Database Support Blog

Database Support Blog>約100人のアシスト技術者が集結!Oracle Cloud 集中講座を開催しました

  • Oracle Cloud
  • その他
2020.03.17

約100人のアシスト技術者が集結!Oracle Cloud 集中講座を開催しました

2020年2月10日 日本オラクル協力のもと、「アシスト向けOracle Cloud Deep Dive Days Lite」を開催しました。東京を拠点に大阪・名古屋・北海道にも繋がれ、アシストの技術者約100人が大集合!

アシスト内でのOracle Cloudへの関心の高さを感じる1日でした。


アシストのOracle Cloud利活用


アシストは、Oracle Cloud案件を通してお客様の様々な課題を解決するだけではなく、社内システムでもOracle Cloudを多数採用し、多くの社員がOracle Cloudを利用しています。

そのため、Oracle製品に精通したデータベース部門だけではなく、情報活用や運用・監視部門等からのOracle Cloudの利用相談は後を絶たず、全社として興味・関心が高い状態でした。

そこで、部署の垣根を越えて「1日でOracle Cloud Infrastructure(OCI)のエンジニアになろう!」の掛け声のもと、日本オラクルの協力で集中講座の開催に至りました。


集中講座の概要

講座は以下の概要で行いました。

・時間:9:30~17:30
・参加人数:約100人
・形態:座学+ハンズオン
・内容:Oracle Cloud Deep Dive Daysの内容を凝縮したもの
・+α:研修後に一部社員向けのOCI Certified Architect Associate資格試験対策

※日本オラクルがパートナー向けに3日間で開催しているOCIセミナー

講座中の様子

まず、アシスト最大の研修部屋パンパンに社員が集まっている(入りきらなかった社員用にサテライト会場も用意されました。)光景が印象的でした。

ハンズオン時は参加者が一斉にスクリーンとPC画面を交互に見る姿がみられ、会場全体が波を打つようでした。



OCIでのインスタンス作成から、ブロック・ボリューム、ネットワーク、ロードバランサーなど…網羅的かつハイペースに講義は進み、聞き漏れがないよう集中した空気が終始張りつめていました。

休憩時間は様々な部署の社員が、講師と積極的に会話をする姿もみられ、それぞれ思い思いの知識習得ができたことと思います。


まだまだOracle Cloud活用!

今回、日本オラクルの協力により、たった1日でOracle Cloud Infrastructureの基礎知識を100人近くの技術者に提供することができました。
まず「ある程度は自分でもできる」イメージを持てたことで、各エンジニアがそれぞれの目的でOracle Cloudを利活用し、社内ナレッジの蓄積・新しい発想の創出など様々な展望が期待できます。

部署の垣根を越えて、「まずはOracle Cloudを自分で使い倒してみる」ことで、お客様へのより良いサービス提供を実現していきたいです。


執筆者情報

おさないまき プロフィール画像

2013年入社。データベース部隊に配属後、DBシステムの構築や、新機能のハンズオンセミナーの立ち上げ、講師などを経験。「分かりやすく楽しく伝える」を目標に、Oracle Databaseの新機能や魅力を広める活動を行っている。プライベートでは、活発すぎる我が子の対応に疲弊中。


データベースのサポートならアシスト

関連している記事

  • Oracle Database
  • Oracle Cloud
2019.12.20

【Oracle Database Cloud】"超"現実的に考える!Oracle CloudへのDB移行ガイド

Oracle Cloudへの移行を検討する上で気をつけるべきポイントをまとめました。

ページの先頭へ戻る