Qlik Trainingブログ

  • 可視化
2023.08.25

通貨表記を変更する方法

Qlik Sense で分析画面を作成する際、ドルやユーロなど、円以外の通貨表記をしたいと
思ったことはありませんか?
今回は、通貨表記を変更する方法をご紹介します。

目次

※本記事は「2022年8月時点の Client-Managed 」で作成しています。

はじめに

今回は家電ごとの売上金額を集計したテーブルを用いて、売上金額の通貨表記を変更していきます。

(基本)通貨表記の設定方法

通貨表記を変更したい場合は、「プロパティパネル」-[データ]-[列]-[Sum([売上金額])]を開き、
[数値書式]を「通貨」に変更します。

このとき、データロードエディタの「SET MoneyFormat」で指定された通貨が初期設定になっているため、
円 (¥) 表記となります。

項目をドル表記に変更する方法①

一つ目は、通貨の書式パターンを変更する方法です。
[数値書式]を「通貨」にした状態で、書式パターンを下記の通り変更します。

$#,##0;-$#,##0

さらに、100万ドル単位など大きな金額を丸めて表示させたい場合は、
数式と書式パターンを下記の通り変更します。(小数第1位まで表示させています)

数式

Sum([売上金額])/1000000

書式パターン

$#,##0.0MM;-$#,##0.0MM

項目をドル表記に変更する方法②

二つ目は、Num 関数を使用する方法です。
Num 関数は、数値の書式設定を行う関数です。

例えばドル表記にしたい場合は、メジャーの数式「Sum(売上金額)」を下記の通りに変更します。
なお、Num 関数の書式を適用させるため、[数値書式]は「自動」にしておいてください。

Num(Sum([売上金額]),'$#,##0')

さらに、100万ドル単位など大きな金額を丸めて表示させたい場合は、
数式を下記の通り記述します。(小数第1位まで表示させています)

Num(Sum([売上金額])/1000000,'$#,##0.0MM')

アプリ全体の通貨表記を変更する方法

アプリ全体の通貨表記を変更したい場合は、データロードエディタの Main セクション(※)を編集します。
(※)Main セクションは Qlik Sense が自動的に作成するもので、システム変数で日付や時刻、通貨等の書式パターンを定義しています。

通貨の書式パターンは、MoneyFormat というシステム変数で定義されています。
例えばドル表記にしたい場合は、下記の通り記述します。

SET MoneyFormat='$#,##0;-$#,##0';

すると、書式パターンのデフォルトもドル表記になります。

さいごに

今回は、通貨表記をデフォルトの円表記から変更する方法をご紹介しました。
どの通貨単位でも汎用的に使える方法なので、ぜひ試してみてください。

関連している記事

  • SaaS
  • オンプレミス
  • 可視化
2023.12.26

代替軸や代替メジャーを活用しよう!

「1つのグラフで、複数の軸で分析したい!」「製品ごとの売上だけでなく、粗利も確認したい!」と感じたことはありませんか? そういったときは、代替軸や代替メジャーが便利です! 今回は、代替軸や代替メジャーの設定方法についてご紹介します。

  • 可視化
  • SaaS
2023.10.25

Qlik Sense SaaSで日本時間を取得しよう!~失敗しないための注意点~

Qlik Sense SaaSで、日本時間を正確に取得する方法についてお話しします!

  • SaaS
  • オンプレミス
  • 可視化
2023.09.29

合計値が表示されない!

合計値のみ意図した表示にならなかった経験はありませんか?設定している数式/メジャーが最終的に集計されていないと、合計値のみ『-』表示になってしまったり、意図した数値にならないことがあります。

ページの先頭へ戻る