Qlik Trainingブログ

  • SaaS
2022.01.05

Qlik Application Automation活用術#アプリの連続リロード

Qlik Sense SaaSの新機能として、「Qlik Application Automation」がリリースされました。
こちらは、GUIで簡単にアプリケーション同士の連携処理を作成できる機能であり、Qlik Sense SaaS上で無償で利用することができます。連携処理のテンプレートも豊富にそろっているので処理の作成も簡単です。今回はこの「Qlik Application Automation」の活用方法として、Qlik Senseの「アプリリロードのタスクチェーン」を例に挙げ設定方法をご紹介します。

目次

※本記事は2021年12月時点の[SaaS]で作成しています。

Qlik Application Automationとは

Qlik Application Automation」は、キャンバス上でアイコンをドラッグ&ドロップするというノーコードの簡単な操作で、Qlik Sense SaaSを含む31のアプリケーション同士の連携処理を作成できます。

昨今、組織内で利用するSaaSアプリケーションの数は急増しており、アプリケーション間の連携に課題を感じるケースは少なくありません。各SaaSアプリケーション内に蓄積されたデータをしっかりと連携し、ユーザーのアクションをいち早く促すためのツールが「Qlik Application Automation」です。

こちらを利用することで、具体的には以下のようなことが可能となります。

 ・Qlik Sense SaaSのユーザー情報やアプリのデータをSlackやTeamsに投稿する
 ・Qlik Senseで加工したデータをGoogle SpreadSheetに出力する
 ・アプリを特定の軸項目別に分割する(例:各支社ごとにアプリを分割する)
 ・アプリのデータ更新が完了したら、別のアプリのデータ更新を実行する

 
上記はあくまでほんの一例で、組み合わせ次第で作成できる処理内容は無限大です。

今回は最も基本的な「2つのアプリをタスクチェーンとしてリロードする」テンプレートを例に挙げて設定方法をご紹介します。

リロードタスクチェーンの処理概要

2つのアプリを連続してリロード実行することができる自動化処理です。1つめのアプリのリロードが成功したら2つめのアプリをリロードすることができます。
「1つめのリロードでQVDが生成できたら2つめで公開用のアプリをリロードする」ような利用例がありますのでアプリの数やQVD運用が増えてきたら試してみてください。

リロードタスクチェーンの設定方法

1) [新規追加] ボタンから [新しい自動化] を選択します。

2) テンプレートから [Reload apps as a task chain]-[Use template] を選択します。

3) [Do Reload] のアイコンを選択し、右側の必要事項を入力します。

4) [Do Reload2] のアイコンを選択し、(3)と同様に右側の必要事項を入力します。

5)[▶ Run] を選択し、タスクを実行します。

6) 無事にタスクが完了したことを確認します。

7) [Editor]を選択します。

8) [Start] を選択し、右側の欄でスケジュールを設定します。

注意事項

Qlik Application Automation利用時の注意事項は以下のとおりです。

・1つの自動化につき、同時刻に1回のみ実行可能
・並列処理はできない(SparkやHadoopではない)
・最大実行時間は1時間(※実行時間が長い処理の場合は分割する)
・自動化の最大同時実行数は10(ライセンスによって増加)
・テナント全体で1分間に最大300回のAPIコールが可能

さいごに

いかがでしたでしょうか。

Qlik Application Automationを活用し、ワークフローを自動化することで、ユーザーのデータ分析を強力にサポートし「Time to Value」を加速させます。Qlik Sense SaaSを利用している方は、無償で利用することができますので、まずは簡単なこの「タスクチェーン」から一度操作を試してみてください。きっと、「あんなことにも活用できるのでは・・?」と想像が膨らむはずです。

業務効率化につながる様々な自動化を、ぜひ「Qlik Application Automation」を使って実現してみてください。

関連している記事

  • 可視化
  • SaaS
2021.12.07

タブでチャートを切り替え!コンテナーによる省スペース化

分析用にいろんな種類のチャートを利用したい。でも画面に入りきらない。でも使いたい・・・。 そんなときはコンテナーを使ってチャートをタブ切替できるようにしてみましょう。

  • データ準備
  • SaaS
2021.12.06

Azure Storageからのデータ読み込み【Qlik Sense SaaSのデータ接続】

Qlik Sense SaaSからAzure Storageへ接続しデータを読み込んでみましょう

  • SaaS
  • オンプレミス
2021.05.20

May 2021がリリースされました

Qlik Qlik Senseの新しいバージョン「May 2021」がリリースされました! ユーザーインターフェースが変更されましたので、前バージョン(オンプレミス版)との画面の違いをご紹介します。

ページの先頭へ戻る