Qlik Trainingブログ

  • 可視化
2021.11.17

データ分析の基本~「集計関数の使い方」~

Qlik Senseを使い始めたばかりの方向けに、よく使用する集計関数の活用術についてご紹介します。売上合計を見たい、売上件数をカウントしたいというように、複数の値を集計する際に使用するのが「集計関数」です。

目次

※本記事は「2021年10月時点のSaaS]で作成しています。

はじめに

今回は集計関数の中でもよく使用するSum関数、Count関数、Avg関数、Concat関数の基本的な使い方をご紹介します。なお、本記事では下記のデータを使用します。

▼データ例

合計値の算出(Sum関数、Total修飾子)

値を合算する場合はSum関数を使用します。

Sum(売上)

例えば軸「年」、メジャー「Sum(売上)」で年ごとの売上を求めることができます。

また、以下のように軸に「商品名」を追加すると、「年」「商品名」ごとの売上を算出することができます。

ではここで、”年毎の売上全体に対する各商品の売上内訳”を算出したい場合、どのような方法があるでしょうか?割合や構成比を求める際に使用するのがTotal修飾子です。

Sum()内にTotal<項目名>と指定すると、<項目名>ごとの合計を求めることができます。以下の指定で、「商品名」を無視した「年」ごとの「売上」を返します。

Sum(Total<年>売上)

Total修飾子を利用して、「商品名毎の売上÷年全体の売上」と記述すると、売上構成比が算出できますね!

Sum(売上)/Sum(Total<年>売上)

データ件数の算出(Count関数、Distinct修飾子)

データの件数を数える場合はCount関数を使用します。

軸を「年」とすると、2020年はりんご、みかん、ぶどうの3件、2021年はりんご、みかん、みかんの3件が返ります。

Count(商品名)

また、データの総件数ではなく、ユニーク数をカウントしたい場合はCount()内にDistinct修飾子を追加します。結果、2021年は2件となります。

Count(Distinct 商品名)

平均値の算出(Avg関数)

平均値を求める場合はAvg関数を使用します。

Avg(売上)

以下の指定で「年」ごとの売上平均を求めることができます。
Avg関数も、Sum関数やCount関数と同様に、Total修飾子、Distinct修飾子を使用できます。

関連付く値の表示(Concat関数)

複数の値をまとめて表示する場合はConcat関数を使用します。
集計対象の値や関連する値を表示・確認したい場合に便利です。

例えば「商品名」を;区切りで表示するには以下のように記述します。

Concat(商品名,’;’)

また第3引数(並び順)に「売上」を指定すると、「売上」の小さい順に表示することも可能です。

Concat(商品名,’;’,売上)

さいごに

今回は基本的な集計関数についてご紹介しました。
他にも、データ分析を行うための関数が多く用意されていますので、ぜひメーカーヘルプサイトもご覧ください!

メーカーのヘルプサイト
https://help.qlik.com/ja-JP/cloud-services/Subsystems/Hub/Content/Sense_Hub/Scripting/functions-in-scripts-chart-expressions.htm

関連している記事

  • 可視化
2021.11.02

フィルターパネルを効果的に使うための必須ポイント!

Qlik Senseのフィルターパネルには、あまり知られていないテクニックや活用ポイントがあります。知らないと思わぬ落とし穴にはまることもあるのでぜひご一読お願いします!

  • 可視化
2021.10.25

ボタンで金額単位を切り替える!(円 → 千円 → 百万円)

画面上に表示させた「売上」や「予算」などの金額の値を、円・千円・百万円単位などで切り替えて表示させたい場合はございませんか?

  • 可視化
2021.08.30

色合いが統一されたスタイリッシュなアプリを目指そう!

アプリ開発の際、気がつくと思ったよりたくさん色を使っていて全体を見たいときに画面が煩雑に見えてしまう…なんてことはありませんか?

ページの先頭へ戻る