Database Support Blog

  • Oracle Cloud
2024.06.05

BaseDBのバックアップ失敗時にメール通知する方法

BaseDBの管理において、何らかの理由でバックアップ取得が失敗することがあります。

バックアップのステータス(正常終了か異常終了か)はOCIコンソールから確認が可能ですが、管理の手間がかかってしまうため、本記事ではBaseDBのバックアップ取得が失敗した時にメール通知が届くようにする手順をご紹介します。

通知の設定

まず、トピックとサブスクリプションを作成して通知先メールアドレスを設定します。その後、BaseDBのバックアップ取得に失敗した場合にメール通知が送られるようにイベントを設定します。

通知先メールアドレスの設定

OCIコンソールからトピックとサブスクリプションを作成します。

OCIコンソールのメニューから、「開発者サービス > 通知」より「トピックの作成」をクリックします。

名前」に任意の値を入力し、「作成」をクリックします。

作成したトピックの詳細画面から、「サブスクリプションの作成」をクリックします。

プロトコル」で「電子メール」を選択し、「電子メール」に通知先のメールアドレスを入力して「作成」をクリックします。

入力したメールアドレス宛にOracle Cloudから確認メールが届きます。

作成したトピック名が記載されていることを確認し、メール内の「Confirm subscription」のリンクをクリックします。

以下の画面が表示されたら完了です。

イベントの設定

BaseDBのバックアップ取得が失敗した時に、設定したメールアドレスにメール通知をするようにイベントを設定します。

OCI コンソールのメニューから、「監視および管理 > イベント・サービス」より「ルールの作成」をクリックします。

各項目を入力または選択し、「ルールの作成」をクリックします。


・「表示名」に任意の値を入力
・「説明」に任意の値を入力
・「条件」に「イベント・タイプ」を選択
・「サービス名」に「Database」を選択
・「イベント・タイプ」に「Database - Automatic Backup End」と「Database - Create Backup End」を選択

※バックアップごとにイベント・タイプが異なるため、両方を対象とする場合は両方を選択します。

 自動バックアップ:Database - Automatic Backup End
 手動バックアップ:Database - Create Backup End


・「+別の条件」をクリック
・「条件」に「属性」を選択
・「属性名」に「lifecycleState」を選択
・「属性値」に「FAILED」を入力して選択
・「アクション・タイプ」に「通知」を選択
・「通知コンパートメント」に監視対象のコンパートメントを選択

※(任意)対象のDBを絞り込みたい場合は、さらに「+別の条件」をクリックし、以下の条件を追加します。

・「条件」に「属性」を選択
・「
属性名」に「databaseId」を選択
・「
属性値」に対象のデータベースのOCIDを入力して選択

通知内容の確認

設定完了後、BaseDBのバックアップ失敗時に届く通知メールの内容と確認ポイントを簡単に説明します。

BaseDBの自動バックアップが失敗した場合、以下のようなメールが届きます。


(通知メール例)

赤線を引いている項目が主な確認ポイントです。
バックアップ失敗時の通知メールに含まれる各項目の説明は以下です。

項目 説明
eventTime イベントが発生した日時(バックアップ失敗を検知した日時)
resourceName 自動バックアップの場合は「Automatic Backup
手動バックアップの場合は指定したバックアップ名
lifecycleState バックアップの状態(「FAILED」)
lifecycleDetails バックアップの状態の理由(バックアップ失敗理由)
dbSystemId イベントが発生したDBシステムのOCID(バックアップが失敗したDBシステムのOCID)
databaseId イベントが発生したデータベースのOCID(バックアップが失敗したデータベースのOCID)

バックアップ失敗の通知が届いた場合の詳細な対応方法については、以下の記事をご参照ください。


【Oracle Cloud】BaseDB の自動バックアップが失敗した時に確認するポイントと対応方法
https://www.ashisuto.co.jp/db_blog/article/basedb-automation-backup-checkpoints.html

注意点

通知メールの送信元アドレスは、ご利用のリージョンによってドメインが異なります


  noreply@notification.{リージョン識別子}.oci.oraclecloud.com


リージョンごとに送信元アドレスが異なりますので、メールのフィルタリングルール設定などにアドレスを指定している場合にはご注意ください。リージョン識別子はこちらのマニュアルから確認いただけます。

まとめ

本記事ではBaseDBのバックアップ失敗時にメール通知する方法をご紹介しました。

バックアップ取得が失敗してしまった時に、迅速に状況把握と対応を行えるよう、本記事がお役に立てれば幸いです。


執筆者情報

こばやしけんた プロフィール画像

2008年度アシストに入社後、Oracle WebLogic Server や Oracle HTTP Server を中心にサポートエンジニアとして活動しており、これまでに4000件以上の問い合わせを対応。



■本記事の内容について
 本記事に示した定義及び条件は変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

■商標に関して
 ・Oracle®、Java、MySQL及びNetSuiteは、Oracle、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
 ・Amazon Web Services、AWS、Powered by AWS ロゴ、[およびかかる資料で使用されるその他の AWS 商標] は、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
  文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

関連している記事

  • Oracle Database
  • Oracle Cloud
  • AWS
2024.07.09

Oracle Databaseライセンスの定義とルールを正しく理解する ~第4回:クラウド編~

今回はOracle Databaseライセンス「クラウド環境編」です。これまでエディション、ライセンスの種類、カウントの方法、という基本的な部分と、構成面の理解として仮想化環境の考え方をご紹介してきました。今回はクラウド環境におけるOracle Databaseライセンスの定義やルールを解説します。

  • Oracle Cloud
2024.07.02

OCI CLIでデータベースインスタンスを作成する方法

OCI CLIは、OCIの各種サービスを操作するためのコマンドラインツールです。OCI CLIを使用してデータベースインスタンスを構築する方法についてご紹介します。

  • Oracle Cloud
  • AWS
2024.06.18

AWSとOCIを接続してみよう!

ビジネスインフラ環境を様々な形態で運用されている昨今、クラウドもその選択肢のひとつです。各社クラウドの特性を活かすために複数のクラウドを利用されているお客様も多くなってきました。今回は2つのクラウド(OCIとAWS)を閉域接続する構成をどのように構築するのかを紹介します。

ページの先頭へ戻る