Qlik Trainingブログ

  • データ準備
2021.03.15

データマネージャーでの「合成キー」作成方法

データマネージャーでの「合成キー」作成方法

データを関連付けする際に、複数のキー項目を利用したい、ということはありませんか?
Qlik Senseでは、データマネージャーを利用して簡単に「合成キー」を作成することができます。
正しい関連付けができていない、複数のキー項目をどう関連付けたらいいのかわからない、という方はぜひ今回の作成手順を参考にしてください。

目次

※本記事は バージョン「February 2021」で作成しています。

合成キーについて

データを関連付けする際に、複数のキー項目を利用して関連付けを行いたいケースは多くあります。例えば、実績と支社別予算を比較してみたい場合、「支社」と「年月」など複数の項目を利用する必要が出てきます。
この場合、「支社」と「年月」の2つのキー項目を利用して、「合成キー」を作成してみましょう。

データマネージャーでの「合成キー」作成方法

データマネージャーでは、簡単なマウス操作で合成キーが作成できます。

【データマネージャー】にて、【すべて適用】を選択し取り込んだデータの関連付けを行います。

テーブル名が書かれているバブル間にある二重丸を選択します。

推奨されている関連付けの項目を選択します。今回は「支社」の関連付けが推奨されています。

【カスタムの関連付け】を選択します。

「合成キー」にしたい項目を各テーブルから選択します。

関連付け名を任意の名前に変更します。

【関連付け】をクリックし、【データのロード】をクリックします。

以上で、合成キーの作成が完了しました。

下記の画像が合成キーのイメージ図となります。
【合成キーイメージ】

さいごに

今回、データマネージャーでの「合成キー」の作成方法についてご説明しました。
「合成キー」はデータロードエディタでも作成可能です。データロードエディタを利用している方は過去の記事
AutoNumber関数周辺についての本当に詳しい解説1(カウンタ編)
などもご参照ください。

関連している記事

  • データ準備
2021.06.02

ビジネスロジックで洞察を活用しよう

「ビジネス ロジック」という機能はご存知ですか? ビジネスロジックは、拡張知能へデータモデル内のデータ項目の関係性や使用方法などを理解させるための設定機能で、準備タブのメニューにあります。

  • データ準備
2021.05.24

データマネージャーで簡単「デピボット」

予実管理では、ピボットテーブル形式の予算情報の取り込みが不可欠です。横方向のデータを縦軸に変換するピボット解除、「デピボット」を画面操作(GUI)で簡単に行う方法を紹介します。

  • データ準備
2021.05.12

JOIN(データの結合)で分析しやすいデータに加工する!~

データをアプリに取り込む中で、似たデータやテーブルが増え、データ構造や管理が複雑になった...という経験はないでしょうか。今回はGUIでの加工では物足りず、スクリプトオンリーで開発している方向けに、データ ロード エディタで結合する方法をご紹介します。

ページの先頭へ戻る