Qlik Trainingブログ

  • Qlik Cloud
  • 開発者
  • 可視化・分析
2023.01.10

ピボットテーブルで合計行の色を変更

縦横の集計表であるピボットテーブルでは、複数のデータが表示されています。
そのため、どこを参照しているのかわかりにくくなるため、背景に色をつけることがあります。1行毎や条件によって背景色を変更する方法は「テーブルチャートの背景色を変更する方法」でご紹介しました。
ここでは、ピボットテーブルの合計行に色をつける方法をご紹介します。

目次

※本記事は「2022年12月時点のSaaS」で作成しています。

ピボットテーブルで背景色を設定する方法

ピボットテーブルのプロパティにある軸・メジャーそれぞれの「背景カラー表現」に、カラー関数を設定します。

■設定箇所

■画面イメージ

カラー関数の詳細は下記ヘルプをご覧ください。
https://help.qlik.com/ja-JP/cloud-services/Subsystems/Hub/Content/Sense_Hub/ChartFunctions/ColorFunctions/color-functions-charts.htm

合計行の背景色を設定する方法

合計行の背景色を設定するには、軸の数を取得するDimensionality関数を利用します。
以下の表でDimensionality関数の返す値を確認しましょう。合計行は0、一つ目の軸「商品大分類」は1、二つ目の軸「商品中分類」は2、という値が返ります。

このDimensionality関数とIf関数と組み合わせることで、合計行に色をつけることができます。

■数式例
------------------------------------------------------
=if(Dimensionality()=0,RGB(216,220,237))
------------------------------------------------------

■画面イメージ

IF文の中にIF文を記述することで、合計行と商品大分類の背景色を変更することもできます。

■数式例
------------------------------------------------------
if(Dimensionality()=0,RGB(216,220,237),
if(Dimensionality()=1,RGB(207,218,210) ))
------------------------------------------------------

■画面イメージ

さいごに

Dimensionality関数を使いピボットテーブルの合計行の色を設定する方法をご紹介しました。SecondaryDimensionality関数では、列軸の数を取得できますので、列で色設定することができます。
大量のデータを表示する際、少しでも見やすいチャート作成のお助けになれば幸いです。

関連している記事

  • Qlik Cloud
  • Qlik Sense
  • その他
2024.07.10

Qlik Connect 2024 に参加してきました!

今年は6月3日から5日にかけてフロリダ州オーランドでQlik Connect 2024が開催されました。 弊社アシストからは3名が参加しましたので、今回はその模様をお送りします。

  • Qlik Cloud
  • 運用者
  • データ統合
2024.07.04

新しいデータ統合の手法「ELT」をQlikで実現!ETLとの違いとは?

効率的なデータ分析を行うには必要データを収集統合することが必要です。 また最近では発生したデータをリアルタイムに使いたいとの要望も増えています。 本記事ではこのような課題に対し、Qlikが新たに対応したELTというデータ統合の手法についてご紹介します。

  • Qlik Cloud
  • Qlik Sense
  • 開発者
  • データロード
2024.06.27

複数のGoogleスプレッドシートを一括でQlik Sense SaaSのアプリに読み込みたい!

複数のGoogleスプレッドシートを一括で読み込む方法を紹介します。

ページの先頭へ戻る