Database Support Blog

Database Support Blog>Oracle Cloudの稼働状況を楽々確認!ocistatus活用方法のすすめ

  • Oracle Cloud
2020.05.22

Oracle Cloudの稼働状況を楽々確認!ocistatus活用方法のすすめ

Oracle Cloud のサービスの稼働状況は、管理コンソールより確認すること可能です。ただ、ユーザーによってはOracle Cloud上で稼働しているサービスは利用できるけど、管理用コンソールの利用権限は持っていない!という場合もあります。

もし、サービスに接続できなくなった場合、管理者へ連絡して「障害発生していないですか?」と確認するだけで時間がかかってしまいますよね?そんな時は、Oracle Cloudのサービスの稼働状況を確認できるWebサイト「ocistatus」が便利です。

今回は「ocistatus」を利用した稼働状況の確認方法と情報をメール通知の設定方法をご紹介します。


ocistatusで稼働状況確認

Oracle Cloudのサービスの稼働状況を確認するためには、以下のURLへアクセスします。
URL:https://ocistatus.oraclecloud.com/

■現在の状態の確認方法

サービスごと・リージョンごとに稼働状態が確認できます。

稼働状況は、以下の色と記号で表示されます。

OCISTATUS

緑色 と✓:通常のパフォーマンス


黄色 と-:パフォーマンスの低下


橙色 と!:部分的な停止


赤色 と?:大規模な停止


現在の状態だけでなく、過去に発生した問題を確認することも可能です。


■過去の状態を確認する方法

(1)ページを最下部までスクロールし、「Incident History」を選択します。


(2)過去に発生した事象の一覧が表示されます。
  より詳細を確認したい場合は対象の事象のタイトルを選択します。


(3)過去に発生した事象の詳細情報が表示されます。


メール通知設定

何か事象が発生した場合、通知したいサービスを選択してメール通知することが可能です。
通知対象のサービスは、いつでも変更可能です。

初回メール通知設定方法

1.osistatusへアクセスし「SUBSCRIBE TO UPDATE」を選択します。


2.通知方法の選択し、必要事項を入力し「Subscribe」を選択します。
※ここでは、メール通知を選択した場合をお伝えします。

3.通知したいサービスにチェックを入れます。
通知は、対象のサービス(ComputeやDatabaseなど)とサービスが稼働するリージョンを選択(チェック)します。

【選択方法補足】
 初期状態では、全て選択されている状態です。
 1つ1つサービスやリージョンを選択したい場合は「select none」を選択すると、
 選択を全て解除した状態(何も選択されていない状態)としたうえで、
 対象のサービスを選択します。
 ※全てのサービスが選択されている状態では 、以下イメージ図の“select all” の
  ボタンが”select none”に変わります。


4.ページの最下部までスクロールし、「save」を選択します。


5.画面はocistatusのトップ画面へ戻ります。設定作業時に以下のメールが配信されます。
 メール本文の” Confirm subscription ”を選択します。
 配信元:noreply@ocistatus.com
 配信先:設定した配信先
 件名:[OCI status] Confirm your subscription
 本文:


6.ocistatusのトップ画面がocistatusの画面が表示され、設定が完了した旨を示すメッセージが表示されます。

7.メールが配信されます。
 配信元:noreply@ocistatus.com
 配信先:設定した配信先
 件名:OCI Incident - <メンテナンス等の情報>
 本文:件名に示された情報の詳細


メール通知内容の変更と通知停止

1.osistatusへアクセスし、「SUBSCRIBE TO UPDATE」を選択します。


2.通知方法の選択し、登録済みの必要事項を入力し「Subscribe」を選択します。
 ※ここでは、メール通知を選択した場合をお伝えします。


3.入力したメールアドレスが表示されることを確認の上、通知したいサービスにチェックを
 再選択(チェック)します。
 配信を停止したい場合は、「 Cancel Subscription 」を選択します。
 ※停止方法は、手順6以降を参照してください。


4.ページの最下部までスクロールし、「save」を選択します。


5.ocistatusの画面が表示され、設定が更新された旨を示すメッセージが表示されます。
 ここまでで、変更は完了です。


6.手順3で配信停止を選択した場合、確認画面が表示されます。
 「UNSUBSCRIBE FROM UPDATE」を選択します。


7.画面はocistatusのトップ画面へ戻ります。設定作業時に以下のメールが配信されます。
 メールを受信した時点で、配信停止操作完了です。
 配信元:noreply@ocistatus.com
 配信先:設定した配信先
 件名:[OCI status] Subscription removed
 本文:


まとめ

クラウドを利用していて「サービスに接続できない!」といった問題が発生した場合、利用しているクラウド上のサービスの問題だけでなく、クラウド自体に問題が発生していないのか?も確認ポイントとなります。

ocistatusの情報を活用し、メンテナンスや障害の情報をいち早く察知できるようにしておくことで、問題への対応を一歩早くすることができるかもしれません。アクセスするたけで簡単に稼働状況を確認できるWebサイト”ocistatus”を、まずは一度お試しください!


執筆者情報

いとう さやね プロフィール画像

2012年アシスト入社後、Oracle Databaseフィールドエンジニアに従事。
2017年からはOracle Cloudを中心としたプリセールスおよびフィールド技術を担当。


アシスト データベース ウェビナー

関連している記事

  • Oracle Cloud
2020.05.19

デフォルト機能と侮るなかれ。OCIのモニタリング機能を活用しよう!

Oracle Cloud Infrastructureでは、コンピュート・インスタンスなどのCPUやメモリ使用率、ディスクI/O、ネットワーク転送量などモニタリング機能がデフォルトで有効です。今回は、仕組みとコンピュート・インスタンスの簡単な監視方法を紹介します。

  • Oracle Cloud
2020.04.28

dbcliコマンドを用いたバックアップ失敗時のトラブルシューティング

Oracle Cloud Infrastructure - Databaseでは独自の機能として、Recovery Managerを用いたOracle Databaseの自動バックアップ取得機能が用意されています。今回はdbcliコマンドを用いたエラー発生時の調査ノウハウをご紹介します。

  • Oracle Cloud
  • Oracle Database
2020.04.24

Autonomous DatabaseにData Pumpでデータ投入する方法【Always FreeでもOK!】

世界初の自律型データベースであるAutonomous Databaseは、パッチ適用やチューニングなどの管理タスクを自動化した革新的なサービスです。今回はデータ移行ユーティリティData Pumpを使用してAutonomous Databaseへのデータ投入手順をご紹介します。

ページの先頭へ戻る