Qlik Trainingブログ

  • データ準備
2021.12.21

CSVやExcelの項目名が読み込めない?!データロード時にヘッダ行を指定する方法

CSVやExcelのデータを読み込むとき

・CSVの項目名がなぜか「@1」、「@2」と表示される
・Excelの余分なヘッダーが邪魔して、本来の項目名を取れない


など、元データに項目名があるのに、Qlik Senseに読み込めない……
そのような経験をされたことはございませんか?

このお悩み、ちょっとした操作で解決します!
本記事では、Qlik Senseにファイルを読み込む際に、特定の行を項目名として読み取る設定をご紹介します。

目次

※本記事は2021年12月時点の[SaaS]で作成しています。

CSVの項目名が「@1」、「@2」と表示される

下図は、CSVデータのプレビュー画面です。
項目名が「@1」、「@2」のように表示され、本来の項目名が2行目にあります。

CSVのデータを扱うとき、このようにうまく項目名が検出されないことがあります。
そんなときは、上部のメニューにある[項目名]の[項目名が存在しません]を[埋め込まれた項目名]に変更するだけ!
データの中に項目名があると指定できます。

Excelに余分なヘッダーがある

分析用のデータ以外に、テーブル名やデータ出力日がヘッダーとして記載されていることがあると思います。

下図はこのExcelを読み込んだ場合のプレビュー画面です。
本来の項目名ではなく、1行目が項目名として検出されています。

そんなときは、[ヘッダーサイズ]で余分な行を指定するだけ!
どの行を項目名として検出させるか指定できます。

さいごに

データのプレビュー画面で、特定の行を項目名として指定する方法をご紹介しました。
ちょっとした設定で項目名をさくっと読み込めますよね!
ぜひお試しください。

関連している記事

  • データ準備
  • SaaS
2021.12.06

Azure Storageからのデータ読み込み【Qlik Sense SaaSのデータ接続】

Qlik Sense SaaSからAzure Storageへ接続しデータを読み込んでみましょう

  • データ準備
2021.11.30

数値の先頭に「0」がつくデータを取り込む方法

今回は、元の書式のまま取り込む方法についてご紹介します!

  • データ準備
2021.11.09

アプリ内にデータを埋め込む!インラインロードで簡単データ作成

Qlik SenseはExcelやCSV等の外部データをロードする方法が一般的ですが、少量データなのに外部データとして準備することに煩わしさを感じたことはありませんか?Qlikはスクリプト内に直接データを埋め込めるのでちょっとしたデータが必要な時には「インラインロード」を知っておくと便利です。

ページの先頭へ戻る