Qlik Trainingブログ

  • 可視化
2021.11.17

データ分析の基本~「集計関数の使い方」~

Qlik Senseを使い始めたばかりの方向けに、よく使用する集計関数の活用術についてご紹介します。売上合計を見たい、売上件数をカウントしたいというように、複数の値を集計する際に使用するのが「集計関数」です。

目次

※本記事は「2021年10月時点のSaaS]で作成しています。

はじめに

今回は集計関数の中でもよく使用するSum関数、Count関数、Avg関数、Concat関数の基本的な使い方をご紹介します。なお、本記事では下記のデータを使用します。

▼データ例

合計値の算出(Sum関数、Total修飾子)

値を合算する場合はSum関数を使用します。

Sum(売上)

例えば軸「年」、メジャー「Sum(売上)」で年ごとの売上を求めることができます。

また、以下のように軸に「商品名」を追加すると、「年」「商品名」ごとの売上を算出することができます。

ではここで、”年毎の売上全体に対する各商品の売上内訳”を算出したい場合、どのような方法があるでしょうか?割合や構成比を求める際に使用するのがTotal修飾子です。

Sum()内にTotal<項目名>と指定すると、<項目名>ごとの合計を求めることができます。以下の指定で、「商品名」を無視した「年」ごとの「売上」を返します。

Sum(Total<年>売上)

Total修飾子を利用して、「商品名毎の売上÷年全体の売上」と記述すると、売上構成比が算出できますね!

Sum(売上)/Sum(Total<年>売上)

データ件数の算出(Count関数、Distinct修飾子)

データの件数を数える場合はCount関数を使用します。

軸を「年」とすると、2020年はりんご、みかん、ぶどうの3件、2021年はりんご、みかん、みかんの3件が返ります。

Count(商品名)

また、データの総件数ではなく、ユニーク数をカウントしたい場合はCount()内にDistinct修飾子を追加します。結果、2021年は2件となります。

Count(Distinct 商品名)

平均値の算出(Avg関数)

平均値を求める場合はAvg関数を使用します。

Avg(売上)

以下の指定で「年」ごとの売上平均を求めることができます。
Avg関数も、Sum関数やCount関数と同様に、Total修飾子、Distinct修飾子を使用できます。

関連付く値の表示(Concat関数)

複数の値をまとめて表示する場合はConcat関数を使用します。
集計対象の値や関連する値を表示・確認したい場合に便利です。

例えば「商品名」を;区切りで表示するには以下のように記述します。

Concat(商品名,’;’)

また第3引数(並び順)に「売上」を指定すると、「売上」の小さい順に表示することも可能です。

Concat(商品名,’;’,売上)

さいごに

今回は基本的な集計関数についてご紹介しました。
他にも、データ分析を行うための関数が多く用意されていますので、ぜひメーカーヘルプサイトもご覧ください!

メーカーのヘルプサイト
https://help.qlik.com/ja-JP/cloud-services/Subsystems/Hub/Content/Sense_Hub/Scripting/functions-in-scripts-chart-expressions.htm

関連している記事

  • 可視化
2022.04.28

売上ランキング表を作成しよう!

データマネージャーで取り込んだデータのテーブル名や項目名を変更する方法をご紹介します。

  • 可視化
2021.12.17

チャートのフォントサイズを変更する方法

今回はアプリがより見やすくなるよう、フォントサイズの変更方法をご紹介します。

  • 可視化
  • データ探索
  • 分析手法
2021.12.15

データ分析の基本~グラフの使い方入門~

基本的なグラフの構造と用途を理解してQlik Senseでグラフを使いこなしましょう!

ページの先頭へ戻る