいなと思うことありませんか? Excelのピボットテーブルで年を横並びで表示している場合など、横持ちのデータをQlik Senseに取り込む場合はデータを縦持ちに直して取り込む必要があります。

  • データ準備
2021.03.22

データマネージャーでの簡単操作で取り込んだ複数テーブルを縦に連結する方法

Qlik Senseにデータを取り込む際、複数のテーブルを縦につなげて取り込みたいと思うことはありませんか? Qlik Senseでは、データマネージャーにあるConcatenateという機能を使うことで、マウス操作のみで簡単に複数のテーブルを縦につなげることができます。

  • データ準備
2021.03.15

データマネージャーでの「合成キー」作成方法

データを関連付けする際に、複数のキー項目を利用したい、ということはありませんか? 正しい関連付けができていない、複数のキー項目をどう関連付けたらいいのかわからない、という方はぜひ参考にしてください。

  • データ準備
2021.02.26

JOIN(データの結合)はマウス操作だけで簡単にできる!

データロード時に複数のテーブルの項目を使って新しい項目を作りたい場合や、循環参照を解消するために、テーブル同士を結合したい場合はJOINを使って複数のテーブルを1つにまとめることができます!

  1. 1
  2. 2

NEXT

ページの先頭へ戻る