Qlik Trainingブログ

  • データ準備
2021.03.22

データマネージャーでの簡単操作で取り込んだ複数テーブルを縦に連結する方法

データマネージャーでの簡単操作で取り込んだ複数テーブルを縦に連結する方法

Qlik Senseにデータを取り込む際、複数のテーブルを縦につなげて取り込みたいと思うことはありませんか? Qlik Senseでは、データマネージャーにあるConcatenateという機能を使うことで、マウス操作のみで簡単に複数のテーブルを縦につなげることができます。

今回は「データマネージャーでConcatenateする方法」についてご紹介します。

目次

※本記事は バージョン「February 2021」で作成しています。

Concatenateとは

Qlik Senseに取り込んだ複数のテーブルを縦に連結する機能です。
例えば、以下のような同じ項目をもつテーブルA、テーブルBについて考えてみます。

▼テーブルA

年月 商品名 売上
2021/01 いちご 300

▼テーブルB

年月 商品名 売上
2021/02 りんご 100

この2つをConcatenateすると以下のように連結されます。

年月 商品名 売上
2021/01 いちご 300
2021/02 りんご 100

データマネージャーでConcatenateする方法

データマネージャー画面にて、テーブル(バブル)を選択し、画面下部の[・・・]より[連結または結合]をクリックします。

続いて、連結させたいテーブルを選択し、画面中央部の[アクションを選択]より[Concatenate]をクリックすることで、選択した2つのテーブルが連結されます。

項目名が同じ場合、Qlik Senseが自動的に縦に連結します。
連結したい項目が異なる場合は、[アクションを選択]の右部にある[マッピングの編集]をクリックすることで、編集することが可能です。
上段に表示されているテーブルの項目名は連結後、テーブルの基準となるため、下段に表示されているもう一方のテーブルの項目名をドラッグアンドドロップし、任意の位置へ配置していきます。
例えば、2019年「仕入担当コード」と2020年「担当者コード」を連結したい場合は、画像のように2020年「担当者コード」を2019年「仕入担当コード」の下にドラッグアンドドロップで配置します。

編集完了後、[適用]をクリックし、画面右上部の[データのロード]よりQlik Sense内にデータを取り込みます。

さいごに

今回は、データマネージャーで複数テーブルをConcatenateさせる方法について、ご紹介しました。
データマネージャーを使って、複数テーブルを1つのテーブルにまとめるなど、テーブルを連結したい際にぜひお試しください。
データマネージャーは年々進化しています。データロードエディタに自信のない方でも、データ加工ができるので、ぜひチャレンジしてみてください!

関連している記事

  • データ準備
2021.11.30

数値の先頭に「0」がつくデータを取り込む方法

今回は、元の書式のまま取り込む方法についてご紹介します!

  • データ準備
2021.11.09

アプリ内にデータを埋め込む!インラインロードで簡単データ作成

Qlik SenseはExcelやCSV等の外部データをロードする方法が一般的ですが、少量データなのに外部データとして準備することに煩わしさを感じたことはありませんか?Qlikはスクリプト内に直接データを埋め込めるのでちょっとしたデータが必要な時には「インラインロード」を知っておくと便利です。

  • データ準備
2021.10.19

元データを別の値に置き換えて分析しよう!

元データの値を別の値に置き換えて分析したいということはありませんか?

ページの先頭へ戻る