Database Support Blog

  • Oracle Cloud
  • その他
2020.04.10

"読んで知って使い分け" Oracle Cloudの3種類のストレージ・サービス

Oracle Cloudには大きく分けて3つのストレージサービスが提供されています。

今回は、はじめてOracle Cloudを触る方に向けて、この3つのストレージサービスの概要を分かりやすく、現場での事例も含めてご紹介します。


ブロック・ボリューム・サービス

NVMe SSDをベースにしたストレージサービスです。

ベアメタル・インスタンスや仮想マシン・インスタンスのブロックデバイスとして利用できるボリュームの作成および管理機能を提供します。

また、ブート・ボリューム(Oracle提供のイメージまたはカスタム・イメージからベアメタル・インスタンスや仮想マシン・インスタンスを起動すると作成される、OSそのものが保存されるボリューム)も本サービスから提供されます。
例えば「現行環境でWindows OSを使用しており、現行環境のドライブレターの構成をOracle Cloudでも再現したい」というご要望をいただく機会がありますが、その場合にはDドライブ用のブロック・ボリューム、Eドライブ用のブロック・ボリュームというようにボリュームを追加し、ご利用いただきます。


ファイル・ストレージ・サービス

NFSv3 対応の共有ストレージ・ボリュームを提供するサービスです。

複数のインスタンスから利用可能な共有ボリュームの作成および管理機能を提供します。
ブロック・ボリューム・サービスは、複数のインスタンスから同時にアタッチはできませんが、共有のストレージ・ボリュームを利用したいという場合にご利用いただきます。


オブジェクト・ストレージ・サービス

データ容量無制限、そして高い信頼性を提供するストレージサービスです。

データを「オブジェクト」として管理するため、画像や動画などのメディアコンテンツ、バックアップなどの非構造化データの格納に最適です。

また、格納された「オブジェクト」は常に内部監視され、冗長性・耐久性を保証します。
最も多い事例は、Oracle Databaseのバックアップ格納先として使用することです。

Oracle Cloud上のOracle Databaseはもちろん、オンプレミスのOracle Databaseのバックアップを格納することも可能です。
また、オンプレミスからOracle Cloudにデータを移行する際のダンプファイルの転送にも使用するケースがあります。
オブジェクト・ストレージには次の2つのタイプがあります。


標準・オブジェクト・ストレージ

頻繁なアクセスが必要なオブジェクト向けのストレージです。


アーカイブ・ストレージ

アクセスが少なく、長期間保存するオブジェクト向けストレージです。

標準・オブジェクト・ストレージよりも、低価格(おおよそ1/10)で利用することができます。
注意点として、アーカイブ・ストレージに配置したオブジェクトを参照する場合には、一旦標準・オブジェクト・ストレージにリストアする必要があります。

※直接、アーカイブ・ストレージからオブジェクトを参照することはできません。


まとめ

今回は、Oracle Cloudが提供するストレージサービスについて紹介しました。
ストレージは、今やサーバーやネットワークと同じくITインフラストラクチャになくてはならない要素であり、容量や性能が急速に進化しています。
Oracle Cloudのストレージサービスも進化に合わせて機能拡張などが実施されていますので、以下マニュアルもあわせてご参照いただき、ぜひ実際に体感いただければ幸いです。

ブロック・ボリューム
https://docs.oracle.com/cd/E97706_01/Content/Block/Concepts/overview.htm

オブジェクト・ストレージ
https://docs.oracle.com/cd/E97706_01/Content/Object/Concepts/objectstorageoverview.htm

アーカイブ・ストレージ
https://docs.oracle.com/cd/E97706_01/Content/Archive/Concepts/archivestorageoverview.htm

ファイル・ストレージ
https://docs.oracle.com/cd/E97706_01/Content/File/Concepts/filestorageoverview.htm



執筆者情報

いちじょうだいさく プロフィール画像

2018年アシスト入社後、Oracle Databaseフィールド業務に従事。
2019年からはOracle Cloudのフィールド業務とサポート業務を兼務中。

保有資格
・Oracle Cloud Infrastructure 2019 Certified Architect Associate


■本記事の内容について
 本記事に示した定義及び条件は変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

■商標に関して
 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。


Oracle Databaseライセンスのご相談ならアシスト

関連している記事

  • Oracle Database
  • Oracle Cloud
  • PostgreSQL
  • AWS
  • Exadata
2022.05.24

入社2年目がレポート!Cloud Database Days 2022技術セッションの見どころ

2022年5月26日~6月3日に開催される「Cloud Database Days 2022」。その中でも10個に分かれた技術セッションについて、ポイントを押さえてそれぞれご紹介いたします!

  • その他
2022.05.24

【Cloud Database Days 2022】視聴ガイド

2022年5月26日~6月3日に開催される「Cloud Database Days 2022」。動画はどのように視聴するのか簡単にご説明します。

  • Oracle Cloud
2022.04.14

【Oracle Cloud】opcユーザー以外のssh接続を許可する方法

Oracle Cloud上にComputeインスタンスやDBシステムを構築すると、システム管理者ユーザーであるopcユーザーが作成されますが、お客様の中にはopcユーザー以外からSSH接続を必要とするケースもあるかと思います。今回は、opcユーザー以外のユーザーからSSH接続を行う方法をご紹介します。

ページの先頭へ戻る