Qlik Trainingブログ

  • Qlik Cloud
  • 開発者
  • データロード
2024.05.30

社内のデータベースからデータロードしたい!「Qlik Data Gateway - Direct Access」の使い方

社内(オンプレミス)のデータベースにデータがあるけど、Qlik Sense SaaSにデータをロードする方法がわからない…なんてことありませんか?
そんなときは、「Qlik Data Gateway - Direct Access」を使用することで、Qlik Sense SaaSへのデータのロードが可能です。

本記事では、Qlik Data Gateway - Direct Accessの設定方法についてご紹介します!

目次

※本記事は「2024年05月時点のQlik Sense SaaS」で作成しています。
 また、「Qlik Data Gateway - Direct Access バージョン1.6.5」で作成しています。

Qlik Data Gateway - Direct Accessの概要

Qlik Data Gateway - Direct Accessを使用することによって、社内のデータベースからデータを取得し、Qlik Sense SaaSへデータをロードすることが可能です。ファイアウォールが設定されていたり、プロキシ サーバーの内側にデータベースがある環境でもアクセスできます!

メーカーヘルプもありますので、併せてご確認ください。

 ▼Qlik Data Gateway - 直接アクセス の概要
  Qlik Data Gateway - 直接アクセス の概要 | Qlik Cloud ヘルプ

※なお、本記事は「Qlik Data Gateway - Direct Access バージョン1.6.5」を基に作成しています。
 最新バージョンの情報については、メーカーヘルプをご確認ください。

 ▼Qlik Data Gateway - 直接アクセス のアップグレード
  Qlik Data Gateway - 直接アクセス のアップグレード | Qlik Cloud ヘルプ

システム要件

Qlik Data Gateway - Direct Accessのシステム要件は以下の通りです。

必要なソフトウェア

・Windows Server 2016/2019/2022
・.Net Framework 4.8
・.NET 6.x
・ASP.NET Core 6
・Microsoft Visual C++ 2015-2022 再頒布可能パッケージ (x64)

推奨されるハードウェア

・8コア
・32GBメモリ
・5GBストレージ

必要なポート

ポート443で、「<tenant-id>.<region>.qlikcloud.com」へのアウトバウンド通信を許可する。
※プロキシ サーバー経由での接続が可能です。

その他、詳細な内容についてはメーカーヘルプをご確認ください。

 ▼Qlik Data Gateway - 直接アクセス の設定
 システム前提条件
  Qlik Data Gateway - 直接アクセス の設定 | Qlik Cloud ヘルプ

制限事項

Qlik Data Gateway - Direct Accessの使用には、いくつか制限事項があります。

・Qlik Data Gateway - Direct Accessは、専用のWndows Serverにインストールする必要があります。
 データベース サーバーや、他のQlik製品(Qlik DataTransfer、Qlik Sense Enterprise on Windowsなど)と同じ環境へのインストールはサポートされません。

・開発環境、テスト環境、本番環境では、同じQlik Data Gateway - Direct Accessを使用しないでください。
 高負荷となり、システムの安定性に影響を与える可能性があります。

・SSLを遮断するように設定されたプロキシ サーバーには対応していません。


設定手順

Qlik Data Gateway - Direct Accessのインストール

1) Qlik Sense SaaSを開き、[管理コンソール]を開きます。

2) 画面左下、[データ ゲートウェイ]を開きます。

3) 画面右上、[展開]をクリックします。

4) 「データ ゲートウェイ - 直接アクセス (Windows)」を選択し、Qlik 顧客契約の同意にチェックを入れて[ダウンロード]をクリックします。

5) ダウンロードされた『qlik-data-gateway-direct-access.exe』を右クリックし、[管理者として実行]をクリックします。

 ※以下の画面が表示された場合、[はい]を選択します。

6) 「.NET 6.x」がインストールされていない場合、下記のポップアップが表示されます。[インストール]をクリックし、インストールを行います。

 以下のポップアップが表示されない場合は「.NET 6.x」がインストールされているため、手順8)へ進みます。

7) 「.NET 6.x」のインストールが完了したら、再度『qlik-data-gateway-direct-access.exe』を右クリックし、[管理者として実行]をクリックします。

8) [Next]をクリックします。

9) 「Qlik Customer Agreement」をクリックした後、「By selecting the box, I acknowledge …」(Qlik顧客契約の同意)にチェックを入れて、[Next]をクリックします。

10) インストールするフォルダを指定します。
 特別な理由がない限り、変更せずデフォルトのフォルダへのインストールを推奨します。

11) [Install]をクリックします。インストールが開始されます。

12) インストールが完了したら、[Finish]で画面を閉じます。

Qlik Data Gateway - Direct Accessの設定手順

Qlik Data Gateway - Direct Accessの設定は、主にコマンド プロンプトを使用します。
なお、手順の中でコマンドを実行する部分がありますが、それぞれ改行せずに1行で指定してください。

1) Windowsの検索ボックスに「cmd」と入力します。

2) 表示される「コマンド プロンプト」を右クリックし、[管理者として実行]をクリックします。

3) コマンド プロンプトで下記のコマンドを実行し、Qlik Data Gateway - Direct Accessをインストールしたフォルダへ移動します。

cd C:\Program Files\Qlik\ConnectorAgent\ConnectorAgent

4) 下記のコマンドを実行し、Qlik Sense SaaSのテナントを設定します。
 テナントURLは、環境に合わせて変更します。
 また、プロキシ サーバーを使用するかによってコマンドが変わるため、環境に合わせて以下のどちらかを実行してください。

 ▼プロキシ サーバーを使用しない場合

ConnectorAgent qcs set_config --tenant_url https://<テナント名>.<リージョン>.qlikcloud.com/

 ▼プロキシ サーバーを使用する場合

ConnectorAgent qcs set_config --tenant_url https://<テナント名>.<リージョン>.qlikcloud.com/ --proxy_url http://<プロキシのURL>:<ポート番号> --proxy_username <ユーザー名> --proxy_password <パスワード>

 ※プロキシ サーバーの認証が不要な場合は、「--proxy_username <ユーザー名> --proxy_password <パスワード>」の部分は不要です。

5) 下記のコマンドを実行し、キーを生成します。

ConnectorAgent qcs generate_keys

6) 生成されたキーを取得します。

ConnectorAgent qcs get_registration

 表示されたキーをコピーします。「{」から「}」まで全てです。

7) Qlik Sense SaaSを開き、[管理コンソール]-[データ ゲートウェイ]を開きます。

8) 画面右上、[作成]をクリックします。

9) [名前]に任意の名前を指定し、[関連付けられたスペース]にQlik Data Gateway - Direct Accessと関連付けるスペースを指定します。

 ※Qlik Data Gateway - Direct Accessを作成するには、スペースの「所有者」、または「管理者」ロールを持っている必要があります。
 ※1つのQlik Data Gateway - Direct Accessは、1つのスペースにのみ関連付けることができます。
1つのQlik Data Gateway - Direct Accessで、複数のスペースに関連付けすることはできません。

10) [キー]に、手順6)でコピーしたキーを貼り付け、[作成]をクリックします。

11) Qlik Data Gateway - Direct Accessサービスを起動します。
 コマンドプロンプトで、下記のコマンドを実行します。

ConnectorAgent service start

12) [管理コンソール]-[データ ゲートウェイ]の画面で、作成したQlik Data Gateway - Direct Accessの[状態]が「接続済み」になっていることを確認します。

 「接続済み」にならない場合、Windowsの[サービス]画面から、Qlik Data Gateway - Direct Accessの再起動を実施することで「接続済み」になるかご確認ください。

接続先の作成手順

設定したQlik Data Gateway - Direct Accessを使用し、データをロードしてみましょう!

1) Qlik Sense SaaSの[分析サービス]を開き、新しくアプリを作成します。

2) データ接続を新規作成します。
 Qlik Data Gateway - Direct Accessでは、末尾に「(via Data Access gateway)」と付いているものを使用できます。
 対応しているデータソースは以下の通りです。(2024/05/02時点)

3) データソースを選択したら、[Source]-[Direct Gateway]のドロップ ダウン リストから、作成したQlik Data Gateway - Direct Accessを選択します。

4) [Database properties]に、接続するデータソースの情報を入力します。

 ▼例1) Oracleの場合

 ▼例2) Microsoft SQL Serverの場合

5) [Account properties]に、データソースに接続するユーザー名とパスワードを指定します。

6) [Name]に任意の名前を指定し、[接続のテスト]をクリックします。

7) 「Connection succeeded」と表示されれば、接続テストは成功です。

8) [作成]をクリックします。

9) 接続先が作成されます。
 [データを選択]をクリックし、データを選択してロードすることができます。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
今回は、社内のデータベースからデータをロードするための、Qlik Data Gateway - Direct Accessの設定方法をご紹介しました。

ファイアウォールが設定されていたり、プロキシ サーバーの内側にデータベースがあるなど、社内のデータをQlik Sense SaaSへロードできない…と悩んでいた方へおすすめの機能です。

今回ご紹介した手順はメーカーヘルプにも記載があります。併せてご確認ください。
Qlik Data Gateway - 直接アクセス の設定 | Qlik Cloud ヘルプ

とても便利な機能なので、ぜひご活用ください!

関連している記事

  • Qlik Cloud
  • Qlik Sense
  • その他
2024.07.10

Qlik Connect 2024 に参加してきました!

今年は6月3日から5日にかけてフロリダ州オーランドでQlik Connect 2024が開催されました。 弊社アシストからは3名が参加しましたので、今回はその模様をお送りします。

  • Qlik Cloud
  • 運用者
  • データ統合
2024.07.04

新しいデータ統合の手法「ELT」をQlikで実現!ETLとの違いとは?

効率的なデータ分析を行うには必要データを収集統合することが必要です。 また最近では発生したデータをリアルタイムに使いたいとの要望も増えています。 本記事ではこのような課題に対し、Qlikが新たに対応したELTというデータ統合の手法についてご紹介します。

  • Qlik Cloud
  • Qlik Sense
  • 開発者
  • データロード
2024.06.27

複数のGoogleスプレッドシートを一括でQlik Sense SaaSのアプリに読み込みたい!

複数のGoogleスプレッドシートを一括で読み込む方法を紹介します。

ページの先頭へ戻る