Qlik Trainingブログ

  • データ準備
2021.03.22

データマネージャーでの簡単操作で取り込んだ複数テーブルを縦に連結する方法

データマネージャーでの簡単操作で取り込んだ複数テーブルを縦に連結する方法

Qlik Senseにデータを取り込む際、複数のテーブルを縦につなげて取り込みたいと思うことはありませんか? Qlik Senseでは、データマネージャーにあるConcatenateという機能を使うことで、マウス操作のみで簡単に複数のテーブルを縦につなげることができます。

今回は「データマネージャーでConcatenateする方法」についてご紹介します。

目次

※本記事は バージョン「February 2021」で作成しています。

Concatenateとは

Qlik Senseに取り込んだ複数のテーブルを縦に連結する機能です。
例えば、以下のような同じ項目をもつテーブルA、テーブルBについて考えてみます。

▼テーブルA

年月 商品名 売上
2021/01 いちご 300

▼テーブルB

年月 商品名 売上
2021/02 りんご 100

この2つをConcatenateすると以下のように連結されます。

年月 商品名 売上
2021/01 いちご 300
2021/02 りんご 100

データマネージャーでConcatenateする方法

データマネージャー画面にて、テーブル(バブル)を選択し、画面下部の[・・・]より[連結または結合]をクリックします。

続いて、連結させたいテーブルを選択し、画面中央部の[アクションを選択]より[Concatenate]をクリックすることで、選択した2つのテーブルが連結されます。

項目名が同じ場合、Qlik Senseが自動的に縦に連結します。
連結したい項目が異なる場合は、[アクションを選択]の右部にある[マッピングの編集]をクリックすることで、編集することが可能です。
上段に表示されているテーブルの項目名は連結後、テーブルの基準となるため、下段に表示されているもう一方のテーブルの項目名をドラッグアンドドロップし、任意の位置へ配置していきます。
例えば、2019年「仕入担当コード」と2020年「担当者コード」を連結したい場合は、画像のように2020年「担当者コード」を2019年「仕入担当コード」の下にドラッグアンドドロップで配置します。

編集完了後、[適用]をクリックし、画面右上部の[データのロード]よりQlik Sense内にデータを取り込みます。

さいごに

今回は、データマネージャーで複数テーブルをConcatenateさせる方法について、ご紹介しました。
データマネージャーを使って、複数テーブルを1つのテーブルにまとめるなど、テーブルを連結したい際にぜひお試しください。
データマネージャーは年々進化しています。データロードエディタに自信のない方でも、データ加工ができるので、ぜひチャレンジしてみてください!

関連している記事

  • データ準備
2021.06.30

Where句で必要なデータだけ取り込みます!

アプリに全てのデータを取り込む必要はないな…という時ありませんか? そんな時はWhere句で条件を指定して必要なデータだけ取り込みましょう!

  • データ準備
2021.06.15

Concatenate(連結)で分析しやすいデータに加工する!

JOINに引き続き、データ準備のテクニックをご紹介します。 今回はJOINと同じように複数テーブルを1つにまとめ、 分析しやすいデータに加工できる「Concatenate」(連結)についてです。

  • データ準備
2021.06.02

ビジネスロジックで洞察を活用しよう

「ビジネス ロジック」という機能はご存知ですか? ビジネスロジックは、拡張知能へデータモデル内のデータ項目の関係性や使用方法などを理解させるための設定機能で、準備タブのメニューにあります。

ページの先頭へ戻る