Qlik Trainingブログ

  • データ準備
2021.11.30

数値の先頭に「0」がつくデータを取り込む方法

数値の先頭に「0」がつくデータを取り込む方法

先頭に「0」が付く数値・付かない数値が意図したとおりに取り込まれず、困った経験はないでしょうか?

Qlikでは、同じ項目内で同じ数値を取り込む際、「0」が付く数値・付かない数値は同じ値として認識され、1つの書式に統一される仕様です。
今回は、元の書式のまま取り込む方法についてご紹介します!

目次

数値データ取り込み時の動作について

「0041」「41」「041」のように、同じ41という数値を取り込んだ場合、Qlikでは最初に取り込まれた「0041」の書式に統一してデータが取り込まれます。

■「0041」「41」「041」 の順でIDを取り込む場合の動作例

▼元データ

KEY ID
A 0041
B 41
C 041

▼ロード結果

元の書式のまま取り込む方法

「0041」「41」「041」をそれぞれ異なる書式として区別したい場合、Text関数で数値をテキストデータとして取り込みます。

以下のように「ID」項目をText関数で括ります。

LOAD KEY,
Text(ID) as ID
From テーブル名;

▼ロード結果

なお、データマネージャーでデータを取り込んだ場合もデータロードエディタでText関数のスクリプトを追加することで対応可能です。
※データマネージャーで自動生成されたスクリプトは[ロック解除]で編集可能です。

さいごに

今回は、先頭に「0」が付く数値・付かない数値が混在している場合に、元の書式のまま取り込む方法についてご紹介しました。
Text関数を使用せずにそのまま取り込んでしまうと、最初に取り込まれた値の書式に統一して取り込まれます。
この仕様を知らずに取り込んでしまうと分析に影響があるため、覚えておきましょう!

関連している記事

  • データ準備
  • SaaS
2021.12.06

Azure Storageからのデータ読み込み【Qlik Sense SaaSのデータ接続】

Qlik Sense SaaSからAzure Storageへ接続しデータを読み込んでみましょう

  • データ準備
2021.11.09

アプリ内にデータを埋め込む!インラインロードで簡単データ作成

Qlik SenseはExcelやCSV等の外部データをロードする方法が一般的ですが、少量データなのに外部データとして準備することに煩わしさを感じたことはありませんか?Qlikはスクリプト内に直接データを埋め込めるのでちょっとしたデータが必要な時には「インラインロード」を知っておくと便利です。

  • データ準備
2021.10.19

元データを別の値に置き換えて分析しよう!

元データの値を別の値に置き換えて分析したいということはありませんか?

ページの先頭へ戻る