TOP>企業情報>会社情報>沿革>沿革 飛躍期(2012~)

沿革 飛躍期(2012~)

創成期
成長期
統合期
発展期
飛躍期


創立40周年の節目の年である2012年 大塚辰男が取締役社長に任命された。創業者であるビル・トッテンから大塚辰男へのバトンタッチはスムーズに行われ、6ヵ年の中期経営計画「弾丸‐2017 」が発表された。


2012年
愛知県名古屋市に、サポートセンターを開設
名古屋サポートセンターの様子
事業継続計画に基づき、リスク分散を図ると同時に、拠点のフィールド技術を顧客に注力させ、顧客企業へのサービス向上を図るため、名古屋オフィス内(愛知県名古屋市)に第4番目となるサポートセンターを開設した。


2013年
製品サポート業務に特化したグループ会社、「株式会社アシスト北海道」を設立
アシスト北海道の様子
24時間のサポートサービスを安定的に提供し続ける体制維持、運営のためにサポートを主たる業務とする新会社「株式会社アシスト北海道」を北海道札幌市に設立した。
アシストのサポートセンターとして5箇所目になる。

ビジネス・ルール管理システム「Progress Corticon」を販売開始


2014年
Webコンテンツ・マネジメント・システムの提供に特化した「株式会社のれん」を設立
のれんのロゴ
Web市場に迅速に対応するため、Webコンテンツ・マネジメント・システムや関連サービスの提供に特化したグループ会社「株式会社のれん」を設立した。 詳細は「株式会社のれん」を参照。


2015年
標的型攻撃対策「ダブルブラウザ・ソリューション 」の提供開始

高速分析用データベース「Vertica」の提供開始

セルフサービス型分析プラットフォーム「Qlik Sense」の提供開始


2016年
データ・プレパレーション・プラットフォーム「Paxata」を販売開始

データ仮想化ソフトウェア「Delphix」を販売開始

「コンタクトセンター・アワード 2016」最優秀テクノロジー部門賞受賞
コンタクトセンター・アワード 2016
「Wikiの活用」と独自の「DIYシステム」でサポート業務を効率化し、「コンタクトセンター・アワード 2016」の最優秀テクノロジー部門賞を受賞。 詳細は「ニュースリリース」を参照。


2017年
業務自動化のためのプラットフォーム「AEDAN ~Ashisuto Enterprise Decision AutomatioN」を発表

インターネット分離を完全に実現する製品「Ericom Shield」を販売開始


創成期
成長期
統合期
発展期
飛躍期


ページの先頭へ戻る