Qlik Trainingブログ

  • SaaS
  • オンプレミス
2021.05.20

May 2021がリリースされました

May 2021がリリースされました

2021年5月12日、Qlik Senseの新しいバージョン「May 2021」がリリースされました!

「May 2021」のSaaSでは、ナビゲーションバー・ツールバーのユーザーインターフェースが変更されました。
この変更は「SaaS」のみであるため、バージョン「May 2021」ではオンプレミス(Client-Managed・Desktop)とSaaSの画面が異なります。

SaaSをお使いの方、これからQlik Senseを試使用される方が操作に迷わないように
下記に前バージョン(オンプレミス版)との画面の違いをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

なお、Qlik Senseはユーザーの権限や開発・分析モードなどで画面が異なりますが、本記事は「Professional」ユーザーで作成しています。

目次

※本記事は バージョン「May 2021」の[SaaS]で作成しています。

オンプレミスとSaaSの画面の違い

オンプレミスでは前バージョンからの画面変更は特にありません。

SaaSの画面です。オンプレミスと同じアプリを表示していますが、違いがわかりますでしょうか?

実は画面上部の赤枠が変更になりました。

この部分をナビゲーションバーと呼びます。

この部分をツールバー(選択バー)と呼びます。

それぞれの変更点についてご紹介します。

上:オンプレミス、下:SaaSで画面を対比してご紹介します。

1)アプリ情報の表示
アプリ名がリンクになっていますので、アプリ名をクリックします。

2)ナビゲーションメニュー
[・・・]がナビゲーションメニューです。

3)各種タブ
各タブのメニューが見やすくなりました。

4)Hubを表示
QlikのロゴをクリックするとHubへ移動できます。

5)ヘルプ
SaaSのヘルプは、[Launcherメニュー]に移動されました。

ツールバーの変更点

アイコンに変更はありませんが、位置が変わりました。
Professionalユーザーでシートを編集したり作成する方は特にご注意ください。

1)選択バー
選択ツールの[選択]という文字がなくなり、アイコンのみになりました。

2)ブックマーク
大きく見やすくなりました。

3)シート
大きく見やすくなりました。

4)シートの編集ボタン ※Professionalのみ
分析モードは白、編集モードは緑色と色でわかるように変更になりました。

5)シート編集画面 ※Professionalのみ
アセットパネル・プロパティの表示・非表示、アイテムの編集などが画面上部に移動されました。

SaaSのプロファイル設定

よくお問合せいただく、Desktop・DataTransferのツールをダウンロードできるプロファイル設定をご紹介します。
1)上部右側にある名前が表示されている[ユーザープロファイルメニュー]をクリックします。

2)[プロファイル設定]をクリックします。

3)左に表示された[ツール]をクリックします。

ツールをダウンロードできます。

いかがでしたでしょうか?
SaaSは毎月バージョンアップされ、画面が変わります。
本記事は2021年5月時点の画面ですが、少しでも参考になれば幸いです。

関連している記事

ページの先頭へ戻る