TOP>のまわりソリューション for SAPシステム 活用事例

のまわりソリューション for SAPシステム 活用事例

Panaya


「最新版のSAPバージョンを常に利用する」という方針に従い、バージョンアップ時の影響度調査を高頻度で実施します。Panayaによるアセスメントが調査の工数を劇的に削減しつつ、バージョンアップ後のシステム安定稼働に貢献します。

SAPバージョンアップの影響度を迅速に調査

お客様事例:建設業

SAPシステムの利用状況や移行に伴う影響分析を自動解析し、プロジェクトの期間短縮、リスク低減、コスト削減を実現します。


課題 解決
バージョンアップ後のトラブルを避けるため影響度調査は必須 独自の検査項目により漏れのないアセスメントを実施
バージョンアップによる影響度調査に1ヵ月以上要する 影響度分析は48時間で完了し、レポートを提供
アドオン修正などに要する工数の見積もりが困難 見積もりの根拠となるデータと併せて工数規模を算出

  1. コード修正やテストが必要な処理を抽出する影響分析を完全自動化
  2. 3,000社を超える事例のノウハウや独自のコード解析アルゴリズムを搭載
  3. 品質を維持しながら修正・テストすべき範囲を大幅に絞り込み

Delphix

「テストデータ準備」に着目した工数削減

お客様事例:製造業

SAP ERPのクラウドリフトとS/4HANAへの移行が計画されていました。SAP ERPのクラウドリフトの時間短縮とS/4HANAへの移行における各種テストやトレーニングの効率化を目的にDelphixを利用しました。その結果、クラウドリフトの作業時間は約50%、各種テストやトレーニングにおけるデータのリセット作業は1回あたり90%以上短縮することができました。


課題 解決
システムコピーに1週間以上要する 本番データの複製を数時間で提供し、テストで利用
テスト中のデータリセットに1週間以上要する 任意時点の断面取得やリセットが数分で完了
BASIS担当による断面取得やリセット作業の工数が膨大 テスターや業務担当によるセルフサービス作業が可能に

  1. 独自のデータベース仮想化技術により非本番環境のデータ準備を劇的に高速化
  2. 仮想DBの時間軸操作(断面取得や巻き戻し)はシンプルなインターフェースで誰でも操作可能
  3. 非SAPを含む複数システムの同一時点のテストデータをワンアクションで準備


関連情報:

DataSpider Servista


7年連続顧客満足度No.1の国産EAI データ連携ツールです。専用アダプタによりBAPI / Idoc / RFC / ALE /テーブル / SAPクエリなど様々なSAPインタフェースに対応することができます。

複雑なデータ処理をノンプログラミングで実現

お客様事例:製造業

業務要件に従ってSAP、生産管理、在庫管理、販売管理などの多数の関連システムとデータを連携する仕組みが必要となりました。さらに、使い慣れたExcelをインターフェースとしてSAPへデータ登録したいという業務担当者からの要望もあり、これらを満たす製品としてDataSpiderを採用しました。直感的な操作が可能なGUIにより、短期間でデータ連携の開発が完了しました。


課題 解決
システムへのデータ登録をExcelマクロで実現したい 容易なGUI操作により迅速な開発が可能
SAPを含む複数システムからのデータ抽出・複雑な計算 豊富なアダプタによりシステム間連携が非常に柔軟
データ連携に関する開発は外注が中心 アドオン開発が不要になり内製化率が向上

  1. オンプレミスからクラウドまで多彩なデータソースをノンプログラミングでデータ連携
  2. Excelやメールアダプタを利用した業務の自動化や改善も可能
  3. スケジュール実行やファイル監視など、豊富な運用支援機能を搭載

WebFOCUS

アドオン開発をせずにSAPの帳票基盤を構築

お客様事例:電力会社

SAPのバージョンアップに伴い帳票基盤の刷新を検討されました。刷新では開発工数削減や保守性維持を目的にアドオン開発を極力避ける要望があり、WebFOCUSを採用しました。SAPデータへのアクセシビリティやセキュリティ管理におけるSAPとの高い親和性、Excelとの高い連携性を持つWebFOCUSは、現在グループ約9,000名のユーザーが利用する帳票出力基盤として稼働しています。


課題 解決
開発工数削減、保守性の維持のためアドオン開発を避けたい アドオン開発をせず、帳票開発を実現
エンドユーザーが手元でデータの加工ができない Excel出力によるデータの2次加工が可能
自社でセキュリティ対策を作り込むのが困難 SAPと連携したセキュリティ管理が容易

  1. 利用者を限定せずに全員が参加できるデータ活用の仕組みをデザインできる
  2. 意思決定に必要な情報を効果的に提供し、利用者間の情報発信・共有を促す
  3. 変化する目的や用途に合わせて利用シーンに応じた情報を提供する

Progress Corticon

SAP本体に手を加えずにサブシステムを構築

お客様事例:情報サービス業

新規事業の立ち上げに伴いSAPにルールベースの業務システムを新しく実装する予定でしたが、ABAPでは実現が難しいことが判明しました。そこで次世代のアドオン開発基盤としてCorticonを採用されました。その結果、SAP本体を改修することなくルールベースのサブシステムを構築することができました。改修が容易であるため、ビジネスの変化に対する柔軟性も評価されています。


課題 解決
ビジネス環境の変化が速く、システムを即座に追従させることが困難 必要な機能をマイクロサービス化してSAPと連携
事業拡大により一部の会計処理がExcelの手計算に Progress Corticonを活用し、短期間でシステム化
内製によるコスト削減とスピード向上が目標 要件ヒアリングから機能実装まで1人で完結

  1. ビジネスルールを独立して開発することで開発生産性・保守性を向上
  2. 基幹システムにではなく外側にマイクロサービスを構築することでサブシステム化
  3. 人間の「判断」をルールとして定義することでプロセス全体を途切れさせず自動化

Qlik Sense

SAPを含む複数のデータソースを高度に分析

お客様事例:総合インターネット企業

総合インターネット企業A様では、従業員の基礎情報はSAP、人事評価や勤怠情報は別のシステムで管理されており、思うように人事データを活用できていない課題がありました。そこで、人事施策検討や労務管理を目的としたデータ活用基盤にQlik Senseを採用しました。構築は情報システム部門ではなく人事部門のスタッフのみで対応し、チューニングを含め半年間で利用開始することができました。


課題 解決
SAP含めデータソースが複数でアウトプットに長時間要する 連想技術によるデータ統合でシームレスに連携・探索が可能
人事部門のみで分析基盤を構築・運用したい 分析データの準備から画面開発まで人事部門で完結
労務情報はプッシュ形式で関係者に通知したい 部門ごとの勤怠レポートをHTMLメールで配信

  1. 誰でも使えるユーザインタフェースを備え直観的な操作が可能
  2. 拡張知能が実現する統合後のデータの可視化によりユーザーの意思決定を強力にサポート
  3. インメモリ実行の連想技術によりあらゆる切り口でのデータ探索を超高速で実現

JP1


業務を自動化/効率化し、コスト削減と高信頼な業務システムを実現する国内・海外シェアNo.1のジョブ管理製品です。複数SAPシステムや周辺システムの処理連携を、統一したインターフェースで一元管理・制御することができます。

JP1/Automatic Job Management System

グローバルワンインスタンスでSAP統合に成功

お客様事例:製造業

SAPのグローバルワンインスタンスで海外拠点や現地法人、グループ企業の独自の基幹システムを統一するプロジェクトが発足しました。業務標準化と生産革新を実現するために柔軟性の高いジョブ管理の仕組みが不可欠となり、JP1/AJSを採用しました。既存のジョブ管理製品では満たせなかった細かなスケジュール設定などが可能となり、2万件以上のジョブを安定実行するまでに至りました。


課題 解決
グローバル統合により大量のジョブ管理が必須となった 2万以上のジョブをJP1で安定的に実行/管理
世界各国の時差を考慮したジョブスケジューリングが必要 世界中の全てのジョブを日本時間を基準として管理
拠点/グループ企業をまたいジョブ連携が要件 複数のJP1環境間のジョブ状況確認とリカバリが容易

  1. マルチプラットフォーム環境で連携が必要なバッチ業務やオンライン業務を安定化
  2. 業務の定義/実行/監視/操作までの一連のジョブオペレーション操作をGUIで簡単に実現
  3. クラウドサービスを含むジョブをシームレスに一元管理しシステム全体を統合運用

JP1 Integrated Management

SAP/非SAPのサーバ監視を一元化

お客様事例:小売業

SAPシステムと非SAPシステムを集中的に監視できない課題がありました。それぞれのシステムは独自で管理されており、管理工数増大の原因となっていました。そこで、JP1/IMによりSAP、非SAP問わずあらゆるシステムイベントを一元監視する仕組みを整えた結果、管理工数を大幅に削減することができました。さらに、各システムを俯瞰して監視できるようになったためトラブル時の原因特定が迅速になりました。


課題 解決
SAPのサーバごとに管理が分かれており、業務負荷が高い 少数の担当者に管理業務を集約し、工数を削減
SAPと非SAPをそれぞれのツールで監視 SAPを含めた約300台のサーバ監視を一元化
トラブル発生時の調査に長時間要する 一元的に監視することにより短時間での原因特定が可能に

  1. ビジネス、サービスを牽引するITシステムを一元管理し、影響の把握と対処を迅速に実現
  2. マルチクラウド環境やマルチベンダーシステムまで多用なIT環境への対応が可能
  3. 自動化・自律化を促進し、人依存からの脱却をサポート

UFT One

あらゆる回帰テストを自動化し品質を保証

お客様事例:製造業

SAPのアドオン開発や法改正対応、アップグレードやパッチ提要などの保守・運用フェーズにおけるテスト工数が課題となっていました。各種テストを手動で行うには人的リソースが不足していたため、継続したテスト効率化を実現する目的でUFT Oneを採用しました。その結果、保守・運用フェーズだけではなくロールアウトにおける各種テストも効率化することができました。


課題 解決
法改正やパッチ適用の度に回帰テストを実施 回帰テスト用のスクリプトを誰でも容易に作成
フェーズが進むにつれてテスト項目が増加 UFT導入前と比較し、回帰テストの工数を30%削減
他拠点にリリースする際も同じ回帰テストを求められる 既存のスクリプトを活用し、ロールアウトのテストを効率化

  1. アプリケーションの操作を記録し、スクリプトを自動生成
  2. 生成されたスクリプトによりテストを自動実行
  3. 画面内情報の検査、入力項目の変数化、テストのエビデンス取得が可能

LoadRunner

Fioriの導入によるサーバ負荷を事前検証

お客様事例:製造業

SAP ERPからS/4HANAに移行する際、新機能のFioriを採用することにしました。インターフェースの改善が期待される一方で、システム構成が変わるためパフォーマンスが未知数であることが懸念されていました。そこでLoadRunnerを使った負荷テストを実施したところ、検討当初のサーバサイジングでは不足していることが判明しました。この対処により、パフォーマンスに関するトラブルを未然に防ぐことができました。


課題 解決
Fioriの導入によるパフォーマンス変化が不明 リリース前に実運用を再現した負荷テストを実施
テスト時に実際の利用者数を確保するのは非現実的 LoadRunnerで利用者を仮想化し、負荷テストを実現
Fioriは初導入のため、サーバの最適なサイジングを行うことが困難 検討当初のサイジングでは不足していたことを確認

  1. 人海戦術では不可能な「ピーク時の同時アクセス」や「連続10時間の耐久テスト」などが可能
  2. アプリケーションのレスポンスやサーバ性能を数値としてリアルタイムに把握
  3. 数十種類のグラフ、レポートを組み合わせてボトルネックの絞り込みが容易に

テックタッチ

Fioriをナビゲートし問合せ工数を削減

お客様事例:ITサービス業

S/4HANAの導入と併せてFioriを採用しました。インターフェースの大幅な変更に業務担当者が慣れるまで時間を要することから、マニュアル作成、教育、QA対応にかかるサービスデスクの膨大な工数が課題となっていました。そこでテックタッチを採用しFioriの画面上でナビゲートを表示する仕組みを整えた結果、業務担当者の負担軽減とサービスデスクの工数削減の両方を実現することができました。


課題 解決
伝票作成に必要な値をどこに入力すべきか迷う 伝票作成手順がナビゲートされるため迷うことがない
業務担当者がSAP標準の言葉を理解できないケースが多い サービスデスクに問い合わせることなくその場で理解できる
SAP教育を受講しても利用方法を把握しきれない ナビゲートにより詳細な教育、QA対応が不要に

  1. 画面上へのオーバーレイによりシステムの改修不要で短期間で導入可能
  2. 動画マニュアルなどと異なり、画面入力に合わせてリアルタイムに操作ガイドを表示
  3. 操作ガイドはプログラミング不要で誰でも簡単に作成可能

アシストの課題別ソリューション


アシストの課題別ソリューション一覧に戻る場合は以下の画像をクリックしてください。

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る