Database Support Blog

  • EDB Postgres
  • PostgreSQL
2021.07.01

Postgres Vision 2021 に登壇しました!

EnterpriseDB社(以降、EDB社)が主催する毎年恒例のイベント「Postgres Vision」が2021年6月22日・23日にバーチャル形式で開催され、「アジアにおけるPostgresの採用と利用に関するパネルディスカッション」に日本PostgreSQLユーザ会(JPUG)理事長も務めるアシストの喜田紘介が登壇しました。


「The Future is Postgres」がテーマ

Postgres Vision 2021は、将来のビジネスへのPostgreSQLの影響や展望にスポットを当て、世界中の企業が学び、共有し、刺激を受ける場として開催されました。2日間で50以上のセッションが配信され、世界中で6,000人の申込※がありました。

※主催者発表の速報値

Postgres Vision 2021

Asia Industry Roundtable

日本時間の6月23日13時から始まった「Asia Industry Roundtable」には、日本からEDB社の澤田 雅彦氏と喜田が、インドからAshnik社のAjit Gadge氏、インドネシアからEqunix Business Solutions社のJulyanto Sutandang氏、中国からGrant Zhou氏が参加し、モデレータのEDB社 Bruce Momjian氏の進行の下、アジアにおけるPostgresの採用と利用に関する議論が展開されました。

Postgres Vision 2021

ディスカッションの中で喜田は、OSSのPostgreSQLが日本のエンタープライズ領域でも存在感を高めている理由として機能追加を挙げ、それに貢献した技術者への感謝やリスペクトを語りました。パネルディスカッションの様子はPostgres Vision 2021のアーカイブ配信 から確認できます。


登壇後インタビュー

無事にPostgres Vision 2021の登壇を終えた喜田に話を聞きました。


ーー登壇お疲れ様でした!後ろに洗濯物が映り込んでいましたが、ミスですか?

喜田:洗濯物じゃないです(笑) PostgreSQLのカンファレンスTシャツを背景にしました。

Postgres Vision 2021

飾っていたTシャツ



ーーそうだったんですね、社内では「喜田さん、洗濯物しまってー!」と一部がざわついていました(笑) そんな喜田さんは国内のイベントには数多く登壇されていますが、国際イベントは初めてでしたか?

喜田:はい、国際的なイベントは初めてです。毎年「PGCon」と呼ばれるPostgreSQLの開発者向けイベントがカナダで開催されていて日本人開発者も数名が参加していますが、アシストは開発に携わっていないので「いってらっしゃい!」と見送るばかりでした。今回はEDB社主催のPostgreSQLユーザ向けイベントで、日本の利用者増加やコミュニティ活性化がフォーカスされ、日本のコミュニティ代表として、またアジア・パシフィックジャパンでEDBのNo.1パートナーに輝いたアシストの一員として声をかけていただきました。

ーーアシストはコミュニティを支えることでPostgreSQLに貢献している印象があります。

喜田:そうですね、私の所属するJPUGでは主にドキュメントの翻訳やカンファレンス、情報発信の機会を作って普及活動をしています。私だけではなくて、ドキュメント翻訳ではアシストの田中健一朗さんが座長を務めているんですよ。

アシストとしてはPostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons)というコミュニティでも企業利用に向けた推奨設定や検証データ、事例などを発信してエンタープライズ領域での展開を支えていますし、EDBの代理店として多くのお客様に使ってもらうこともPostgres製品を取り巻くエコシステムの一部と捉えています。

ーー日本のコミュニティが活発になっている理由はなんでしょうか?

喜田:一緒に登壇したEDB社の澤田さんのような、エバンジェリストとしても活動するスターエンジニアの存在が大きいです。技術的にもスペシャリストですし、気さくで話しやすい。そんな人に憧れたメンバーも、ブログ執筆や勉強会、最近だとオンラインのアンカンファレンスでの発表など「小さな貢献」からチャレンジが可能で、コミュニティも講演をお願いするなどして応援する環境が整っています。とてもよい雰囲気です。

ーー最後に、日本のPostgreSQLユーザの皆様に向けて一言お願いいたします!

喜田:開発者に感謝しつつ、どんどんPostgreSQLを使っていただきたいです。使い倒すための発信をコミュニティでは頑張っていきたいと思っています。また、「PostgreSQL使ってるよ」や「PostgreSQLのこんなところに困ってるよ」「こういう使い方は便利でした」などの情報発信はとても嬉しいです!これからも一緒にPostgreSQLを良くしていきましょう。

関連記事はこちら


登壇者情報

きだ こうすけ プロフィール画像

ビジネスインフラ技術本部 データベース技術統括部

2009年入社。 Oracle Databaseのフィールドエンジニアを経て、EDB Postgresの技術支援、 プリセールス、新機能検証を担当。 日本PostgreSQLユーザ会の理事長としても活動し、 全国各地での勉強会やイベントを企画、講師としてデータベース技術の普及・促進に邁進中。

インタビュアー

おさないまき プロフィール画像

2013年入社。データベース部隊に配属後、DBシステムの構築や、新機能のハンズオンセミナーの立ち上げ、講師などを経験。「分かりやすく楽しく伝える」を目標に、Oracle Databaseの新機能や魅力を広める活動を行っている。プライベートでは、活発すぎる我が子の対応に疲弊中。


■商標に関して
OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

関連している記事

  • EDB Postgres
2021.07.02

PostgreSQL/EPAS13新機能:パラレルVacuumは高速に処理できるのか?

PostgreSQL管理者を悩ませる「肥大化」は可能な限り迅速にバキューム処理で対応する必要があります。PostgreSQL13では、単一テーブルに作成された複数のインデックスのバキューム並列を実行可能にする Parallel Vacuum機能が導入されました。本記事では検証結果をご紹介します。

  • EDB Postgres
2021.06.18

EDB Postgres普及のきっかけとは~EDB藤田氏対談記事:EDBとアシストの10年を振り返る~

アシストはこれまで10年にわたりEDB Postgres Platformの販売・サポートを一貫して行ってまいりました。日本でのEDBのビジネスがどのように進んできたのか、今後のビジネスはどのような展開となるのか、エンタープライズDB株式会社 代表取締役社長 藤田祐治様と対談を行いました。

  • Oracle Database
  • Oracle Cloud
  • EDB Postgres
2020.09.17

DB関連セッション視聴ガイド 【アシストテクニカルフォーラム2020】

2020年10月22日(木)に開催されるオンライン技術フォーラム、アシストテクニカルフォーラム2020の全36セッションの中から、データベースに関連するセッションをご案内します。

ページの先頭へ戻る