Qlik Trainingブログ

  • データ準備
2021.02.26

JOIN(データの結合)はマウス操作だけで簡単にできる!

JOIN(データの結合)はマウス操作だけで簡単にできる!

操作に慣れてきた開発ユーザーの皆様、データマネージャーでできるのは関連付けだけだと思っていませんか?
実は、JOINもデータマネージャーで簡単にできるんです!

データロード時に複数のテーブルの項目を使って新しい項目を作りたい場合はありませんか?
または、循環参照を解消するために、テーブル同士を結合したい場合はありませんか?
そんな時はJOINを使って複数のテーブルを1つにまとめてあげることができるんです!
今回は、データマネージャーでJOINする方法をご紹介します。

目次

※本記事は バージョン「February 2021」で作成しています。

JOIN(データの結合)とは

JOINとは、複数のテーブルをひとつのテーブルにまとめることを指します。

JOINの種類

JOINには結合元や結合先のデータのまとめ方の違いによって4 種類の結合方法があります。

  • Inner Join
    Left Join
    Right Join
    Outer Join
例では、商品コードが紐づける項目(キー項目)としてJOINする方法をご説明します。
▼Inner Join
結合元と結合先のどちらにも存在するデータをまとめる方法です。

商品コード 数量 商品コード 商品名
0001 30 0001 コーヒー
0002 40 ←Inner Join 0002 ワイン
0003 50 0004 ビール
0004 60 0005 ジュース

結合元と結合先のどちらにもに存在する商品コード「0001」「0002」「0004」のデータが保持されます。

Inner Joinの結果

商品コード 数量 商品名
0001 30 コーヒー
0002 40 ワイン
0004 60 ビール

結合元と結合先のどちらにもに存在する商品コード「0001」「0002」「0004」のデータが保持されます。

Inner Joinの結果

商品コード 数量 商品名
0001 30 コーヒー
0002 40 ワイン
0004 60 ビール

▼Left Join
 結合元のデータのみ保持してデータをまとめる方法です。

結合元 結合先
商品コード 数量 商品コード 商品名
0001 30 0001 コーヒー
0002 40 ←Left Join 0002 ワイン
0003 50 0004 ビール
0004 60 0005 ジュース

結合元に存在する商品コード「0001」「0002」「0003」「0004」のデータが保持されます。
Left Joinの結果

商品コード 数量 商品名
0001
30

コーヒー

0002

40

ワイン

0003

50


0004

60

ビール

▼Right Join
 結合先のデータのみ保持してデータをまとめる方法です。

結合元 結合先
商品コード 数量 商品コード 商品名
0001 30 0001 コーヒー
0002 40 ←Right Join 0002 ワイン
0003 50 0004 ビール
0004 60 0005 ジュース

結合先に存在する商品コード「0001」「0002」「0004」「0005」のデータが保持されます。
Right Joinの結果

商品コード 数量 商品名

0001

30

コーヒー

0002

40

ワイン

0004

60

ビール

0005


ジュース

▼Outer Join
 結合元と結合先のデータを全て保持してデータをまとめる方法です。

結合元 結合先
商品コード 数量 商品コード 商品名
0001 30 0001 コーヒー
0002 40 ←Outer Join 0002 ワイン
0003 50 0004 ビール
0004 60 0005 ジュース

一方にしかない商品コード「0003」「0005」のデータも保持されます。
Outer Joinの結果

商品コード 数量 商品名
0001 30 コーヒー
0002 40 ワイン
0003 50
0004 60 ビール
0005 ジュース

データマネージャーでのJOINの操作方法

データを追加したら、結合元のバブルをクリックし、画面下の[…](詳細オプション)-[連結または結合]をクリックします。

結合先のテーブルのバブルをクリックします。

画面中ほどの[アクションを選択]-[Left Join]をクリックします。
※今回はLeft Joinを選択しましたが、状況に応じて最適なJOINの種類を選択してください。

画面下部に結合元と結合先を紐づける項目が自動的に反映されているので、紐づけたい項目になっているか確認します。

表示されている項目が正しくない場合は、[マッピングの編集]をクリックすることでドラッグ&ドロップで手動設定することができます。

紐づけたい項目になっていることを確認出来たら、画面右側の[適用]をクリックします。

結合することができました。
売上明細のテーブルに、商品マスタの項目が追加されています。

結合を解除する場合は画面下部の[↤↦](このテーブルを分割)をクリックします。

結合の種類を確認する場合は、画面下部の[…](詳細オプション)-[詳細の表示]をクリックします。

結合の種類がLeft Join、結合元が売上明細、結合先が商品マスタということが分かります。

さいごに

今回は、データマネージャーで簡単にJOINする方法をご紹介しました。
今後、データマネージャーの操作方法について投稿予定ですので、そちらも是非ご覧ください!

関連している記事

  • データ準備
2021.06.02

ビジネスロジックで洞察を活用しよう

「ビジネス ロジック」という機能はご存知ですか? ビジネスロジックは、拡張知能へデータモデル内のデータ項目の関係性や使用方法などを理解させるための設定機能で、準備タブのメニューにあります。

  • データ準備
2021.05.24

データマネージャーで簡単「デピボット」

予実管理では、ピボットテーブル形式の予算情報の取り込みが不可欠です。横方向のデータを縦軸に変換するピボット解除、「デピボット」を画面操作(GUI)で簡単に行う方法を紹介します。

  • データ準備
2021.05.12

JOIN(データの結合)で分析しやすいデータに加工する!~

データをアプリに取り込む中で、似たデータやテーブルが増え、データ構造や管理が複雑になった...という経験はないでしょうか。今回はGUIでの加工では物足りず、スクリプトオンリーで開発している方向けに、データ ロード エディタで結合する方法をご紹介します。

ページの先頭へ戻る